人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:集会参加( 5 )


2018年 11月 28日

憲法便り#2781:今日の昼、衆議院第二会館前での集会に参加してきました!

2018年11月28日(水)(憲法千話)(11月29日加筆版)

憲法便り#2781:今日の昼、衆議院第二会館前での集会に参加してきました!

今日は、天気も良く、体調も良かったので、国立国会図書館での調査に先だち、集会に参加してきました。

いつも、国会図書館で資料の調査を行い、夕方に帰宅する際、抗議行動をしている声がきこえてくるので、申し訳ないと思いながらも、体調維持のため、夕方や夜の集会、抗議行動に参加してきませんでした。

それだけに、今日は、私自身、胸のつかえがとれたよう感じがあります。

集会終了時に、集会の事務局の方にお願いして、行動分担表とシュプレヒコールが書いてある内部文書をいただきましたので、紹介します。

シュプレヒコールの言葉を見ると、改めて安倍政権の悪政の数々が浮き彫りになってきます。
本当にひどい政治で、心の底から怒りを覚えます。

決意表明の中で、全労連副議長の長尾ゆりさんが、全国各地での3000万署名の取り組みを紹介していました。すでに、『しんぶん赤旗』を読んで知っていることが多かったのですが、大阪での取り組みについては、大阪弁もまじえた話は現場の情景が思い浮かぶものでした。
通りかかった人が、署名活動をしている人に、
「まだやってるの!?」と問いかけたところ、
「安倍首相が辞めないので、かれを辞めさせるために、こちらも辞められへん」と答えたという。
ユーモアがあって、面白い。学ぶべき粘り強さ。

長尾ゆりさんが報告した、今日、臨時国会に提出した安倍改憲反対の3000万書名の数は、憲法共同センターに届いた468,967筆、市民アクションに届いた162,214筆、合計631,214筆になりました。

毎回、全国各地から、山のように届く署名が、衆議院でも、参議院でも、憲法審査会を開かせない力になっています。

長尾ゆりさんが報告なさった数字を正確に伝えたいと思い、お話を伺う前に名刺を差し出して、
「あやしい者ではありません」と、冗談をまじえて挨拶をしたところ、
にこやかに、「お名前は存じています」との返事。
このひとことに、励まされました。
c0295254_21511102.jpg
c0295254_21513493.jpg






by kenpou-dayori | 2018-11-28 22:14 | 集会参加
2018年 06月 03日

憲法便り#2637:安倍政権の退陣を要求する「6・10国会前大行動」! 怒りを込めて私も参加します!

2018年6月3日(日)(憲法千話)

憲法便り#2637:安倍政権の退陣を要求する「6・10国会前大行動」! 怒りを込めて私も参加します!

下は、今日2018年6月3日付『東京新聞』朝刊10面に掲載された意見広告です。

6月10日(日)午後2時~3時30分
        国会議事堂正門前
c0295254_21063984.jpg


c0295254_21061205.jpg


by kenpou-dayori | 2018-06-03 21:09 | 集会参加
2017年 11月 24日

憲法便り#2229:11月20日(月)、「生活と憲法研究会」(早大生有志)主催の「憲法カフェ」に始めて参加しました!

2017年11月24日(金)(憲法千話)

憲法便り#2229:11月20日(月)、「生活と憲法研究会」(早大生有志)主催の「憲法カフェ」に始めて参加しました!

弁護士の藤原家康さん(あすわか、東京1区市民連合)からのお誘いを受けて、「憲法カフェ」に初めて参加した。

主催は、「生活と憲法研究会」(早大生有志)
共催は、「明日の自由を守る若手弁護士の会」(あすわか)

スピーカーは、チラシに書かれている、海江田万里さん、黒田朝陽(女性)さん、藤原家康さんの三氏。
この3人の話のうち、最も印象に残ったのは、現在の若者の会話を反映した黒田朝陽さんの話しです。

疲れていたので、充分なメモは取れていませんが、記憶に基づいて大まかに述べます。

「生活と憲法研究会」では、活動の一環として「新宿街角アンケート」も行っています。

憲法改正についてのアンケート結果は次の通りです。(合計126人)
変えた方が良い  16人
急ぐ必要はない  44人
変えない方が良い 66人

こうした活動の一方で、日常的には、政治的な会話がなかなか成立しません。
今回の総選挙で、投票に行かなかった友人もいます。
「いまの生活が良ければ、それでいいじゃない」とい傾向が強く、それ以外には、あまり考えない。

ところが、ある友人との会話で、次のようなことがあった。
友人の同意を得て、名前を伏せて、実際のスマホの画面を写しながらの話は、まさに、日本の政治、経済のありようを鋭く写しだすものであった。
ある日、友人がアルバイトをしている店の店長から、急に休みをとるアルバイト店員が出たために、短時間でも出勤してくれないかと頼まれたという。写しだされた勤務のシフトの表は、空欄がほとんどで、埋まらないところは、すべて店長が自分でカバーしなければならない。
友人は、予定があるので、店長が気の毒とは思ったが、出勤を断った。
この実情の背景には、近くの同業他社が、アルバイトの時給を50円上げたため、アルバイトの店員が、つぎつぎとそちらに移ってしまったという。
この状態が続けば、店長が「過労死」してしまう。
「これって、まさに、人権問題、憲法が定めたことに反しているのではないか?」という問いかけであった。

会場からの若い女性の発言にも、衝撃的なものがあった。
彼女は、アルバイト先で、10人ほどが集まっているところの会話で、まるで「ヘイトスピーチ」と変わらない発言をする人がいたので、それを諌める発言をしたのだが、誰一人として彼女に同調して発言する人はなく、彼女は孤立無援の状態になってしまったという。

「ヘイトスピーチ」が日常生活の中で幅を利かす、これはまさにファシズムの始まりである。

今回は、初めての参加だったが、若者たちの置かれている、政治的、社会的、文化的状況が、かなり深刻であることが判った。
これからも機会を見て参加したいと思う。

以上の他にも発言があったが、今日はここまでにしておきたい。


チラシの写真は、海江田万里さんです。FAXで送ってもらったので、不鮮明ですみません。
c0295254_11100130.jpg


by kenpou-dayori | 2017-11-24 11:58 | 集会参加
2017年 11月 04日

憲法便り#2220:日本共産党の「2017年総選挙 選挙結果報告会」に参加してきました!

2017年11月4日(土)(憲法千話)

憲法便り#2220:日本共産党の「2017年総選挙 選挙結果報告会」に参加してきました!

主催:日本共産党新宿地区委員会・新宿区日本共産党講演会

と き:11月4日(土)午後2時ー3時半
ところ:保育プラザ

司会:大山とも子都議
開会あいさつ
あいさつ
岸 良信さん:東京10区小選挙区候補者
富田なおきさん:東京比例区候補者
渡辺照子さん:東京1区市民連合呼びかけ人
藤原家康さん:同(弁護士)
*家康さんは本名。ブログ「鳴くまで待てない」は、ここをクリック
海江田万里さん:立憲民主党衆議院議員(東京一区選出)
笠井亮さん:日本共産党衆議院議員(比例区・東京ブロック選出)
*開会前に、笠井さんと少し話すことが出来ました。笠井さんは拙著『検証・憲法第九条の誕生』が役立ち、国会図書館にも調べに行ったとのことでした。そして、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の見本をお目にかけたところ興味を持って下さったので、お支払いはいただかず、当選のお祝いとして贈呈することにしました。
*笠井さんは、選挙期間中の移動距離が、1,300キロに及んだとのこと。大変御苦労さまでした。
新宿地区選挙結果報告
閉会あいさつ

はじめての経験が、いろいろと語られた興味深い、そして意義深い集会でした。
およそ2年間にわたる、統一候補実現の努力のあとが、とてもよく判りました。

統一は力、統一は宝ということを実感しました。

渡辺照子さん、藤原家康さんとは、集会終了後ご挨拶して、名刺交換をしました。
藤原さんが海江田さんを招いて、11月20日(月)に、早稲田大学内で「憲法カフェ」を行う予定とのことなので、参加する意向を伝え、喜ばれました。

集会後に、富田さんを激励するために、講演料は無料で、憲法講演を行ってはどうかとの提案を、富田さんご本人と、地区委員長の}中野さんにお伝えしました。

今日は疲れているので、かんたんな感想でおしまいです。




by kenpou-dayori | 2017-11-04 21:47 | 集会参加
2017年 11月 03日

憲法便り#2219:「安倍9条改憲ノー 国会大包囲」集会に、妻と共に参加してきました!

2017年11月3日(金)文化の日(憲法千話)

憲法便り#2219:「安倍9条改憲ノー 国会大包囲」集会に、妻と共に参加してきました!

午後2時ちょっと前、地下鉄有楽町線永田町駅に到着。電車の中で、何十年振りかの知人に会いました。彼女も、集会に参加です。
先頭車両に乗っていた人たちは、かなりの人数が、永田町で下車。
久しぶりの「賑わい」です。

エスカレーターで上がった改札口には、交通整理の警察官が、混雑緩和のためハンドマイクを持って誘導。

地上に出ても、なかなか前に進めないほど参加者多数。

国会図書館前に辿り着いたところで、開会の宣言。
以下、詳しい内容は抜きにして、式次第のみ記します。

開会のあいさつは、総がかり行動実行委員会共同代表、高田健さん(市民アクション運営委員)。

政党あいさつは、まず、立憲民主党・枝野幸男代表。


つぎに、鎌田慧三、落合恵子さん、ピースボート共同代表の河崎さんのスピーチ。

そして、韓国から駆け付けた金さんが日本語で連帯のスピーチ。

かれは、朴大統領を辞任に追い込んだ市民運動の中心人物の一人とのこと。

(詳しくは、明日の新聞報道で確かめたいと思います。)

*2017年11月4日付『しんぶん赤旗』3面により、以下を加筆。

金泳鎬(キムヨンホ)さん。韓国「主権者国民会議」顧問。


2時半を過ぎても、参加者が増えつづける。

9・19の国会前集会の時とは、かなり違う。


続いて、日本共産党・志位和夫委員長の挨拶。

ここまでで、2時45分。

せまいところに、じっと立っていてかなり疲れたこと、そして妻の健康も考慮して、民進党議員の挨拶の途中で帰路につきました。「市民と野党の共同」、「あきらめない」という言葉が、特に耳に残りました。






by kenpou-dayori | 2017-11-03 21:44 | 集会参加