岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:森友学園・加計学園疑惑( 39 )


2018年 05月 21日

憲法便り#2619:今日、5月21日、中村愛媛県知事が、国権の最高機関である国会の求めに応じ、加計学園の獣医学部新設に関連する、新たな資料を提出!

2018年5月21日(月)(憲法千話)

憲法便り#2619:今日、5月21日、中村愛媛県知事が、国権の最高機関である国会の求めに応じ、加計学園の獣医学部新設に関連する、新たな資料を提出!

私は、夕方7時のNHK第一放送のニュースで知ったが、2015年4月2日の柳瀬唯夫元首相秘書官と県職員らの首相官邸での面会に関連する新たな文書を、参議院に提出したとのこと。

文書の詳しい内容は、まだ判っていない。

すでに、いくつかの新聞社、テレビ局のWebニュースが大まかに伝えているが、詳しい内容は、明朝の各紙の紙面で明らかにされるのではないかと思うので、それを待つことにしたい。

安倍首相の発言についても、言及している。

首相のウソがまたひとつ暴かれることになる。

大いに期待している!




[PR]

by kenpou-dayori | 2018-05-21 21:03 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 05月 20日

憲法便り#2618:異議あり!「森友決裁文書 改ざん 佐川氏不起訴へ」は、到底納得できない!

2018年5月20日(日)(憲法千話)

憲法便り#2618:異議あり!「森友決裁文書 改ざん 佐川氏不起訴へ」は、到底納得できない!

「大阪地検よお前もか!」と言いたい。

「今の日本の官僚社会に正義が存在するのか、疑わしい。」という声まで、私の周辺では聞かれる。

5月18日付『東京新聞』夕刊のトップ記事の見出しは、
「森友決裁文書 改ざん 佐川氏不起訴へ」
「大阪地検 値引きも立件困難」であった。

この記事の隣には、
改ざん前文書「全3000ページ」
麻生財務相 公表遅れ「確認に時間」
とある。

 文書改ざんの事実が報道され始めた当初から、
関係者なるものからもれてくる、「不起訴」になるだろうとの、報道がなされていた。

そもそも、大阪地検は、彼ら自身が、文書を改ざんした「前歴」がある。

その大阪地検が、立証可能な多くの事実を目の当たりにしながら、
彼らが作り出した「立件」という壁を口実に、不起訴にするという。
とんでもない話だ。

「検察審査会」の制度に依拠し、法的に、異議申立てをし、徹底的に闘う必要がある。



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-05-20 11:19 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 05月 13日

憲法便り#2609:「柳瀬唯夫元総理秘書官の参考人招致に係る愛媛県知事の記者会見(5月11日)要旨全文を読んだ!

2018年5月13日(日)(憲法千話)

憲法便り#2609:「柳瀬唯夫元総理秘書官の参考人招致に係る愛媛県知事の記者会見(5月11日)要旨全文を読んだ!

愛媛県による、柳瀬元総理秘書官の名刺、および会談の経緯を示す文書の公表による、激震!


状況を正確に知るために、中村愛媛県知事の記者会見記録を、愛媛県のホームページで読んだ。
興味のある方は、是非、愛媛県のホームページを読んで欲しい。

概略を伝えるため、ホームページを引用する。

記録の正確な名称、日時、場所は、下記の通り。

「柳瀬元首相秘書官の参考人招致に係る知事記者会見(5月11日)の要旨について」

日時:平成30年5月11日(金曜日)

 11時20分~12時00分

場所:知事会議室


知事の冒頭発言のあと、愛媛新聞、あいテレビ、朝日新聞、NHK、読売新聞、南海放送、テレビ愛媛、日本経済新聞の質問に対して答えている。

知事の冒頭発言の特徴は、安倍政権の言い分を、すなわち、構造改革特区、獣医師会の岩盤という表現を、知事がそのまま繰り返しており、安倍政権に感謝していることである。

知事が、柳瀬氏の名刺、そして面会の経緯をまとめた文書を公表したのは、政権批判ではなく、柳瀬氏の愛媛県に対するあまりにも不正確で、バカにした発言に、反論したのである。

知事は、慎重に言葉を選んで発言しており、愛媛県庁以外のことについては、言及を避けている。

質疑の中の知事の発言で、彼の立ち位置を明確に示している。表現があった。赤い字に変えたところである。

このひと言が、真実を隠蔽しようとしている者たちには、反論しようがない。

私は野党のパフォーマンスには、全く付き合うつもりはありません。

柳瀬氏の証人喚問は、不可欠である。

そして、中村知事も、証人喚問に招致すべきである。






[PR]

by kenpou-dayori | 2018-05-13 20:34 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 29日

憲法便り#2534:『産経ニュース」より、麻生太郎副総理兼財務相の暴言、「証人喚問は人民裁判じゃない」と、佐川氏答弁拒否批判に開き直る!

2018年3月29日(木)(憲法千話)

憲法便り#2534:『産経ニュース」より、麻生太郎副総理兼財務相の暴言、「証人喚問は人民裁判じゃない」と、佐川氏答弁拒否批判に開き直る!

2018年9月29日の「産経ニュース」にリンクするので、麻生暴言を読んでいただきたい。

ところで、佐川氏答弁拒否という表現は、不正確であり、おかしい。

佐川氏は、官僚として、質問を受け、答弁を求められているのではない。

証人喚問で、尋問を受けているので、答弁拒否ではなく、証言拒否と書くべきである。

かれは、挑戦的な態度に終始しており、いささかの反省もない。

尋問をしている議員たちも、そのことをしっかりと指摘し、かれの態度を改めさせるべきであった。

麻生暴言は、こちらへ。





[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-29 21:56 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 29日

憲法便り#2533:【怒りの表明】「日テレNEWS24」が3月27日17:01に発信した財務相幹部らの発言は、絶対に許せない!

2018年3月29日(木)(憲法千話)

憲法便り#2533:【怒りの表明】「日テレNEWS24」が3月27日17:01に発信した財務相幹部らの発言は、絶対に許せない!

「日テレNEWS24」が3月27日17:01に発信したニュースによれば、3月27日に、参衆両院で行われた佐川氏への証人喚問終了後、麻生財務相や財務相の幹部は、記者団の問いかけにコメントを避けた。

だが、一方で、複数の幹部らは「官僚的には考え抜かれた立派な答弁」などと語ったと、伝えている。

語った人物の実名は報じられていないが、許し難い発言である。

このような、間違った考え方を改めない限り、今後も、第二、第三、第四、第五の、佐川氏のような「ねずみ男」が出て来る。

したがって、この発言をした者たちを決して、許しておいてはならない。

詳細は、リンクをご覧下さい。
http://www.news24.jp/articles/2018/03/27/04389006.html

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-29 10:47 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 29日

憲法便り#2532:『東洋経済ONLINE』が伝える、「佐川氏証人喚問の中味があまりにもひどすぎる」を紹介します!

2018年3月29日(木)(憲法千話)

憲法便り#2532:『東洋経済ONLINE』が伝える、「佐川氏証人喚問の中味があまりにもひどすぎる」を紹介します!

『東洋経済ONLINE』3月29日(木)が、ジャーナリスト・安積明子さんの、的確で、厳しい論評を掲載していますので、リンクして紹介します。

最初の中見出しは「憲政史上の汚点ともいえる『誘導質問』」と題して、自民党・丸川議員の質問を厳しく批判している。

詳しくは、『東洋経済ONLINE』へ!http://toyokeizai.net/articles/-/214357


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-29 08:34 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 28日

憲法便り#2528:【怒りの表明】森友文書改竄問題、証人喚問での佐川証人の証言拒否に、満身の怒りを以って抗議する!

2018年3月28日(水)(憲法千話)

憲法便り#2528:【怒りの表明】森友文書改竄問題、証人喚問での佐川証人の証言拒否に、満身の怒りを以って抗議する!

佐川証人の証言拒否の連発は、議会軽視もはなはだしい!

2018年3月28日付『東京新聞』朝刊一面が伝えた彼の表情は、国民をなめきっている!

今後、彼に対して、一切の同情は無用だろう!

与党も国民をなめきっている!

われわれは許さない!

2018年3月28日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面が伝える怒りの表情。

真実を朗らかにするまで追及は終わらない!
c0295254_22154963.jpg
c0295254_22162763.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-28 22:17 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 27日

憲法便り#2526:証人喚問に際して、佐川氏に望むこと!

2018年3月27日(火)(憲法千話)

憲法便り#2526:証人喚問に際して、佐川氏に望むこと!

間もなく、証人喚問が始まろうとしている。

佐川氏に望むこと、それは、正直に真実を話すこと。

決して、「刑事訴追の恐れがあるので、証言を拒否します」の連発ではない。

そんなことをしても、安倍首相も、麻生太郎財務相も、あなたを助けてはくれない!

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-27 09:28 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 26日

憲法便り#2525:市民、学者、野党の共闘が政治を変える!

2018年3月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2525:市民、学者、野党の共闘が政治を変える!

昨3月25日、新宿で行われた大街頭宣伝、8,000人が参加。
主催は、「未来のための公共」と「Stand For Truth」。

以下に、2018年3月26日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面、および『東京新聞』朝刊一面を引用して、その雰囲気を伝えたい。
なお、『しんぶん赤旗』は、この日、名古屋、大阪でも行動が行われていたことを伝えている。
c0295254_21354611.jpg





c0295254_21362801.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-26 21:37 | 森友学園・加計学園疑惑
2018年 03月 24日

憲法便り#2513:【必見】『しんぶん赤旗』日曜版が掲載した、元大蔵大臣、元財務相藤井裕久さんの説得力ある談話!

2018年3月24日(土)(憲法千話)


憲法便り#2513:『しんぶん赤旗』日曜版が掲載した、元大蔵大臣、元財務相藤井裕久さんの説得力ある談話!


3月27日に行われる証人喚問の前に、佐川氏に是非とも読んでほしい談話である。

そして良心のかけらでも残っているのならば、反省をし、真実を話してほしいと思う。


2018年3月25日付『しんぶん赤旗』日曜版一面そして7面に、

「元大蔵大臣、元財務相藤井裕久さん叱る」

「政治家の“示唆”あったはず」

と題する談話が掲載されている。 

 テレビやラジオに登場する、権力におもねた御用評論家、コメンテーター、解説者などと違い、歯切れよく、問題の本質をズバリ語っている。

 単に、推測で「こう思う」と語っているのではなく、ご自身の財務官僚時代、蔵相時代、財務相時代の経験を踏まえての発言なので、非常に説得力がある。

 だから、全文入力をしていても楽しいので、疲れない。

 

以下、その全文を紹介する。

「私は21年間、旧大蔵省(現財務省)の役人として働き、政治家になってからは蔵相(1993~94年)、財務相(2009~10年)を務めました。

 私も役人時代に決裁文書を作りましたが、国民にとって大事な記録である公文書を、決裁後に変えることなどあり得ない。しかもその改ざんした公文書を国会議員に示している。これでは立法府による行政府の監視が機能しません。憲法に保障された民主主義が何重にも蹂躙(じゅうりん)された重大事態です。

 麻生(太郎財務相)さんは、改ざんは「理財局の指示だ」といっているようですが、私の経験からいっても、役人だけの判断で公文書の改ざんなどできるはずがない。地中からごみが見つかったとして約8億円を値引きして国有地を払い下げたという異例の経過からみても、政治からの何らかの指示、サジェスチョン(示唆)があったとしか思えません。

 安部晋三首相の妻、昭恵さんは、森友学園が計画していた小学校の名誉校長に一時就任していました。安部さんと籠池泰典前理事長は同じ右派団体のメンバーで、思想的な共通項があった。にもかかわらず安部首相は昨年2月の国会答弁で「私や妻が関係していたならば首相も国会議員も辞める」と発言しました。この発言が改ざん問題の“原点”です。安部首相夫妻が関係していたことは明らかで、首相には辞めていただきたい。」

(7面につづく)

官邸の人事独占でゆがみ

 「私は大蔵省時代に先輩から、公務員の中立・公正性を揺るがすようなことがあってはならないと教えられました。官僚が与党のシンクタンクであることは否定しませんが、政局にはかかわるべきではありません。佐藤栄作政権時代、私は竹下登官房長官の秘書官をしていました。その時のことです。「佐藤おろし」の会合が始まると竹下さんは「ここから先は君たち(官僚ら)は知らない方がいい」といい、私たちを帰しました。政と官の間には、それなりのけじめがありました。

 ところが佐川宣寿前理財局長の国会答弁などを見ていると、明らかに則(のり)を大きくこえている。「私や妻が関係していたならば首相も国会議員も辞める」と発言した安部首相を守るため、国会でウソを言い続けました。政権はその「論功行賞」として佐川氏を国税庁長官にした。こんなことは絶対にあってはなりません。

 安部政権は2014年、「内閣人事局」を設置しました。これにより官邸が主要な官僚人事の権限を握り、霞ヶ関の官僚の多くが官邸の方ばかり向いて仕事をするようになった。その結果、「安倍一強」「国政私物化」が進むことになったのです。

 行政のトップとして安倍首相には、公文書を改ざんし、それを「国権の最高機関」である国会に提出した責任があります。安部首相には改憲の資格はないと思います。」

聞き手・田中倫夫記者


以下に、2018年3月25日付『しんぶん赤旗』の一面を借用する。

c0295254_21422451.jpg




[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-24 07:55 | 森友学園・加計学園疑惑