岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 09日 ( 3 )


2018年 01月 09日

憲法便り#2301:明日から、「神社と憲法」の連載を始めます!

2018年1月9日(火)(憲法千話)

憲法便り#2301:明日から、「神社と憲法」の連載を始めます!

「憲法便り#2239:東京新聞の「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで!」で紹介した二人の宮司さんのうち、愛知県清須市清州日吉神社の宮司三輪隆裕さんからお手紙をいただいたことは、すでに『憲法便り#2244』で、紹介している。

そして、昨年暮れには、三重県伊賀市新道の神明神社から、神明神社社務所名で、質問を含む、鄭重な礼状をいただいた。

文面には、次のようにあった。
「神社の古い書類を整理しておりましたところ、五月三日を憲法記念日としてお祭りをしていました(いつ亡くなったかは不明)、たぶん、神社本庁が憲法記念日用の祝詞(しゅくし)を全国の神社に送っているはずです。当神社にそのは祝詞は保存されていません。何かの機会があれば調べていただければ、幸いです。」

手紙を受け取った時点では、国立国会図書館はすでに年末年始の休業期間に入っていたので、取りあえず、インターネットで確認出来たことを、FAXでお知らせした。

私は質問を受けるとすぐに答えることにしている。何かの機会などと考えていると、いつになるか分からないからである。
だから、年明けを待って、1月6日(土)と、今日、1月9日に、国立国会図書館の新聞資料室、および憲政資料室で調査を行った。

私の著書『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の中で、すでにふれていたこともあったが、当時の神社本庁は、現在と違って、仏教やキリスト教を始め、他の宗派とともに、日本国憲法を普及する活動に参加していたことも分かった。

神社本庁のみならず、私が調査した身近な神社の話題も含めて、何回かにわたって、「神社と日本国憲法」と題して、原資料に基づいて、連載記事を書くことにします。




[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-09 20:58 | 神社と憲法
2018年 01月 09日

憲法便り#2299:道をはずれた男、その名は、アベ・シンゾー!

2018年1月9日(火)(憲法千話)

憲法便り#2299:道をはずれた男、その名は、アベ・シンゾー!」

このタイトルは、映画『米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー』のもじりである。
瀬長亀次郎さん、ご免なさい!

でも、本当に、アベ・シンゾーが道をはずれていた話である!

昨年、12月に赤坂の迎賓館を見学する機会があった。

その際、下記の禁止事項、注意事項等があった。

ところが、和風別館の中に、アベ・シンゾーが、玉砂利が敷き詰められている小道から外れて、立ち入りが厳しく請願されている芝生の上を歩いている写真があった。
案内役の女性に、「私たちは、厳しく禁じられたので、足がもつれるような思いで歩いてきたのに、安倍首相が芝生を歩いているじゃないですか」と指摘すると、彼女は「これは、いけませんね」と答えた。正直な人である。(私たちは、事前に30分間も、寒いところで、迎賓館についての説明を聞いていたので、本当に足がもつれそうになりながら、玉砂利をしいた小道を、一列に並んで歩いてきたのである)

ところが、和風別館の玄関内にいたガードマンが、案内役でもないのに、しゃしゃり出てきて、「これは、トランプ大統領とのツーショット写真のための、サービスです」と口をはさんだ。
私は、ひとこと「余計なお世話だ」と言った。
だが、あとは、見学会の雰囲気を悪くするといけないので、それ以上は言わなかった。

インターネットで調べてみると、AFP通信による、19枚の組み写真と、動画が配信されていた。
アベ・シンゾーは、マスコミへのサービスなどではなく、明らかに、トランプ大統領と、肩を並べて歩いているところを誇示したかったことが良く分かる。
自分のことしか考えない、本当に嫌なヤツだ!

国民を踏みつけて平気な顔をしているアベ・シンゾーにとって、
芝生を踏みつけることなど、屁でもないのだ!

ブログに写真を使用したいと思い、AFP通信東京支局に問い合わせたところ、「個人との取り引きはしていませんし、東京には取り引きについて応えられる者はおりません。写真は使わないで下さい。」とのこと。

「迎賓館トランプ」で検索すると、
動画は、「トランプ大統領、迎賓館でコイに餌やり」
組み写真は、「トランプ大統領、迎賓館でコイに餌やり写真19枚国際ニュース」AFPBBNEWSで見られます。

ところで、和風迎賓館にまつわる話を別の機会の書くことにしたいと思っている。
それは、気の毒な「コイたち」の話、新潟県出身の首相のはなし、群馬県出身の背の高い首相に関する話である。(「新潟県出身の首相」、「群馬県出身の背の高い首相」は、案内役の女性の言葉である)

館内での禁止事項、注意事項等

禁止事項等

迎賓館赤坂離宮は敷地内の建物・構造物すべてが国宝(平成21年12月8日指定)であることから、次の1から3について禁止します。また、これを確認した場合等について、4のとおりです。

1 写真撮影について

  • (1)業務用大型カメラ、一脚・三脚・脚立等の機材を持ち込み、使用し、又は業として写真・映画を撮影すること
  • (2)自己撮影用器具(自撮棒又は自撮棒に類似する器具)等の撮影補助機材の持ち込み
  • (3)無線操縦型小型無人機(ドローン等)を持ち込み、飛行させ、撮影を行う

2 入場について

酒気帯び、泥酔、薬物等により意識障害が起きていると推認される者、動物(身体障害者補助犬を除く。)を同伴する者、危険物を携行する者、旗ざお、スーツケース等の大きな荷物等で通行を妨げ、又は他に危害、迷惑等を及ぼす虞のある物品を携行する者、その他迎賓館赤坂離宮の一般公開に支障があると認められる者

3 各種行為について

  • (1)館内で携帯電話、スマートフォン、カメラ、タブレット、ペットボトル、傘(日傘を含む。)等を露出させて携行すること
  • (2)館内で携帯電話、スマートフォン、タブレット等を用いて音声発信・受信通話すること
  • (3)館内に食糧等を持ち込むこと
  • (4)当館が指定した場所以外で飲食(飲料、ガム・飴等含む。)、酒、喫煙をすること
  • (5)館内の装飾品、調度品、壁面等に触れ、いたずら書きをし、又は持ち去ること
  • (6)館内で走ったり飛び跳ね、館内交通に支障を生じさせること
  • (7)池や噴水に硬貨等を投げ入れること
  • (8)動植物や魚を捕獲・採取し、又は殺傷・損傷すること
  • (9)敷地内の館所有物品等を破損・移動させ、又は土石の類を採取すること
  • (10)敷地内で飲酒・喫煙すること及びライター等による着火・引火行為等をすること
  • (11)敷地内で不規則かつ不用意な発言、奇声を発し、又は騒音を発生させること
  • (12)敷地内でごみの廃棄、私物の置き去りをすること
  • (13)敷地内でスケッチ、拡声器使用、プラカード・横断幕等の掲示等を行うこと
  • (14)敷地内で貼り紙・ビラ類の配布,集会又は示威行為をすること
  • (15)敷地内への自転車等での乗り入れ又は運動競技を行うこと
  • (16)仮装や奇抜な服装、迎賓館赤坂離宮の品位を貶める風紀を乱す服装などで入場すること
  • (17)子どもを同伴している場合、放置・放任すること
  • (18)許可業者以外の敷地内での物の販売・頒布、募金又は業として興行を行うこと
  • (19)係員・警衛官等の整理誘導・制止に従わず、場内(迎賓館全域)の通行の安全を妨げ、または立入を禁じた場所に立ち入ること
  • (20)その他迎賓館赤坂離宮内の秩序又は風紀を乱し、一般公開に支障があると認められる行為をすること

4 禁止行為の確認とその場合の措置

1から3の各号に該当する行為を行っている参観者を確認した場合、あるいは、入場後に係員・警衛官の注意や指示に対して拒否又は不同意の意思表示をした場合は直ちに退場させることとし、その場合、入場料の払い戻しは行わない。

注意事項

次の注意事項について、「○印」がある施設ではその注意事項が適用されます。注意事項を守らない場合や係員の指示に従わない場合等は、入館許可を取り消し、退館していただく場合があります。(「―印」はその注意事項の対象外の施設です。)

注意事項前庭本館・主庭別館
警備上の理由により、入場時に金属探知機による検査と手荷物検査を実施します。
駐車場及び駐輪場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
周辺道路へのバス等の駐停車もご遠慮ください。
来場者多数の場合や館内で事件や事故が発生した場合などは、混乱防止のため入場制限を実施することがあります。
小さなお子様をお連れの方は、お子様から目を離さず、常に一緒に行動いただきますよう、お願いいたします。
建物内の見学はできません。
建物内の写真撮影はできません。(外観はできます。)
施設の構造上、車椅子・歩行器(シルバーカー)での入館はできません。

免責事項

参観者が敷地内の建物、構造物、植栽等により転倒等をして傷害を負った場合の責任は参観者自身に帰するものとし、当館は一切の責任を負いません。

その他

  • 国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により、公開が中止となる場合があります。その場合には、このホームページ等で速やかにお知らせいたします。
  • 前庭は石畳が、また、主庭は玉砂利が敷きつめられております。歩きやすい靴でご来場ください。
  • 申し込みにあたり取得した個人情報は、参観許可証の作成等、本公開以外の目的には使用しません。










[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-09 11:15 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 09日

憲法便り#2298:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地No!⑨】米軍ヘリ、またまた不時着! 住民が口々に「米軍機に恐怖を感じる」「北朝鮮よりも脅威!」と語る!

2018年1月9日(火)(憲法千話)

憲法便り#2298:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地No!⑨】米軍ヘリ、またまた不時着! 住民が口々に「米軍機に恐怖を感じる」「北朝鮮よりも脅威!」と語る!

朝3時に配達された朝刊を見て、思わず目を疑った。

今日、2018年1月9日付『東京新聞』朝刊一面トップ記事、
「沖縄米軍ヘリ また不時着」「読谷村(よみたんそん) ホテルまで250メートル」の見出し。

許せない!

以下は、2018年1月9日付『東京新聞』朝刊1面および23面をそのまま引用しました。
ところで、私が住んでいる100所帯ほどの集合住宅で、『東京新聞』を購読してるのは、朝夕刊は我が家のみ、あと一軒が朝刊だけ。
評判が良い新聞の読者がもっと増えて欲しいと思います。
皆さんも、どうですか?
ちなみに、『朝日新聞』購読者は、8軒ほど。
c0295254_07510688.jpg

c0295254_07493774.jpg
c0295254_07475468.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-09 07:52 | 沖縄