人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:新たな出会い( 3 )


2018年 04月 12日

憲法便り#2558:福島県の「はらまち・九条の会」に、今日、手紙を書きました!

2018年4月12日(木)(憲法千話)

憲法便り#2558:福島県の「はらまち・九条の会」に、今日、手紙を書きました!

2018412

はらまち・九条の会 御中

前略お許し下さい。

本日午後6時半からの会議に間に合うように、急いで手紙をしたためました。

先日は『会報1100』と『会報101270』、および『憲法』(復刻版)をお送りいただき、ありがとうございました。

お礼に、昨日、落合郵便局から、下記の拙著2冊を発送いたしました。

『検証・憲法第九条の誕生』(改訂第6版)(20172月刊)(B5判、191頁)

『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』(20145月刊)(B5判、239頁)

『検証』は、第90回帝国議会衆議院の議事録から、九条に関する論議をまとめたもの、『世論』は、日本国憲法公布に至る時代背景をまとめたものです。したがって、この2冊がセットになっていて、実証的に日本国憲法誕生を知ることが出来るように構成してあります。10年がかりの研究成果です。

 とくに『世論』は、当時、全国各地で発行されていた新聞を丹念に調べてまとめました。国立国会図書館に所蔵がないものは、仙台、水戸、前橋、浦和、千葉、甲府、静岡、富山、福井、鳥取、徳島、高松、広島に足を運び、調査をしました。

 「原町」については、『世論』130頁下段、および134頁上段[浜通り]のところに記事があり、「小高」についても2行にまたがって、記事があります。

 国立国会図書館所蔵の『原町市史』には、こうした記録は出てきません。

 『会報』No.61の第二面に亀井文夫の主だった作品が紹介されていますが、このリストには、重要な作品が欠落しています。

 『世論』220頁下段に、「戦争と平和」という作品に言及していますが、これは、「憲法普及会」の依頼により製作された映画で、山本薩夫監督と共に亀井文夫が演出を担当しています。ビデオにもなっていますので、まだご覧になっていなければ、映画鑑賞会が可能です。

『会報』を、第1号から最新号まで、ひと通り拝読しましたが、第8号で、グロチウスの『戦争と平和の法』、第139号の巻頭言でエラスムスの『愚神礼賛』への言及があり、かなりの「知恵者」がいるのだろうと、拝察いたしました。


 因みに、私は、二十年以上にわたって、「私立大学図書館協会西洋古版本研究部会」の特別会員として、各大学の貴重書室見学に参加し、また何回もの研究発表を行ってきております。私の本来の研究テーマに関するエッセーも、参考までに同封してあります。

その他に、私のプロフィールなどの資料を同封しましたので、ご覧ください。

 とり急ぎ、お礼とお知らせまで。                    草々

                                  岩田行雄 

表紙が白いので、上下にマークをいれました。
内容についてのコメントは、のちほど。
c0295254_10333187.jpg







c0295254_10340458.jpg





by kenpou-dayori | 2018-04-12 21:33 | 新たな出会い
2017年 12月 04日

憲法便り#2244:愛知県清須市清州日吉神社の宮司三輪隆裕さんから、お手紙をいただきました!

2017年12月4日(月)(憲法千話)

憲法便り#2244:愛知県清須市清州日吉神社の宮司三輪隆裕さんから、お手紙をいただきました!

11月29日付『憲法便り#2239』に、二人の宮司さんの紹介記事を公開し、翌11月30日(木)に、拙著二冊を添えて手紙をさしあげました。

嬉しいことに、三輪隆裕さんからの礼状が届きましたので、概略を紹介させていただきます。

三輪さんは、神社のサイトに設置したブログに文章を発表なさっています。
お手紙には、「駄文をいくつか書いています。」「政治学は素人で、社会学が専門です。」と謙遜なさっていますが、なかなか興味深い発言が多いですから、皆さんにも、ご一読をお勧めします。とくに、神社本庁に関する批判、論評は、専門家としての説得力があります。
「現在の日本の政治状況をみて、政治関連の発言をしています。」「従って、貴著に示された実証的な資料や考察は極めて参考になります」とお書きになっていますが、こうした言葉は、とても励みになります。

また、「名古屋の九条の会とも接触がありますので、そちらでもお話をさせて頂きます」とありましたので、2011年に、「名大九条の会」と「東山・見付九条の会」の共催の憲法講演会に招かれ、名古屋大学内で行った講演の記録『憲法第九条はどのように誕生おしたか』の保存版一冊をさしあげることにしました。(目次と本文1-5頁は、こちらへ)(なお、本文の続きは、加筆訂正をしてから、改めてお知らせします)

以下に、11月29日付『憲法便り#2239』を再録します。

**************************************************************
【再録】
2017年11月29日(水)(憲法千話)

憲法便り#2239:東京新聞の「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで!

2017年11月27日(月)付『東京新聞』朝刊24面、25面にまたがるこちら特報部の紙面で、「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで、以下の文章をFAXで送った。

2017年11月28日(火)

こちら特報部 御中
前略お許し下さい。
東京新聞の読者で、憲法研究者の岩田行雄と申します。「こちら特報部」の愛読者です。

昨日の「改憲に異 異端の宮司」について、感想と意見を簡単にお伝えします。

感想:安倍一強の状況下で、これに抗う宮司さんたちの存在に感銘を受け、応援のメッセージを送りたいと思い、このFAXを送ります。(お二人の)ご住所を調べて、拙著『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)(2017年2月)および『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』各一冊をお二人に贈呈致します。
私の父方の祖母は「神主」の娘だったと聞いておりますので、私の曾祖父は宮司ということだと思います。
私は無神論者ですが、、私が宮司になっていたら、記事のお二人のような行動をしていたかも知れません。

意見:異端という言葉が、見出しにも、本文にも使われていますが、かぎかっこを付けて「異端」すべきではないかと思います。
かれらは、日本国憲法下における「正統」な人間なのですから。
日本のマスコミの多くが安倍政権の言いなりに、なり下がっている状況で、頑張っている東京新聞はマスコミ界の「異端」ではないことと同様に。 早々

表現には、気遣いが必要だ!異端という表現は、もっと慎重に使うべきだ。
異端と決めつけて、どうするのだ。
これでは、かれらが異端であるという固定観念を定着させてしまう。
予想したことだが、FAXへの返事はない。

昨日、近くの神社を訪ねて、神道政治連盟の改憲パンフレットがあるか聞いてみたが、ここでは、知らなかった。
今日、別の大きな神社を訪ねたが、「配布していない」とのことだった。

下は、2017年11月27日付『東京新聞』朝刊24-25面を引用。
c0295254_22064912.jpg
c0295254_22073795.jpg




by kenpou-dayori | 2017-12-04 20:57 | 新たな出会い
2017年 11月 25日

憲法便り#2228:11月21日午後、東大駒場で、小森陽一さんに初めてお目にかかりました!

2017年11月25日(土)(憲法千話)

憲法便り#2228:11月21日(火)午後、東大駒場で、小森陽一さんに初めてお目にかかりました!

11月20日(月)に、東大駒場の事務室に電話をかけ、小森先生に私の著作をお届けしたいこと、そして出来ることならば、お目にかかりたい旨を、事務室の方に伝えました。

お目にかかりたい理由は三つありました。
ひとつは、以前、読みたいとおっしゃっていたと聞いた、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』をお届けすること。
二つ目は、私が1997年末まで、30年間働いたナウカ株式会社が、後に倒産した際に、「あの会社は大切な会社だから、支援しなければならない」とおっしゃっていたことを聞いて、いつかお目にかかって、直接お礼を申し上げたいと思っていたこと。

この二つのことは、昨年、Y君から聞いた話しです。Y君は、10年ほど前に、韓国からの留学生を集めた「岩田ゼミ」で、まとめ役をしてくれた青年で、現在は、東大の大学院生で、いまは井原西鶴の研究者として、国際的な研究会にも参加して、研究発表を行っている。

ナウカについては、私が退職してから7年ほど経ってのことで、現在営業を続けている「ナウカJapan」は、まったく別の法人ですが、そのお気持ちがとても嬉しい話でしたから、一度お目にかかって、直接心からの感謝をお伝えしたいと思っていた。

三つ目の理由は、本日、11月25日午後6時から、千葉県佐倉市の佐倉市志津コミュニティセンターで開催される講演会において、出来ることならば、会場で販売されている拙著2点、『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)および『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』をご紹介いただきたいというお願いをすることでした。

これは、『憲法便り#2234〉ですでに紹介した、私の妻が『しんぶん赤旗』に投稿した記事を読んだIさんが、上述の拙著を10冊づつ注文して下さったのですが、講演会当日に、入り口の受付の机の上に並べて販売したいとのこと。そして、「もしも、小森先生からご紹介いただければ、売れ行きも違うかもしれませんね」と、電話の向こうでつぶやくようにおっしゃった言葉が、耳に残りましたので、今回の行動に移った次第です。

11月21日(火)午後2時半から授業があると聞いていましたので、午後2時少し前に事務室を訪ねた。
前日、電話を受け、FAXも先生に取り次いで下さった女性職員の方が、迎えて下さった。
彼女は、「FAXは確かに、小森先生にお渡ししました。今日は、先生はまだお見えになっていません。お忙しいので、こちらに寄らずに、授業に向かわれるかも知れません。」
私は、そうしたことも予想していたので、事務室の机をお借りして、あらかじめ用意をしていた便箋に手紙を書きはじめた。
2時半少し前に、便箋3枚の手紙を書き終え、『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)および『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』と共にお渡しいただきたいとお願いして退室しようとしたが、彼女が用事で席をはずしていたので待っていた。

そこへ、「小森です、間に合って良かった!」と、いつも新聞やチラシで写真を見慣れた先生が!

何という幸運!

私は、慌てて挨拶をし、先生に手紙と本を手渡した。
そして、なによりも、まず、ナウカを気にかけていただいたことへのお礼を申し上げた。
すると先生は、「当たり前のことですよ」「私の先輩の、佐藤さんのこともあるしね」とおっしゃった。
佐藤さんとは、ロシア語の佐藤純一先生のことだ。

そして、「この本はどうすればいいの」と質問なさったので、
私は、「これは先生に差し上げます」と答えた。

ついで、先生は「これを宣伝すればいいの?」とおっしゃったので、
私は、「宜しくお願いします」と答えた。
先生は、即座に「分かりました」。

私は、最後に、
「先生には、来年1月15日にまたお目にかかります」と言った。
すると、先生が「何だっけ」と、おっしゃったので、
「俳優座の公演『いつもいつも君を憶(おも)ふ』で、先生のスピーチ(アフタートークのこと)がある日です」「もう切符を買ってあります」と答えると、「ホッ」という表情で、私の顔をご覧になった。
『いつもいつも君を憶(おも)ふ』は、女優・有馬理恵さんが制作・出演する作品で、小森先生は「女優・有馬理恵を応援する会」の会長をなさっている。

小森先生の話し方は、とても気さくだった。
時間にすれば、わずか2分ほどだが、私にとっては、濃密な会話だった。

先生が事務室を出て行かれた後、私は職員の方に挨拶をしてから退出するために待っていた。しばらくして彼女が戻ってきたので、手紙を書いているときから気になっていた、机の上にある『漱石辞典』をちょっと見せてもらうことにした。

ちょっとだけのつもりだったが、面白いので、20分ほど読ませていただいた。
辞典というと「引く」という言葉が浮かぶが、この辞典は「読む」本である。
小森先生の本業にも、少しはふれてみてはいかがか?
かく言う私も、正直なところ、初めてである。

面白いので、昨日、新宿区立鶴巻図書館で借りてきた。
下の画像は、その現物をスキャンしたものである。

執筆者は、298人。
人が多くなればなるほど、文体や、研究のレベル、原稿執筆の早い人、遅い人など様々な問題があって、それはそれは、大変な仕事なのである。

平和憲法を守る闘いをなさっている皆さんにも、一度は手にとって見て欲しい大作です。
ここでは、評価ではなく、概要についてふれておきます。

『漱石辞典』翰林書房)について

2017年5月24日初版第一刷
定価=本体7,800+税
829頁

編集
小森陽一
飯田祐子
五味渕典嗣
佐藤泉
佐藤裕子
野網摩利子

執筆者298人

目次
時代
生活空間
土地
性愛
身体感覚・情緒
思想・思潮
メディア
作品
よむ・みる
文学用語
付録
c0295254_21471224.jpg




by kenpou-dayori | 2017-11-25 16:35 | 新たな出会い