岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 12日

憲法便り#2645:人ごとではない、日常的に渡っている横断歩道での交通事故現場!

2018年6月12日(火)

憲法便り#2645:人ごとではない、日常的に渡っている横断歩道での交通事故現場!

今朝、史上初の米朝首脳会談が始まるころから、高田馬場上空を複数のヘリコプターが旋回を始めた。

ラジオが、高田馬場から500メートルほどの大久保2丁目で交通事故があったことを伝えている。

青信号で横断歩道を渡っていた人たちに、乗用車が突っ込み、6人がはねられ、そのうちの2人は重傷とのこと(後に、被害者は7人、重傷者は3人と訂正された)。

10時ごろになっても、騒音はやまない。

買い物の予定もあるので、ヘリコプターが旋回していたあたりに向かった。

私も、妻も、新宿区立中央図書館やスポーツセンターに行くときに、いつも渡る交差点に、現場検証のため黄色の規制線が貼られている。

現場の状況をカメラに収めたが、そのうちの紹介しておきたい。

乗用車は、白い ↑ の方向に走って来て、横断歩道上の通行人をはね、中央の電柱の向こう、交差点を越えたところで、歩道に乗り上げる形で、ぶつかって止まっていた。電柱の左わきに白い乗用車が写っている。

道路の前方に写っているのは、山手線、埼京線、西武新宿線の下をくぐるガードで、シャッターを切ったときに、丁度山手線が通っていた。

この道は、矢印の方向に、かなりの勾配の下り坂だ。

加害者の52歳の男性は、運転中、下を見ていたという。
(今の時点では、具体的に何をしていたのかは判らない。)

この交差点の左側には、最近、オフィースビルやタワーマンションが立ち並び、出勤する住民と、出勤してくる会社員の交通が多くなっている。
私に話しかけてきたタワーマンションにお住まいの女性は、事故の話を聞いて、涙ぐんで絶句した。
毎日、ここを何回も横断しているので、ご自分が事故に遭う可能性があったからだ。

それにしても、突然、事故に会われた方々は、本当にお気の毒だ。

一人の人間の不注意で、多くの人たちが不幸になる。

運転中のスマホや、携帯電話の使用、漫画を読むなどは、絶対に辞めて欲しい!
c0295254_18515985.jpg





[PR]

by kenpou-dayori | 2018-06-12 21:33 | 今日の話題


     憲法便り#2644:史上初の米... >>