人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2013年 09月 27日 ( 1 )


2013年 09月 27日

憲法便り#331 昭和20年9月27日「日本の民主化、憲法民主化の日歴」

今日は、昭和20年9月27日付『朝日新聞』に基づいています。

昭和20年9月27日(木)

[社説]
「安易を思う勿れ」

[日本に関係するアメリカの動向および世論]
米紙論評:封建勢力粉砕、対日管理政策の眼目【ニューヨーク二十五日発SF=同盟】


[日本国内]

〔連合軍司令部の動き〕
最高司令官、処分を命令:軍需品、破壊ののち返還。米軍作戦用、記念品を除く。

〔経済・産業〕
戦後経済再建と財閥の動向。
大資本、解体命令に:転換策に全力、見逃せぬ国内輿論の硬化。
許される対外貿易、経済関係命令、外務省の見解。
證券市場を再開、来月一日から全国に(広島を除く)。
東京都商工経済会、進駐軍慰安バザー。

〔社会・生活事情〕
姿消す無茶な闇値、新宿に正札付き露天商組合。
冬を控え毛布、布団を戦災者達に配給。受配認定は地方長官に一任。
早くも深刻な就職風景:どっと求職者の群、八割は旧軍需工場職員。
計画は樹てたものの、心細い都の手持ち燃料。

軍旗奉焼式。

〔教育〕
体育会・学振を解散、純民間団体に切換え。
校友会として活動、生れ替る学校報国会。
理科偏重を是正、高校理科生の文科転科を認む。

〔文化・スポーツ〕
日本出版会を解散、新団体を結成。

〔進駐軍の動向〕
弘前、八戸両市へ。

[外国]
ヒットラー生存説【ロンドン二十五日発SF=同盟】


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-09-27 07:00 | 戦後日本と憲法民主化報道