岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 19日

憲法便り#2564:財務省福田次官の更迭(こうてつ)は当然である!

2018年4月19日(木)(憲法千話)

憲法便り#2564:財務省福田次官の更迭(こうてつ)は当然である!

「セクハラ問題」渦中にある福田次官が「更迭」されたとの報道があった。

「更迭(こうてつ)」に「仮名(かな)」をふったのは、勉強不足の安倍首相、および麻生太郎財務大臣が、更迭を「こうそう」、仮名を「かめい」と読まないように配慮したものである。

2018年4月19日付『東京新聞』朝刊によれば、福田次官は、辞任を届け出たあとも、「音声は自分の声かどうかは判らない」と、あくまでも、事実をあいまいにしようとしている。

そして、今後も、出版社を相手に、裁判闘争を行うと言っている。

なんとも、往生際(おうじょうぎわ)が悪い。

音声は、音声鑑定をすれば、すぐにわかることだ。いまの鑑定技術は、勝れている。

自分の自宅の近くの店に、女性記者を呼び出しては、セクハラ行為を続けていたことは許せない。





[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-19 08:06 | セクハラ


<< 憲法便り#2565:「おだわら...      憲法便り#2563:福田財務次... >>