岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 29日 ( 4 )


2018年 01月 29日

憲法便り#2397:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノー No.22】15歳 カメジローに学び、辺野古新基地ノーの行動を続ける!

2018年1月29日(月)(憲法千話)

憲法便り#2397:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノー No.22】15歳 カメジローに学び、辺野古新基地ノーの行動を続ける!(改訂版)

15歳は、もう子どもではない!
自分の意見を表明し、行動出来る大人である。

妄言、暴言を繰り返す、国会議員たちよ、彼女に学べ!

以下は、2018年1月16日付『しんぶん赤旗』日刊紙14面を引用。
c0295254_22004256.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-29 22:16 | 沖縄
2018年 01月 29日

憲法便り#2396:【名著紹介】新世紀に戦争を語り継ぐ会 児玉辰春・熊川 賢『三世代が いま語る 私の戦争 ― 新世紀に語り継ぐ戦争 第三集』(2009)!

2018年1月29日(月)

憲法便り#2396:【名著紹介】新世紀に戦争を語り継ぐ会 児玉辰春・熊川 賢『三世代が いま語る 私の戦争 ― 新世紀に語り継ぐ戦争 第三集』(2009)!

三世代とは、明治、大正、昭和の三つの時代に生まれた人たちのこと。

いつもは、元号は使わず、西暦を使うが、こういう表現の仕方は、西暦では出来ない。

筆者は30人。大正生まれと、昭和ひとけた世代の方が多い。

私がくどくどと感想を述べるよりも、本書への敬意を表するため、編集責任者・熊川 賢さんの「あとがき」を、コピーではなく、入力して紹介したい。

あとがき
 戦後六十三年、辛くて戦争は語りたくないという人たちが多い。その中で、ようやく書く気持ちになった、いま書かなければならないという声が生まれ、この第三集を発行する運びとなった。
 終戦の時、私は勤労動員中の中学二年生、必ずこの仇を取ると誓った軍国少年であった。
 しかし、数日後には海軍関係の建物から書類焼却の煙が立ち上り、持ち切れぬほどの荷物を担いだ復員兵が町に溢れ、資材を積んだ軍用トラックがどこかへ走り去る。
 近くの空き地に飛行機の残骸が捨てられ、水上機のフロートは子供たちのカヌーになった。
 無敵と信じていた日本が負け、食べるものも、着るものもない。出征した父は帰って来ない。
 進駐したばかりの米兵の腕にぶら下がるようにして町を歩く女性が目立つ。腹が立つが、怒る元気もない。これ以上悪くはならないと思いたいが、その根拠もない。
 太平洋戦争が始まったのは僅か四年前だ。対外的には帝国主義、国内的には軍国主義が国の誇り、一億一心、戦争に突入した。その時、国民の不安や疑問の声はけし飛ばされていた。
 開戦の決断に際し、政府首脳部の誰一人として勝つ確信はなく、真珠湾攻撃などの緒戦勝利によるアメリカ国民の厭戦ムード、ドイツの対ソ、対英戦の勝利に期待したといわれる。
 日本の敗戦は、開戦と同時に決まってしまったのである。
 無責任な判断で数百万人の犠牲者を出し、多くの都市が廃墟となった。周辺諸国にも多大の被害を与え、犠牲者を出した。痛恨の極みである。
 しかし、この四年間、国民が何を食べたか、何を着たか、何を考えたか、何をしたか、何を泣いたか、どのように傷ついたか、どのように死んだか、ほとんど知られていない。
私たちは、本当のことをもっと聞き、もっと知り、もっと語らねばならない。
「戦争か、平和かと聞かれれば、だれでも平和と答えるでしょう。私もそうです」とある政治家がいった。
 そんな者に戦争を語って欲しくない。自らの無知を認めた者の言葉である。
 今ここで、明治、大正、昭和の三世代、三十人の手記を公にすることになったが、語ること、書くことは容易なことではなかった。辛いことであった。
 ここで語られた戦争、すなわち敗戦を聞いて欲しい、分かって欲しい、活かして欲しい。語る努力に対し、聞くことについてもささやかな努力をお願いしたい。
 語る者、聞く者、お互いの努力の積み重ねこそ、次の戦争を防ぐ本当の力になるということを、心から訴えたいと思う。
 執筆者各位の勇気と努力に心からのお礼を申し上げる。
 準備中に世を去られた方がある。ご冥福をお祈り申し上げる。ご家族にはお悔やみを申し上げ、ご協力に対し心からお礼を申し上げる。
 先達として、この会を導いた児玉辰春代表に感謝の気持ちを捧げたい。
  二〇〇九年四月
       編集責任者 熊川 賢
c0295254_18134562.jpg
c0295254_20102326.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-29 21:38 | 名著・名文・名言紹介
2018年 01月 29日

憲法便り#2395:ポーランドでは、ヒトラー賛美で逮捕者! 日本では、ヒトラー賛美を繰り返す麻生太郎が副総理を続けている!

2018年1月29日(月)(憲法千話)

憲法便り#2395:ポーランドでは、ヒトラー賛美で逮捕者! 日本では、ヒトラー賛美を繰り返す麻生太郎が副総理を続けている!

これは、安倍首相が任命責任を取り、辞職すべき問題だ!

麻生太郎は、副総理も、議員も、直ちに辞職すべし!

これは、「永久追放」に価する重大問題!

日本のマスコミは、なぜ追及しないのか!

以下は、2018年1月29日付『しんぶん赤旗』日刊紙第6面を引用。
c0295254_17570064.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-29 17:59 | ナチス
2018年 01月 29日

憲法便り#2394:ラグビー元日本代表 平尾 剛さんの、勇気ある「反東京五輪宣言」のブログ!

2018年1月29日(月)

憲法便り#2394:ラグビー元日本代表 平尾 剛さんの、勇気ある「反東京五輪宣言」のブログ!

2018年1月20日付『東京新聞』朝刊24面(こちら特報部)に、「五輪がスポーツをだめにする?」の見出しの記事があった。

書かれていることは、私が日常的に思っていることと一致していたので、『憲法便り』でどのように取り上げるかを、考えていた。

以下に、『東京新聞』の記事を引用するが、ブログの全文を読みたいと思っていた。

リンクすべきブログの所在が判ったので、ご興味のある方は、その全文をお読みいただきたい。(リンク先は、ここをクリック)

のちほど、記憶によるのではなく、記録(新聞記事)をもとに、若干の加筆を考えている。
c0295254_17200767.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-29 17:26 | 見逃せない真実