岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大学の軍事研究( 4 )


2018年 04月 06日

憲法便り#2544:【名著紹介】池内了・小寺隆幸編『兵器と大学 ―なぜ軍事研究をしてはならないか』(岩波ブックレットNo.957)!

2018年4月6日(金)(憲法千話)

憲法便り#2544:【名著紹介】池内了・小寺隆幸編『兵器と大学 ―なぜ軍事研究をしてはならないか』(岩波ブックレットNo.957)!

編者、各章の著者の研鑚と、編集者の研究・努力が結実した、見事な一冊である!

生じて来るであろう疑問に対して、安直にではなく、研究や実践をもとに、丁寧に答えているからである。

表紙に、帯のように印刷されている以下の言葉に、本書の「問いかけ」が集約されている。

軍事が学問を浸食する
平和憲法のもと軍事研究をせずにきた
日本のアカデミズムが
根本から問われている

ブックレット編集部のご了解を得て、まず表紙と目次を紹介し、そのあとで、若干の感想を述べたい。

c0295254_21343994.jpg


c0295254_21354415.jpg





























































「はじめに」(2-5頁)は、問題の本質を、一般論ではなく、具体的に、そして格調高くまとめている。

「第1章 科学者のあり方 ―― 倫理と実践のあいだ」は、
 軍学共同に加担する科学者の言い訳について、
 その【言い分】と、反対する立場からの【反 論】を、五項目にわたって展開しており、これが非常に判り易い。

「第6章 独・軍学共同反対の運動」は、私が抱いていた疑問点を、かなり解消してくれた。

大学の運営費が削られて、防衛省が出す補助金に飛びつくのは、

兵糧攻めにあって、なんでもいいから、もらってしまえということになるのは、あまりにも情け無い姿である。

以前、迎賓館和風別館の水盤の錦鯉たちが、賓客がくる数日前から餌を与えられず、客が来たところで餌が撒かれると、盛んに食べる姿に似ている。

ただし、錦鯉たちは、軍事研究はしない。

研究者たちの場合は、人一倍優れた能力のある人たちなのだから、
その能力を、日本の社会の危機的な状況を打開するために使い、闘って欲しい。

日本の社会のみならず、世界を救うのは、軍事力ではなく、平和の力であることを学び、よく考えて欲しい。 













[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-06 20:40 | 大学の軍事研究
2018年 03月 31日

憲法便り#2538:本日、3月31日(土)午後1時半から5時まで、「大学での軍事研究に反対し、学問の自由を考える集い」の参加してきました!

2018年3月31日(土)(憲法千話)

憲法便り#2538:本日、3月31日(土)午後1時半から5時まで、「大学での軍事研究に反対し、学問の自由を考える集い」の参加してきました!

昨日、『憲法便り#2536』でお伝えしましたが、京都大学が、軍事研究に反対し、「軍事研究をしない」ことを基本方針として、明確に掲げました!

昨年の日本学術会議声明につぐ、画期的な声明です。

その日本学術会議声明の1周年にあたって開催された集会に、参加してきました。

安倍政権が、急速に日本の軍事化を進めている緊張感の中で、報告が行われました。

今日の集いは、下記の通り第一部、第二部、第三部と三つの講演、さらに講演者にさらに2名を加えたパネルディスカッションと盛りだくさん。途中10分間の休憩はありましたが、スケジュールはびっしりです。
それそれの講演について詳しくふれることは出来ませんが、第一部の講演を行った小森田秋夫さんは、私がナウカに在職していたころからよく存じ上げているいる方で、ナウカからも『ソビエト裁判紀行』(1992年)が刊行されている、ソ連、東欧の法律をご専門としている方です。

会場入口で、報告者の池内さん、光本さん、そして閉会の挨拶をなさった赤井さんの著作が販売されていましたので、気になりながらも不勉強だった分野を補うために、一気に、次の5冊を購入してしまいました。

①池内了・小寺隆幸編『兵器と大学ーなぜ軍事研究をしてはならないか』(岩波書店、2016)
②池内了・古賀茂明・杉原浩司・望月衣塑子著『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(あけび書房、2016)
③池内了+青井未帆+杉原浩司[編]『亡国の武器輸出ー防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版、2017)
④光本滋著『危機に立つ国立大学』(クロスカルチャー出版、2015)
⑤赤井純治著『地球を見つめる「平和学」ー「石の科学」から見えるもの」(新日本出版社、2014)

その他にもう1冊。(これは、無料なのですが、1,000円のカンパをしました)
2017年度 全国大学院生協議会編『2017年度 大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査報告書』

今日は、まだ読了したものがありませんので、後日改めて紹介します。
c0295254_11594992.jpg









































[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-31 23:10 | 大学の軍事研究
2018年 03月 31日

憲法便り#2537:本日、3月31日(土)午後1時半から、「大学での軍事研究に反対し、学問の自由を考える集い」!

2018年3月31日(土)(憲法千話)

憲法便り#2537:本日、3月31日(土)午後1時半から、「大学での軍事研究に反対し、学問の自由を考える集い」!

昨日、『憲法便り#2536』でお伝えしましたが、京都大学が、軍事研究に反対し、「軍事研究をしない」ことを基本方針として、明確に掲げました!

昨年の日本学術会議声明につぐ、画期的な声明です。

その日本学術会議声明の1周年にあたって開催される集会に、私も参加します。
c0295254_11594992.jpg




c0295254_12000950.jpg






























[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-31 08:54 | 大学の軍事研究
2018年 03月 30日

絹布便り#2536:軍事研究をしない、京都大学における軍事研究に関する基本方針を歓迎する!

2018年3月30日(金)(憲法千話)

絹布便り#2536:軍事研究をしない、京都大学における軍事研究に関する基本方針を歓迎する!

2018年3月30日付『しんぶん赤旗』日刊紙は14面で報じるところでは、京大が3月28日に「軍事研究しない」方針を決定し、ホームページで発表したとのこと。

さっそくその声明文を調べたので、京都大学のホームページをそのまま紹介します。

なお、京都大学の山極寿一学長は、現在、学術会議の会長、および国立大学協会の会長も努めている。

京都大学における軍事研究に関する基本方針

 本学は、創立以来築いてきた自由の学風を継承し、地球社会の調和ある共存に貢献するため、研究の自由と自主を基礎に高い倫理性を備えた研究活動により、世界に卓越した知の創造を行うことを基本理念に掲げています。

 本学において研究に従事する全ての者は、この基本理念のもと、主体的判断により行う研究活動とその成果が将来に亘り地球社会に与え得る影響を自覚しながら、高次の専門的能力と総合的視野をもって社会からの信頼と負託に応えてゆくことが求められます。

 このことから、本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わないこととします。

 なお、個別の事案について判断が必要な場合は、総長が設置する常置の委員会において審議することとします。

国立大学法人京都大学


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-30 23:31 | 大学の軍事研究