人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2019年 01月 06日 ( 2 )


2019年 01月 06日

憲法便り#2797:護衛艦「いずも」の空母化は、戦争準備そのものである!

2019年1月6日(日)(憲法千話)

憲法便り#2797:護衛艦「いずも」の空母化は、戦争準備そのものである!

真珠湾攻撃には、日本の6隻の空母が使われたことを読んだ記憶がある。
空母がなければ、太平洋の真ん中にある、ハワイの真珠湾攻撃は不可能であった。

安倍首相の頭の中にあるのは、アメリカの核の傘の下での、戦争への参加である。

戦争屋をこれ以上野放しにしてはならない。

*************************************
2019年1月4日(金)(憲法千話)

憲法便り#2795:『東京新聞』の連載記事「税を追う」を追跡する!

『東京新聞』が昨年から連載記事「税を追う」は好企画である。

一回あるいは、数回の連載では伝えきれない安倍政権の強引な政治、矛盾、行き詰まり、制度疲労、国民の負担を追及している。

昨年から、「税を追う」が掲載されている紙面を、切り抜かずに保存してきたので、かなりの量になる。

したがって、要点だけでもかなりの字数になるので、取りあえず、大きな見出しだけを紹介する。

これは、私自身のメモでもある。

2019年1月4月(金)朝刊一面トップ

官邸主導の「空母化」
首相「専守防衛 厳しい」
報道陣に公開された護衛艦「いずも」の甲板のカラ―写真付き

2019年1月4日(金)朝刊23面(社会)*一面からの続き

F35大量調達が発端 
自動車関税と引き換え
元海将「机上の空母化」
いずも「空母化」までの経緯(一覧表)





by kenpou-dayori | 2019-01-06 12:54 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2019年 01月 06日

憲法便り#2798:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換(加筆版)!

2019年1月6日(日)(憲法千話)

憲法便り#2798:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換(加筆版)!

2019年1月5日付『東京新聞』一面が報じるところによれば、談話は次の通り。(中沢幸彦氏執筆)

経団連の中西宏明(日立製作所会長)は、年初に際しての報道各社とのインタビューで、
今後の原発政策について「東日本大震災から八年がたとうとしているが、東日本の原発は再稼働していない。

国民が反対するものはつくれない。

全員が反対するものを、エネルギー業者や日立といったベンダー(設備納入業者)が、
「無理につくることは、民主国家ではない」と指摘。

「真剣に一般公開の討論をするべきだと思う」として、
国民の意見をふまえたエネルギー政策を再構築すべきだとの見方を示した。

原発再稼働を進める安倍政権に対して、
従来、経団連は「原子力は最も有用な基幹エネルギー」(榊原定征前会長)として同調していた。

しかし、政府と民間が進めてきた原発の輸出戦略は、
コルト高や安全不安で、相次いで頓挫。

中西氏が会長を努める日立製作所が英国での原発建設計画も、
コストの上昇から採算が合わなくなり、暗礁に乗り上げている。

原発の経済合理性が失われる中、原発を推進するには、
国民の同意が必要だとの主張を示したものだ。

一方で、再生可能エネルギーについても、
「日本には適地が少なく、極めて不安定。太陽光も風力も季節性がある。
次世代通信網も新しい投資が行われていない」として、課題が多いとの見方を示した。

なお、同紙の第七面に、
「原発政策の矛盾鮮明」
と題して、関連する会見の一問一答が掲載されている。

経団連会長の、この談話で、
安倍政権の終焉が、はっきりと見えてきた。

大いに歓迎すべき談話だが、今日の『日本経済新聞』土曜版には、この記事が見当たらなかった。
**************************************

すでに、この談話の予告的な関連記事があった!

2018年12月17日(月)付『東京新聞』朝刊一面記事
英原発計画 日立凍結へ
政府輸出戦力 全て暗礁


by kenpou-dayori | 2019-01-06 09:30 | 核廃絶・脱原発