岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 10日

憲法便り#2639:冷たい雨の中、怒りに満ちた「安倍政権の即時退陣を要求する6・10国会前行動」に参加してきました!

2018年6月10日(日)(憲法千話)

憲法便り#2639:冷たい雨の中、怒りに満ちた「安倍政権の即時退陣を要求する6.10国会前行動」に参加してきました!

今日、午後2時から開催された国会前集会の正式名称は、

「9条改憲NO!政治の腐敗と人権侵害を許さない!安倍政権の即時退陣を要求する6.10国会前行動」2018.6.10 @国会正門前


参加者は、2万7千人。
冷たい雨の中、御苦労さまでした。

幟旗を見ると、神奈川、山梨、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、福島と、各地からの参加が目立ちます。

主催者、野党、各界からの挨拶。
安倍首相と、麻生太郎副総理兼財務大臣の、言いたい放題、やりたい放題、ウソで固めた政治に、強い怒りが表明されます。

2時半ごろから雨が強くなりましたが、だあれも帰ろうとしません。

3時10分ごろに、前半のスピーチが終わったところで、私は体力の限界となり、退出しました。

明日は、休刊日なので、夕刊で少し報道されるかも知れませんが、明後日の『しんぶん赤旗』が、詳しく報じることと思います。














[PR]

by kenpou-dayori | 2018-06-10 21:40 | 安倍首相への抗議・反論・批判


<< 憲法便り#2640:日大法学部...      憲法便り#2638:5月1日ー... >>