人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:希望の党、小池百合子( 3 )


2017年 11月 12日

憲法便り#2224:「行雄も歩けば、ニュースに当たる!」

2017年11月12日(日)(憲法千話)

憲法便り#2224:「行雄も歩けば、ニュースに当たる!」

いろはカルタに、「犬も歩けば 棒に当たる」という言葉がある。
私も忙しく動き回っている時には、思いがけないことに出会うことがある。

今回は、大したニュースではないが、一応書きとどめておきたい。

11月10日は、午前中から国立国会図書館の憲政資料室で知らべ物をした。
調査の要点は把握したので、昼食をとるために、憲政記念館にあるレストラン「霞ガーデン」に向かった。

憲政記念館には、憲政の父と呼ばれた尾崎行雄の記念財団があり、尾崎行雄に関するものもいろいろとあるので、好きな場所である。

この日、憲政記念館の講堂の入り口に、「希望の党両院議員総会」と書かれていた。
495名が定員の講堂の入り口は開け放されているので、中の論議も聞こえるし、眺めることは出来たが、それよりも昼食をとることの方が大事なことなので、素通りしてレストランに入った。この日のランチは「おこぜのフライ」。これは初めての味。陳腐な政党のことよりも、お知らの方が興味が惹かれる。

食事が終わって、また講堂の入り口を通りかかると、共同代表に選出された玉木議員が記者会見を行っていた。

最後の質問で、カジノについて聞かれ、まだ方針が決まっていないと答えたところだけは見たが、それだけ。

この日は天気が良かったので、皇居のお堀に沿って歩き、竹橋にある国立公文書館で調べ物を続ける。大きな成果!その内容については、いづれ整理が終わったところで発表する予定。

午後6時からは、南大塚ホールで開催された「芸人九条の会」に!

この会は、特筆すべき素晴らしい会だったので、明日、改めて詳しく書く予定。

忙しいけれど、充実した一日。



by kenpou-dayori | 2017-11-12 22:44 | 希望の党、小池百合子
2017年 10月 09日

憲法便り#2192:民進党前原代表の八つの大罪!

2017年10月9日(月)(憲法千話)

憲法便り#2192:民進党前原代表の八つの大罪!

前原氏は民進党の代表選で、苦労人であることを前面に出し、感情的に訴えて、支持を集めた。だが、その舌の根も乾かないうちに、仲間たちを混乱と苦悩の中に投げ入れた。そして、大変な苦労をさせている。私は、これを前原氏の八つの大罪と呼ぶ。それを、順次、明らかにしよう。
前原氏の大罪その①:合意文書もなく、対等な合併のように見せかけて、衆参両院議員の了解を取り付けたこと。

前原氏の大罪その②:地方議員の意見をひとことも聴くことなく、民進党を解党したこと。これによって、地方議員がどれほど迷い、悩み、苦しんだかを、かれは気にもとめていないし、謝罪もしていない。

前原氏の大罪その③:民主党の時代からサポーター制度をとってきたが、サポーターたちにひと言の相談も、謝罪もなかった。

前原氏の大罪④:民進党を信じて一票を投じた人々に対して、ひと言の説明も、言い訳も、謝罪もなかったこと。

前原氏の大罪⑤:希望の党小池代表との会談終了後、記者団に対して、民進党議員の中に「箸にも、棒にもかからないのがいる」と、切り捨てるような、侮辱的な発言をしたこと。考え方に違いはあったにしても、重大な局面で、交渉の一任を取り付けた者が、仲間に対してこのよう発言をすることは許せない。

前原氏の大罪⑥:希望の党小池代表との会談後、小池代表の「まるごと受け容れるつもりは、サラサラありません」との発言に対し、前原氏は平然として「想定内」と発言した。これはあまりにもひどい、非人間的発言!

前原氏の大罪⑦:民進党は、公党として、日本共産党、社民党、自由党とのあいだで、たびたび野党共闘の確認をしてきた。それを、事前に何の相談も、断りもなく反古にしてしまうことなどは、言語道断である。

前原氏の大罪⑧:9月19日午後6時半から『戦争法強行採決から2年、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会』が国会議事堂正門前で行われた。私は、国立国会図書館での調べ物を早めに切り上げ事前の集会に参加した。丁度、民進党議員が決意を述べていたが、これもすべてご破算にした。


by kenpou-dayori | 2017-10-09 21:16 | 希望の党、小池百合子
2017年 10月 08日

憲法便り#2189:希望の党小池百合子代表は、女性総理になる前に、排除の論理を掲げ、「女ヒトラー」になった!

2017年10月8日(日)(憲法千話)

憲法便り#2189:希望の党小池百合子代表は、女性総理になる前に、排除の論理を掲げ、「女ヒトラー」になった!

「穏健な保守」をスローガンにした小池代表は、
民進党のリベラル派と目される人々に対して、排除の論理を振りかざした!

対等な話し合いの末の「合流」でも、「合併でもない」。

いわば、だまし打ちだ!

こんな政党に、国政を語る資格は無い!

東京新聞が報じた「踏み絵」の10項目は以下の通り。
2017年10月4日朝刊一面を引用。
c0295254_21333452.jpg


by kenpou-dayori | 2017-10-08 21:40 | 希望の党、小池百合子