人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2015年 08月 13日 ( 6 )


2015年 08月 13日

憲法便り#1153:『憲法便り』への、8月(1日ー12日)のアクセス・ベストテン

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1153:『憲法便り』への、8月(1日ー12日)のアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1097:朝日新聞社編集委員上丸洋一氏による研究無断使用、即ち盗用についての抗議文

2.憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)

3.憲法便り#1034朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(13)上から目線と開き直り(画像)

4.憲法便り#1030 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(12)態度豹変(画像あり)

5.憲法便り#1137:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(画像付)

6.憲法便り#1109:朝日新聞社内で、私の抗議文の情報がどこまで共有化されているのか、連絡を督促

7.憲法便り#897ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第十回)

8.憲法便り#854スクープ!『 9歳の米少年ローレンツ・ルイス君が、被団協に託した安倍総理への手紙』

9.憲法便り#868:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第七回)

10.行動する研究者・岩田行雄のプロフィール

by kenpou-dayori | 2015-08-13 21:18 | アクセス・ベストテン
2015年 08月 13日

憲法便り#1152:『憲法便り』2015年8月(1日ー12日)に掲載した記事一覧リスト

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1152:『憲法便り』2015年8月(1日ー12日)に掲載した記事一覧リスト

憲法便り#1147:【再録】「昭和20年8月12日 連合国回答文への外務当局の意図的誤訳」
[ 2015-08-12 21:37 ]
憲法便り#1146:【再録】「昭和20年8月12日 ラジオ放送による連合国回答文の翻訳文」
[ 2015-08-12 21:32 ]
憲法便り#1145:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月12日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-12 21:27 ]
憲法便り#1144:『憲法便り』への、8月(8月1日ー8月11日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-12 21:14 ]
憲法便り#1143:『憲法便り』2015年 08月に掲載した記事一覧リスト(8月1日ー8月11日)
[ 2015-08-12 08:31 ]
憲法便り#1142:『憲法便り』への、8月11日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-12 08:06 ]
憲法便り#1141:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月11日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-11 21:10 ]
憲法便り#1140:『憲法便り』への、8月(1日ー10日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-11 19:18 ]
憲法便り#1139:『憲法便り』2015年 08月に掲載した記事一覧リスト(8月1日ー8月10日)
[ 2015-08-11 19:10 ]
憲法便り#1138:『憲法便り』への、8月10日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-11 19:05 ]
憲法便り#1137:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(画像付)
[ 2015-08-11 18:53 ]
憲法便り#1136:【再録】昭和20年8月10日 条件付きでポツダム宣言受諾電報発送
[ 2015-08-10 20:07 ]
憲法便り#1135:【再録】憲法便り#184 昭和20年8月10日第一回御前会議で「聖断」が下るまで
[ 2015-08-10 20:00 ]
憲法便り#1134:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月10日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-10 19:50 ]
憲法便り#1133:『憲法便り』への、8月1日ー8月9日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-10 19:28 ]
憲法便り#1132:『憲法便り』2015年 08月に掲載した記事一覧リスト(8月1日ー8月9日) (44件 )
[ 2015-08-10 19:21 ]
憲法便り#1131:『憲法便り』への、8月9日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-10 19:03 ]
憲法便り#1130:長崎の「一本足鳥居」と、靖国神社の「第二鳥居」について
[ 2015-08-09 20:20 ]
憲法便り#1129: 昭和20年8月9日私の家族も小名浜で米軍の爆撃を受けました
[ 2015-08-09 14:38 ]
憲法便り#1128: 田上富久長崎市長の平和宣言(2015年8月9日)
[ 2015-08-09 14:28 ]
憲法便り#1127:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月9日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-09 14:05 ]
憲法便り#1126:『憲法便り』2015年 07月の掲載記事 一覧リスト( 52 )
[ 2015-08-09 09:34 ]
憲法便り#1125:『憲法便り』への、7月(7月1日ー7月31日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-09 09:27 ]
憲法便り#1124:『憲法便り』2015年 06月の掲載記事一覧リスト ( 102 )
[ 2015-08-09 09:13 ]
憲法便り#1123:『憲法便り』への、6月(6月1日ー6月30日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-09 09:07 ]
憲法便り#1122:新連載『憲法便り』への、8月(8月1日ー8月8日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-09 08:48 ]
憲法便り#1121:『憲法便り』への、8月8日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-09 08:40 ]
憲法便り#1120 ソ連の対日宣戦布告:「宣戦布告文」及びその会談の状況
[ 2015-08-08 14:30 ]
憲法便り#1119:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月8日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-08 14:18 ]
憲法便り#1118 新連載:『憲法便り』に、8月1日ー8月7日に掲載した記事一覧リスト
[ 2015-08-08 09:53 ]
憲法便り#1117:新連載『憲法便り』への、8月(8月1日ー8月7日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-08 09:32 ]
憲法便り#1116:『憲法便り』への、8月7日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-08 07:59 ]
憲法便り#1115:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月7日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-07 16:20 ]
憲法便り#1114:新連載『憲法便り』への、8月(8月1日ー8月6日)のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-07 10:11 ]
憲法便り#1113 新連載:『憲法便り』に、8月1日ー8月6日に掲載した記事一覧リスト
[ 2015-08-07 09:42 ]
憲法便り#1112:『憲法便り』への、8月6日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-07 09:30 ]
憲法便り#1111:安倍首相の、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ」
[ 2015-08-06 20:55 ]
憲法便り#1110:戦後70年談話に向けての「有識者懇談会報告書」
[ 2015-08-06 20:35 ]
憲法便り#1109:朝日新聞社内で、私の抗議文の情報がどこまで共有化されているのか、連絡を督促
[ 2015-08-06 16:38 ]
憲法便り#1108:こども代表による『平成27年度 「平和への誓い」』
[ 2015-08-06 16:16 ]
憲法便り#1107:広島市長による『広島平和宣言』全文
[ 2015-08-06 16:15 ]
憲法便り#1106:哲学者フィヒテの言葉を利用した「愛国心」教育に異議あり!
[ 2015-08-06 15:32 ]
憲法便り#1105「一億、敵の矢面に」と戦争を煽り続けた新聞報道:昭和20年7月29日付『朝日新聞』
[ 2015-08-06 15:07 ]
憲法便り#1104:【再録】#636 太平洋戦争開戦直後から始まっていた「終戦」を模索する動き
[ 2015-08-06 14:11 ]
憲法便り#1103:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月6日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-06 11:40 ]
憲法便り#1102:『憲法便り』への、8月5日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-06 08:15 ]
憲法便り#1101戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月5日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-05 23:33 ]
憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)
[ 2015-08-05 23:15 ]
憲法便り#1099:『憲法便り』への、8月4日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-05 09:08 ]
憲法便り#1098朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)
[ 2015-08-04 22:44 ]
憲法便り#1097:朝日新聞社編集委員上丸洋一氏による研究無断使用、即ち盗用についての抗議文
[ 2015-08-04 20:37 ]
憲法便り#1096:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月4日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-04 19:48 ]
憲法便り#1095:『憲法便り』への、8月3日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-04 09:37 ]
憲法便り#1094:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月3日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-03 12:14 ]
憲法便り#1093:『憲法便り』へのアクセス、8月2日のベストテン
[ 2015-08-03 09:35 ]
憲法便り#1092 「わたしの『やめて』」:「自由と平和のための京大有志の会」の声明書
[ 2015-08-02 13:17 ]
憲法便り#1091 川内(せんだい)原発現地の活動を応援!仙台原発へ行く基金を呼びかけます!
[ 2015-08-02 11:26 ]
憲法便り#1090戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月2日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-02 11:15 ]
憲法便り#1089: 『憲法便り』への、8月1日のアクセスベストテン
[ 2015-08-02 06:50 ]
憲法便り#1088:7月31日の『憲法便り』へのアクセス・ベストテン
[ 2015-08-01 16:58 ]
憲法便り#1087 憲法フォークジャンボリー in 東京 2015 Vol.9 で「講談」を、無事演じ終えました。
[ 2015-08-01 16:29 ]
憲法便り#1087 戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月1日付『朝日新聞』の場合
[ 2015-08-01 11:52 ]

by kenpou-dayori | 2015-08-13 21:09 | 憲法便り掲載記事一覧
2015年 08月 13日

憲法便り#1151:『憲法便り』への、8月12日のアクセス・ベストテン

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1151:『憲法便り』への、8月12日のアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1097:朝日新聞社編集委員上丸洋一氏による研究無断使用、即ち盗用についての抗議文

2.憲法便り#1137:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(画像付)

3.行動する研究者・岩田行雄のプロフィール

4.憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)

5.憲法便り#1034朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(13)上から目線と開き直り(画像)

6.憲法便り#883「女の平和6・20国会ヒューマンチェーン」現地ルポ①国立国会図書館前で(画像3点付)

7.憲法便り#1030 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(12)態度豹変(画像あり)

8.憲法便り#1032「暴力は弱者の武器であり、非暴力は強者の武器である」(ガンディー)(原語画像)

9.憲法便り#897ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第十回)

10.憲法便り#195 昭和20年8月13日東京に投下された連合国のビラ

by kenpou-dayori | 2015-08-13 21:00 | 太平洋戦争日歴
2015年 08月 13日

憲法便り#1150:【再録】昭和20年8月13日東京に投下された連合国のビラ

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1150:【再録】昭和20年8月13日東京に投下された連合国のビラ

*********************************************
以下は、【再録】です。

2013年 08月 13日
憲法便り#195 昭和20年8月13日東京に投下された連合国のビラ

米軍機が八月十三日に投下した日本語のビラ「日本政府の申入れ及び連合国側からの日本政府宛回答全文」とその決定的な影響について

(表)
日本の皆様
私共は本日皆様に爆彈を投下するために來たのではありません。お國の政府が申込んだ降伏條件をアメリカ、イギリス、支那並にソビエット連邦を代表してアメリカ政府が送りました回答を皆様にお知らせするために、このビラを投下します。戰爭を直ちにやめるか否かはかかつてお國の政府にあります。皆様は次の二通の公式通告をお讀みになればどうすれば戰爭をやめる事が出來るかがお判りになります。

八月九日 日本政府より聯合國への通告 英文よりの翻譯

世界平和の大義増進を常に憂慮し給ひまた世界平和の大義實現を衷心より念ぜられ、戰爭の繼續により受くる災難より人類を救濟さるべく戰爭の早期終局を衷心より願望せらるゝ陛下の御諚を畏みて日本政府は數週間前當時中立關係にありし、ソ連政府に対し諸敵國との平和克復の斡旋方を依賴せり。
不幸にして、平和のための右努力は失敗したるを以て日本政府は平和を回復し莫大なる戰爭の災害を出來るだけ早く終結せしめよとの聖上の御希望に副ふべく以下の決定をなせり。
日本政府は一九四五年七月二十六日ポツダムにて米國英國支那及び後に記名加入したるソ連邦の諸政府首腦によつて共同宣言されたる諸條件を受諾の用意あり。但し同宣言は君主統治者としての陛下の大權を損ずるが如き如何なる要求も包含せざ

(裏)
るものとの諒解の下に申し込むものなり。日本政府は右の諒解が妥當なる事を衷心より希望するものであり、且つその妥當なる事を認める返事が確實迅速になされん事を切望するものである。
アメリカ合衆國、大英帝國、ソビエット連邦及び中華民國を代表して、米國國務長官より日本政府へ伝達したメッセーヂの全文(八月十一日)「ポツダム宣言が君主としての日本皇帝の統治權を侵害する如何なる要求をも包含しない」と言ふ諒解を挿入して該ポツダム宣言の條件を受理するといふ日本政府の通告に答へ、我々は次の如くその立場を闡明するものである。
降伏と同時に日本皇帝及び日本政府の統治權は降伏條件實施に適當と思惟する措置を採る所の連合軍最高司令官の下におかれるのである。我々は日本皇帝にポツダム宣言を實施するに必要な降伏條件について日本政府及び日本の大本營による署名に權威を與え、且つこれを保證する事を要求し、日本皇帝は日本の陸海空軍當局を始めその支配下のあらゆる地域に所在する總ての軍隊にむかひ軍事行動を停止すべく命令を發し、その外最高司令官が降伏條件を實施するに要するすべての他の命令を布告するように要請されるのである。降伏と同時に日本政府は指定された如く捕虜及び非戦闘員収容者を速かに連合國運送船に乗船させ得る安全なる場所に移送する事を要する。
ポツダム宣言の條項に則り究極に於ける日本政府の政體が自由に表明された日本國民の意志に副って定めらるべきである。
連合國の軍隊はポツダム宣言に於て規定された目的が達成される迄日本に駐屯するのである

これは、長い文章ではありません。
しかしながら、これまで見て来た八月十一日付の連合国回答、さらには、B29によるビラ投下、それも東京にまでまかれ、国民にひた隠しにしていたことが暴露されるという事態を受けて、万策尽きた日本政府は、唯一残された方策として、八月十四日に第二回御前会議を開くこととなります。

by kenpou-dayori | 2015-08-13 20:51 | 太平洋戦争日歴
2015年 08月 13日

憲法便り#1149:【再録】昭和20年8月13日 六巨頭会議、降伏問題大論争

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1149:【再録】昭和20年8月13日 六巨頭会議、降伏問題大論争

*********************************************
以下は、【再録】です。

2013年 08月 13日
憲法便り#194 昭和20年8月13日 六巨頭会議、降伏問題大論争


外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」には、昭和20年8月13日(水)、「六巨頭会議、降伏問題大論争」とあります。
しかし、外務省編纂『終戦史録』の「第五十三篇 連合国回答をめぐる最高戦争指導者会議癖委員会議と閣議」(676-678頁)を見ると、従来の主張をぶつけ合う繰り返しにすぎません。
以下に、その様子を紹介します。

「連合国回答文を伝える加瀬公使からの公電は、十三日朝、七時四十分接到したこととして、各関係方面に提出された。一方、これより先、阿南陸相は午前七時十分木戸内府を訪ね、第四項は認め難いと申し入れた。内府は、外務当局の解釈で差支えなしと思う旨、…………陛下の今回の御決心は深き御考慮の上なされたものと拝察せられる旨答えた。
 九時近く鈴木首相、東郷外相、米内海相、阿南陸相、梅津参謀総長、豊田軍令部総長の六巨頭会議が開かれ、公電による連合国回答文を中心として協議に入った。十二日に、本件は枢密院に附議する要があると、陸軍側から内閣に申出ていたので、この会議にはとくに村瀬法制局長官も出席せしめられた。同長官は法律上の見解を詳しく説明し、これにて差支えなしと思考する旨を述べたが、阿南陸相は、某博士は、これでは國體危うしといっているがと反問していた。…………阿南陸相は平素より文学博士平泉澄氏を信頼していたという。
 間もなく、十時近く、宮中よる両総長にお召しがあった。会議は十時半まで中断された。天皇は、両総長に、連合国から正式回答があって外交交渉に入っている間は、作戦を手控えたがよかろうとの御示唆を含む御下問があった。これに対し梅津総長は、主導的な作戦は差し控えておりますと奉答した(注1)。…………世上、発表された多くの記録は両総長が帷幄上奏(いあくじょうそう)して、反対論を強く申し上げたと記しているが、それは十二日朝のことであって、このときの両総長参内は、右に述べた如きことである。
 再開された会議は、外相、首相、海相対陸相、陸海両総長の間に受諾説と再照会説とが激しく闘わされるのみであった本会議は、一応三時頃に中止された。この間、東郷外相は二時に参内し、先方回答の到着に付上奏し、なお十二日以来の審議の模様を申し上げた。陛下は、外相の主張通りでよい、総理にもその旨を伝えよと仰せられた。
 四時近くに、閣議が開かれた。この会議において、鈴木首相は、極めて強く、各閣僚の意見を確めた。阿南陸相、安倍内相、松阪法相は十二日の持論を持ち越して再照会説を主張し、連合国が明確な回答を与えざれば決戦已むなしというにあった。態度の多少不明な閣僚も一名あったが、十二名の閣僚が、東郷外相の即時受諾説を支持した。首相は最後に所信を述べた。…………私は最初、先方の回答文は、不充分と思い背水の陣を覚悟したが、再三再四読むうちに、米国は悪意を以て書いたものでないと思ってきた。…………大御心は、この際和平停戦せよというにある。私はこれに従いたい。従って、私はこの意味に於て、本日の閣議のありのままを申し上げ、重ねて聖断を仰ぎたいと思う。…………というのであった。かくて、七時閣議は散会した。」(以下、略)

(注1)「日歴」にもあるように、この日も米機動部隊は関東に来襲している。

by kenpou-dayori | 2015-08-13 20:28 | 太平洋戦争日歴
2015年 08月 13日

憲法便り#1148:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月13日付『朝日新聞』の場合

2015年8月13日(木)(憲法千話)

憲法便り#1148:戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月13日付『朝日新聞』の場合

はじめに、外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」を再録し、
そのあとで、昭和20年8月13日付『朝日新聞』の紙面を掲載します。

*********************************************
以下は、【再録】です。

2013年 08月 13日
憲法便り#193 昭和20年8月13日 米機動部隊関東来襲

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年8月13日(月)

[日本]
六巨頭会議、降伏問題大論争。
B29日本の降伏交渉文の傳單(ビラ:岩田注)を散布し始む。(注1)
陸相、官邸でクーデタ―計画協議。(注2)
米機動部隊関東来襲。

[外国]
世界ザイオニスト(Zaionist,シオニスト:岩田注)大会パレスタインの独立等要求。
中共放送、国民政府(国民党政府のこと:岩田注)を痛烈批判。

(注1)憲法便り#194で全文紹介します。当時は、米軍機がまいたビラは必ず届け出るよう指示されており、これに違反して所持していた場合には、スパイ扱いをされた。
(注2)これは、協議ではなく「謀議」である。

*********************************************

昭和20年8月13日付『朝日新聞』の一面と二面(当時は、2ページ建ての朝刊のみ)
c0295254_2083141.jpg


「聖慮を安んじ奉る」「途は一つ、一億の団結」「敵の非道に燃やせ悲憤」
「鉄路と競う強靭さ 戦う輸送少年兵の生活」
c0295254_2092773.jpg



by kenpou-dayori | 2015-08-13 20:25 | 太平洋戦争日歴