岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:沖縄( 79 )


2018年 05月 23日

憲法便り#2620:沖縄に関する古書が、常に800冊以上ある「虹書店」紹介!(加筆版)

2018年5月23日(水)(憲法千話)
2018年5月24日(木)赤い字の部分を加筆
2018年5月27日(土)写真を追加

憲法便り#2620:沖縄に関する古書が、常に800冊以上ある「虹書店」紹介!

早稲田の古本屋街にある、虹書店。
現在、沖縄関係の古書が、棚21段に、ざっと数えて800冊以上ある。

本が売れない時代に、生き残りをかけて、品揃えを、特化している。

私は、以前、比嘉宇太郎著『名護六百年史』という名著を購入したことがあり、『憲法便り』でも何回か紹介している。

その他にも、全国各地での「自由民権運動」に関する本を、15冊ほど、まとめて購入したこともある。
自由民権運動100年を記念して出版されたものが集められていたからである。
土佐、山口、徳島、大阪、静岡、信州、

研究する者にとって、こうした「コレクション」に出会うことは、幸運である。

店主は、清水康雄さん。かれの了解を得て、以下に、住所と電話番号を記す。

電話&FAX 03-3203-5986
住所 169-0051 東京都新宿区西早稲田3丁目1番地7号

虹書店正面と沖縄関連の書棚(右側)(2018年5月26日撮影:岩田)
店先で本を選んでいる方から、写真を撮ることについて、了解を得ています。
c0295254_20461457.jpg

c0295254_20465555.jpg



因みに、2017年4月20日付『朝日新聞』夕刊4面で、「虹書店」の沖縄コーナーを中心とする棚が、カラ―写真で紹介されている。



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-05-23 22:20 | 沖縄
2018年 05月 23日

憲法便り#2620:沖縄に関する古書が、常に800冊以上ある「虹書店」紹介!

2018年5月23日(水)(憲法千話)

憲法便り#2620:沖縄に関する古書が、常に800冊以上ある「虹書店」紹介!

早稲田の古本屋街にある、虹書店。
現在、沖縄関係の古書が、棚21段に、ざっと数えて800冊以上ある。

本が売れない時代に、生き残りをかけて、品揃えを、特化している。

私は、以前、比嘉宇太郎著『名護六百年史』という名著を購入したことがあり、『憲法便り』でも何回か紹介している。

沖縄関係以外でも、全国各地での「自由民権運動」に関する本を、15冊ほど、まとめて購入したこともある。
自由民権運動100年を記念して出版されたものが集められていたからである。
土佐、山口、徳島、大阪、静岡、相州、信州、秩父、群馬、福島、加波山など。
これらの中には「事件」と呼ばれるものも多い。

研究する者にとって、こうした「コレクション」に出会うことは、幸運である。

店主は、清水康雄さん。
電話は、03-3203-5986(FAXも同じ)
住所は、東京都新宿区西早稲田3丁目1番地7号

下は、2017年4月20日付『朝日新聞』夕刊4面に紹介された虹書店の棚。
c0295254_21233209.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-05-23 22:17 | 沖縄
2018年 04月 19日

憲法便り#2567:「基地・軍隊はいらない! 4・29集会」のお知らせ!

2018年4月19日(木)(憲法千話)

憲法便り#2567:「基地・軍隊はいらない! 4・29集会」のお知らせ!
c0295254_20345055.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-19 20:35 | 沖縄
2018年 04月 19日

憲法便り#2566:琉球・沖縄シンポジウム 第7弾のお知らせ!

2018年4月19日(金)(憲法千話)

憲法便り#2566:琉球・沖縄シンポジウム 第7弾のお知らせ!

c0295254_20281456.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-19 20:30 | 沖縄
2018年 04月 16日

憲法便り#2230:11月8日(水)、故瀬長亀次郎さんのひ孫・Yさんに会いました!

2017年11月23日(木)(憲法千話)(2018年4月16日改訂)

憲法便り#2230:11月8日(水)、故瀬長亀次郎さんのひ孫・Yさんに会いました!

11月4日(土)に、日本共産党新宿地区委員会主催の衆院選報告会に参加した際に、笠井亮衆院議員に会いました。

その際に、お祝いに、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を、11月6日(月)に、参議院議員会館の議員事務室に届ける約束をしました。

ところが、当日、風邪をひいたせいで、37度5分の熱が出たので、翌日か、翌々日に変更したい旨を電話しました。
その際に、念のため、電話に出た女性秘書の名前を伺うと、セナガと聞こえました。

どのような字を書くのか聞いたところ、瀬長さんということが判りました。

私が、「あの瀬長亀治郎さんと同じ苗字ですが、ご親戚の方ですか』と質問すると、
「はい、瀬長亀治郎のひ孫デス」との返事。感激!

熱が下がった11月8日(水)午後に、議員会館の事務室を訪ねました。
迎えてくれたのは、Yさん。

私が、笠井議員への手紙と贈呈本といくつかの資料を渡し、説明をしていたところ、笠井議員が戻ってきて、
「風邪はどうですか?」と声をかけてくれました。
私が、「有難うございます、昨日まで寝ていました」「いま、瀬長さんに説明をしています」と答えると、
笠井さんは、「来客があるので、よろしく」と応じてから、奥の部屋へ入って行きました。

話が終わった後、私は、Yさんのために用意していたプレゼントを、バッグから取り出しました。
『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)と、『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を各一冊です。

私は、「もしも、瀬長亀治郎さんがご健在でしたら、カメジローさんに差し上げるものです。これをあなたに差し上げます」と言いながら、手渡しました。

彼女は、ロッカーにしまってある、議員時代の亀治郎さんが、沖縄から遊びに来た夫人、娘さん(Yさんの叔母)との3人で撮った写真を見せてくれた。彼女にとっては、宝物の写真だ。

彼女が笠井議員の秘書になるまでのことも聞きましたが、ここでは省略。

彼女がこの世に生を受けたとき、亀治郎さんは、現役を引退し、闘病生活を送っていた。
亀治郎さんが94歳でお亡くなりになった時は、まだ小学生だった。

だから、今年8月に公開された映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男、その名は、カメジロー』を見て、自分の曽祖父がどのような活動をしていたかを初めて知った。

彼女の話を聞いて、私も、この映画を必ず見ることに決め、事務室を辞した。

なんと素晴らしい出会い。
人生が、とても楽しい!

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-16 13:38 | 沖縄
2018年 04月 10日

憲法便り#2552:5/12(土)、稲嶺進前名護市長との交流のつどい「沖縄はあきらめない」のお知らせ!

2018年4月10日(火)(憲法千話)

憲法便り#2552:5/12(土)、稲嶺進前名護市長との交流のつどい「沖縄はあきらめない」のお知らせ!

沖縄まで行くことは、なかなか出来ません。

ですから、カンパやブログで情報を発信することで、闘いへの連帯を表明してきました。

今回も、このつどいに参加することで、連帯の気持ちを伝えたいと思っています。
c0295254_08424565.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-04-10 08:47 | 沖縄
2018年 03月 22日

憲法便り#2509:講演会「憲法と沖縄と私たちー検証! 安倍9条改憲」のお知らせ!

2018年3月22日(木)(憲法千話)

憲法便り#2509:講演会「憲法と沖縄と私たちー検証! 安倍9条改憲」のお知らせ!
c0295254_21530113.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-22 21:53 | 沖縄
2018年 03月 04日

憲法便り#2468:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノーNo.28】陸自ミサイル基地止めよう! 石垣市長選11日投票!

2018年3月4日(日)(憲法千話)

憲法便り#2468:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノーNo.28】陸自ミサイル基地止めよう! 石垣市長選11日投票!

安倍政権は、秋田、山口、そして、石垣島にも陸上自衛隊のミサイル基地配備をしようとしています。

近隣諸国との軍事的緊張を高め、それを梃子にして、ミサイル基地を増やそうという手口です。

軍拡競争の行き着くところは、戦争です。

私は、ミサイル基地には反対です。

「すべての施策は平和が土台。島内のどこにもミサイル基地は認めない」と訴えている、
石垣市長選の宮良みさお候補を応援します。

以下は、2018年3月4日付『しんぶん赤旗』日曜版32面を借用しました。
c0295254_16220874.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-04 16:22 | 沖縄
2018年 02月 26日

憲法便り#2462:ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」完成試写会の簡単な感想!

2018年2月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2462:ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」完成試写会の簡単な感想!

この試写会に参加した直後から、風邪の症状が長引き、感想を書くまでに至りませんでした。

以下には、2018年1月21日付『しんぶん赤旗』日刊紙5面を引用しています。

去る2月4日(日)、アップリング渋谷で開催されました。
上映は二回で、第一回:午後6時から、第二回午後8時15分~(『しんぶん赤旗』の記事の時間は誤り)

前売り1500円、当日1800円ですが、第一回午後6時からのチケットは完売。
主催者が会場を借りて実現した試写会なので、アップリング渋谷では、チケットの販売はしていませんでした。

主催者は、岩手県北上市にある、有限会社ロングラン 映像メディア事業部。
電話番号 0197(67)0714まで。

1965は、沖縄がまだ米軍の軍事占領下に置かれていた1965年の意味。
米軍トラックに、小さな女の子が轢かれた年。
たまたま、祖国復帰行進で、たまたまその現場を通りかかった時、
嬉野京子さんが、命がけで撮った一枚の写真(記事の上から3番目)が、この映画の原点です。

監督都鳥(とどり)信也さん、撮影・編集都鳥拓也さん、二人は岩手県北上市出身の双子の兄弟。

日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、2010年から、自殺防止の取り組みや、東日本大震災下の保健士などを追ったドキュメンタリー映画を作って来ました。

沖縄については、ほとんど予備知識を持たないところから、この映画を制作しているということです。

是非、見たいと思い、予約申し込みの電話をまししたが、狭い会場のため、昼の部は売り切れだったので、仕方なく、夜の部を予約。
午後8時15分に、監督、製作者、出演者のプレトークで始まり、上映は、8時35分スタート。上映終了は10時20分頃だったので、帰宅は午後11頃。かなり疲れました。

プレトークで、最も印象に残ったのは、元アメリカ海兵隊員アレン・ネルソンさんの声の朗読をした悠雲さんの話。
今年の正月のこと。家族が集まったところで、普段は口数の少ない、85歳になる父親が、「皆に話しておきたいことがある。戦争は絶対にいけない。戦争はむごいものだ。」父親は、平和の大切さを、涙を浮かべながら話したという。

父親は、いままで、このような話をしたことがなかった。
しかし、日本の政治の現状を見ていて、これだけは話しておかなけれならないと思ったのだろうという。

いま、戦争政策を進める安倍政権の危うさを見ていると、黙っていてはいけないと思う戦争体験世代が、使命感で語りつごうと重い口を開いている、印象的な話だった。
c0295254_18334679.jpg
c0295254_18341289.jpg



c0295254_19301169.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-26 20:25 | 沖縄
2018年 02月 07日

憲法便り#2428:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノーNo.27】今後の沖縄の闘いと、通称「在日米軍再編特別措置法」について考える!

2018年2月7日(水)(憲法千話)

憲法便り#2428:【沖縄Now(ナウ)・米軍基地ノーNo.27】今後の沖縄の闘いと、通称「在日米軍再編特別措置法」について考える!

名護市長選挙の結果は、本当に残念であった。
だが、辺野古の新基地建設反対闘争は、以下に引用する2018年2月6日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面下段の記事にあるように、新基地建設反対運動を、「あきらめない」。
自公が推薦した、相手候補は、新基地問題に言及せず、争点ぼかし、争点はずしをしていた。
したがって、今回の選挙結果が、新基地促進にたいして「白紙委任状」を与えたことにはならない。
c0295254_21432902.jpg

今回の選挙は、政府・自民党が、交付金を露骨にちらつかせて、地方自治に介入した、いわば憲法違反の選挙と考えられる。






























「在日米軍再編特別措置法」については、選挙期間中にすでに調べてあったが、あまりにも長文のため、ブログへの転載を保留にしていたが、検討のための資料として、以下に、衆議院のホームページから、転載する。

通称「在日米軍再編特別措置法」はの正式名称は、駐留軍等の再編の円滑な実施に関す る特別措置法」

法律第六十七号(平一九・五・三〇)

  ◎駐留軍等の再編の円滑な実施に関す る特別措置法

目次

 第一章 総則(第一条-第三条)

 第二章 再編関連特定周辺市町村に係る措置(第四条-第六条)

 第三章 再編関連振興特別地域に係る措置

  第一節 再編関連振興特別地域の指定(第七条)

  第二節 再編関連振興特別地域整備計画(第八条・第九条)

  第三節 事業の実施等(第十条-第十三条)

  第四節 駐留軍等再編関連振興会議(第十四条・第十五条)

 第四章 国際協力銀行の業務の特例(第十六条-第二十四条)

 第五章 駐留軍等労働者に係る措置(第二十五条)

 第六章 雑則(第二十六条)

 附則

   第一章 総則

 (目的)

第一条 この法律は、駐留軍等の再編を実 現することが、我が国の平和及び安全の維持に資するとともに、我が国全体として防衛施設の近隣住民の負担を軽減する上で極めて重要であることにかんがみ、駐留軍等の再編に よる住民の生活の安定に及ぼす影響の増加に配慮することが必要と認められる防衛施設の周辺地域における住民の生活の利便性の向上及び産業の振興並びに当該周辺地域を含む地 域の一体的な発展に寄与するための特別の措置を講じ、併せて駐留軍の使用に供する施設及び区域が集中する沖縄県の住民の負担を軽減するとの観点から特に重要な意義を有する 駐留軍のアメリカ合衆国への移転を促進するための国際協力銀行の業務の特例及びこれに対する政府による財政上の措置の特例等を定め、もって駐留軍等の再編の円滑な実施に資 することを目的とする。

 (定義)

第二条 この法律において、次の各号に掲 げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

 一 駐留軍 日本国とアメリカ合衆国と の間の相互協力及び安全保障条約に基づいて日本国にあるアメリカ合衆国の軍隊をいう。

 二 駐留軍等の再編 平成十八年五月一 日にワシントンで開催された日米安全保障協議委員会において承認された駐留軍又は自衛隊の部隊又は機関の編成、配置又は運用の態様の変更(当該変更が航空機(回転翼航空機 を除く。)を保有する部隊の編成又は配置の変更である場合にあっては、当該航空機を搭載し、当該部隊と一体として行動する艦船の部隊の編成又は配置の変更を含む。)をい う。

 三 防衛施設 日本国とアメリカ合衆国 との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定(第九条第一項第五号において「日米地位協定」という。) 第二条第一項の施設及び区域並びに自衛隊の施設(これらの設置又は設定が予定されている地域又は水域を含む。)をいう。

 (基本理念等)

第三条 駐留軍等の再編の実施に当たって は、これを迅速かつ一体的に実施するために必要となる措置が適切に講ぜられ、我が国を含む国際社会の安全保障環境の変化に的確に対応し得るよう配慮されなければならな い。

2 駐留軍等の再編の実施に当たっては、 これに関係する防衛施設の周辺地域の住民の福祉の向上に寄与するための措置が適切に講ぜられ、駐留軍等の再編に対する幅広い国民の理解が得られるよう配慮されなければなら ない。

3 関係行政機関の長は、駐留軍等の再編 の円滑かつ確実な実現のため、この法律に基づく措置その他の措置を実施するに当たっては、相互に密接な連携を図りながら協力しなければならない。

   第二章 再編関連特定周辺市町村に 係る措置

 (再編関連特定防衛施設の指 定)

第四条 防衛大臣は、駐留軍等の再編に当 たり、次の各号に掲げる事由のいずれかに該当し、又は該当すると見込まれる防衛施設であって、当該事由によるその周辺地域における住民の生活の安定に及ぼす影響の増加に配 慮することが必要と認められるものを再編関連特定防衛施設として指定することができる。

 一 駐留軍等の再編として、駐留軍若し くは自衛隊の部隊若しくは機関の編成が変更され、又はそれらが新たに配置されること。

 二 駐留軍等の再編として、他の防衛施 設に所在する駐留軍又は自衛隊の部隊又は機関が訓練のために新たに使用すること。

2 防衛大臣は、前項の規定による指定を しようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長と協議するものとする。

3 防衛大臣は、第一項の規定による指定 をしたときは、その旨を官報で公示するものとする。

 (再編関連特定周辺市町村の指 定)

第五条 防衛大臣は、再編関連特定防衛施 設の周辺地域をその区域とする市町村(政令で定める範囲内のものに限る。)について、前条第一項各号に掲げる事由による当該再編関連特定防衛施設の周辺地域における住民の 生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮し、当該市町村において再編関連特別事業(公共用の施設の整備その他の住民の生活の利便性の向上及び産業の振興に寄 与する事業であって、政令で定めるものをいう。次条において同じ。)を行うことが当該再編関連特定防衛施設における駐留軍等の再編の円滑かつ確実な実施に資するため必要で あると認めるときは、当該市町村を再編関連特定周辺市町村として指定することができる。

2 前条第二項及び第三項の規定は、前項 の規定による指定について準用する。

 (再編交付金)

第六条 国は、予算の範囲内において、政 令で定めるところにより、再編関連特定周辺市町村に係る再編関連特定防衛施設における駐留軍等の再編による住民の生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮 し、当該駐留軍等の再編の実施に向けた措置の進捗状況及びその実施から経過した期間に応じ、当該再編関連特定周辺市町村に対し、再編関連特別事業に係る経費に充てるため、 再編交付金を交付することができる。

   第三章 再編関連振興特別地域に係 る措置

    第一節 再編関連振興特別地域の 指定

第七条 防衛大臣は、都道府県知事の申出 により、駐留軍等再編関連振興会議の議に基づき、再編関連特定周辺市町村の区域及びこれに隣接する市町村の区域(自然的経済的社会的条件からみて当該再編関連特定周辺市町 村の区域と一体としてその振興を図る必要があると認められるものに限る。)からなる地域であって、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものを再編関連振興特別地域と して指定することができる。

 一 駐留軍等の再編による当該再編関連 特定周辺市町村の区域に対する影響が著しいものとして政令で定める場合に該当し、又は該当すると見込まれること。

 二 当該地域の振興を図ることが、当該 再編関連特定周辺市町村に係る再編関連特定防衛施設における駐留軍等の再編の円滑かつ確実な実施に資するため特に必要であると認められること。

2 都道府県知事は、前項の申出をしよう とするときは、あらかじめ、再編関連特定周辺市町村その他関係する市町村の長の意見を聴かなければならない。

3 防衛大臣は、第一項の規定による指定 をしたときは、その旨を官報で公示するものとする。

4 前三項の規定は、再編関連振興特別地 域の範囲を変更する場合について準用する。

    第二節 再編関連振興特別地域整 備計画

 (再編関連振興特別地域整備計画の決定 及び変更)

第八条 都道府県知事は、前条第一項の規 定による指定があったときは、再編関連振興特別地域の整備に関する計画(以下「再編関連振興特別地域整備計画」という。)の案を作成し、防衛大臣に提出するものとす る。

2 都道府県知事は、前項の再編関連振興 特別地域整備計画の案を作成しようとするときは、再編関連振興特別地域に含まれる区域をその区域とする市町村の長の意見を聴かなければならない。

3 防衛大臣は、駐留軍等再編関連振興会 議の議に基づき、再編関連振興特別地域整備計画を決定する。

4 防衛大臣は、再編関連振興特別地域整 備計画を決定したときは、その案を提出した都道府県知事にその旨を通知するものとする。

5 前各項の規定は、再編関連振興特別地 域整備計画を変更する場合について準用する。

 (再編関連振興特別地域整備計画の内容 等)

第九条 再編関連振興特別地域整備計画 は、次に掲げる事項について定めるものとする。

 一 再編関連振興特別地域の整備の基本 的方針に関する事項

 二 基幹的な交通施設の整備に関する事 項

 三 産業の振興に関する事項

 四 生活環境の整備に関する事 項

 五 再編関連振興特別地域に含まれる区 域に駐留軍用地跡地等(日米地位協定第二条第一項の施設及び区域に係る土地で駐留軍から返還されたもの並びに返還される予定のものをいう。)が所在する場合には、その利用 の促進に関する事項

 六 前各号に掲げるもののほか、再編関 連振興特別地域の整備に必要な事項

2 再編関連振興特別地域整備計画は、他 の法令の規定による地域振興又は社会資本の整備に関する計画と調和が保たれたものでなければならない。

    第三節 事業の実施等

 (事業の実施)

第十条 再編関連振興特別地域整備計画に 基づく事業は、この法律に定めるもののほか、当該事業に関する法令の規定に従い、国、地方公共団体その他の者が実施するものとする。

 (国の負担又は補助の割合の特例 等)

第十一条 再編関連振興特別地域整備計画 に基づく事業のうち、別表に掲げる事業で駐留軍等の再編による地域社会への影響の内容及び程度を考慮して速やかに実施することが必要なものとして政令で定めるものに要する 経費に係る国の負担又は補助の割合は、当該事業に関する法令の規定にかかわらず、同表に掲げる割合とする。ただし、再編関連振興特別地域が沖縄県の区域に含まれる場合にあ っては、沖縄振興特別措置法(平成十四年法律第十四号。これに基づく命令を含む。)の例により、再編関連振興特別地域が沖縄県の区域以外の区域に含まれる場合で他の法令の 規定により同表に掲げる割合を超える国の負担又は補助の割合が定められている場合にあっては、その定めるところによる。

2 国は、再編関連振興特別地域整備計画 に基づく事業のうち、別表に掲げる事業で駐留軍等の再編による地域社会への影響の内容及び程度を考慮して速やかに実施することが必要なものとして政令で定めるものに要する 経費に充てるため政令で定める交付金を交付する場合においては、政令で定めるところにより、当該経費について前項の規定を適用したとするならば国が負担し、又は補助するこ ととなる割合を参酌して、当該交付金の額を算定するものとする。

3 国は、前二項に規定する事業のほか、 再編関連振興特別地域整備計画に基づく事業で政令で定めるものに要する経費については、地方公共団体その他の者に対して、予算の範囲内で、その全部又は一部を補助すること ができる。

 (地方債についての配慮)

第十二条 地方公共団体が再編関連振興特 別地域整備計画に基づいて行う事業に要する経費に充てるために起こす地方債については、国は、地方公共団体の財政状況が許す限り起債ができるよう、及び資金事情が許す限り 財政融資資金をもって引き受けるよう特別の配慮をするものとする。

 (財政上及び金融上の措置)

第十三条 国は、前二条に定めるもののほ か、再編関連振興特別地域整備計画を達成するために必要があると認めるときは、再編関連振興特別地域整備計画に基づく事業を実施する者に対し、財政上及び金融上の措置を講 ずるよう努めなければならない。

    第四節 駐留軍等再編関連振興会 議

 (駐留軍等再編関連振興会議の設置及び 所掌事務等)

第十四条 防衛省に、駐留軍等再編関連振 興会議(以下「会議」という。)を置く。

2 会議は、次に掲げる事務をつかさど る。

 一 再編関連振興特別地域に関し、第七 条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理すること。

 二 再編関連振興特別地域整備計画に関 し、第八条第三項(同条第五項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理すること。

 三 前二号に掲げるもののほか、再編関 連振興特別地域の整備に関する重要事項を調査審議すること。

3 再編関連振興特別地域整備計画に定め られた事項を所管する関係行政機関の長は、当該事項の達成状況について、毎年度、会議に報告しなければならない。

 (会議の組織等)

第十五条 会議は、議長及び第四項各号に 掲げる議員をもって組織する。

2 議長は、防衛大臣をもって充て る。

3 議長は、会議の議事を整理す る。

4 議員は、次に掲げる者をもって充て る。

 一 総務大臣

 二 外務大臣

 三 財務大臣

 四 文部科学大臣

 五 厚生労働大臣

 六 農林水産大臣

 七 経済産業大臣

 八 国土交通大臣

 九 環境大臣

 十 内閣官房長官

 十一 内閣府設置法(平成十一年法律第 八十九号)第九条第一項に規定する特命担当大臣のうちから、内閣総理大臣が指定する者

5 会議は、前条第二項第二号に規定する 事項については、再編関連振興特別地域整備計画に定めるべき事項を所管する大臣である議員の賛成がなければ、議決することができない。

6 前各項に定めるもののほか、会議の組 織及び運営に関し必要な事項は、政令で定める。

   第四章 国際協力銀行の業務の特 例

 (国際協力銀行の業務の特例)

第十六条 国際協力銀行は、国際協力銀行 法(平成十一年法律第三十五号)第一条及び第二十三条の規定にかかわらず、第一条の目的を達成するため、次に掲げる業務(以下「駐留軍再編促進金融業務」という。)を行う ことができる。

 一 駐留軍移転促進事業(駐留軍等の再 編に伴いアメリカ合衆国において実施される事業で駐留軍のアメリカ合衆国への移転を促進するために必要なものとして政令で定めるものをいう。次号において同じ。)に係る資 金の貸付け、当該資金に係る金融機関(銀行法(昭和五十六年法律第五十九号)に規定する銀行その他政令で定めるものに限る。)の貸付債権の譲受け、当該資金に係る債務の保 証、当該資金を調達するために発行された債券の取得又は当該債券に係る債務の保証を行うこと。

 二 駐留軍移転促進事業に係る資金の出 資をすること。

 三 前二号の業務に関連して必要な調査 を行うこと。

 四 前三号の業務に附帯する業務を行う こと。

2 国際協力銀行法第二十五条第一項及び 第二項の規定は、駐留軍再編促進金融業務については、適用しない。

 (国際協力銀行による貸付け及び出資の 制限)

第十七条 国際協力銀行は、前条第一項第 一号の資金の貸付けに係る業務であって無利子のものについては、第二十一条の規定による政府からの無利子の貸付けを受けた金額を超えて、これを行ってはならない。

2 国際協力銀行は、前条第一項第二号の 業務については、政府から駐留軍再編促進金融業務に係る資金に充てるべきものとして国際協力銀行法第五条第二項の規定による出資があった金額を超えて、これを行ってはなら ない。

 (区分経理)

第十八条 国際協力銀行は、駐留軍再編促 進金融業務に係る経理については、その他の業務に係る経理と区分し、特別の勘定(以下「駐留軍再編促進金融勘定」という。)を設けて整理しなければならない。

 (利益及び損失の処理並びに国庫納付 金)

第十九条 国際協力銀行は、毎事業年度、 駐留軍再編促進金融勘定の損益計算において利益を生じたときは、前事業年度から繰り越した損失をうめ、なお残余があるときは、当該残余の額を、積立金として、駐留軍再編促 進金融勘定に係る資本金の額(第二十二条第一項の規定により読み替えて適用する国際協力銀行法第五条に規定する資本金のうち、駐留軍再編促進金融勘定に区分された額をい う。以下同じ。)と同額に達するまでは、積み立てなければならない。

2 国際協力銀行は、毎事業年度、駐留軍 再編促進金融勘定の損益計算において損失を生じたときは、前項の規定による積立金を減額して整理し、なお不足があるときは、その不足額は、繰越欠損金として整理しなければ ならない。

3 第一項の積立金は、駐留軍再編促進金 融勘定において生じた損失の補てんに充てる場合を除いては、取り崩してはならない。

4 国際協力銀行は、第一項の規定による 残余の額から同項の規定により積立金として積み立てた額を控除した残額を、翌事業年度の五月三十一日までに国庫に納付しなければならない。

5 国際協力銀行法第四十四条第六項及び 第七項の規定は、前項の規定による国庫納付金について準用する。

 (借入金等の限度額)

第二十条 第二十二条第一項の規定により 読み替えて適用する国際協力銀行法第四十五条第一項の規定による駐留軍再編促進金融勘定における借入金の現在額は、駐留軍再編促進金融勘定に係る資本金の額及び前条第一項 の積立金の額の合計額に政令で定める倍数を乗じて得た額(次項において「借入金の限度額」という。)を超えることとなってはならない。

2 第十六条第一項の規定による資金の貸 付け、貸付債権の譲受け及び債券の取得の現在額、資金に係る債務の保証及び債券に係る債務の保証の現在額並びに出資の現在額の合計額は、駐留軍再編促進金融勘定に係る資本 金の額、前条第一項の積立金の額及び借入金の限度額の合計額を超えることとなってはならない。

 (政府からの資金の貸付け)

第二十一条 政府は、予算の範囲内におい て、国際協力銀行に対し、国際協力銀行法第五条第二項の規定による出資に代えて駐留軍再編促進金融業務に係る資金を無利子で貸し付けることができる。

 (国際協力銀行法の適用等)

第二十二条 駐留軍再編促進金融業務が行 われる場合には、次の表の上欄に掲げる国際協力銀行法の規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句とする。

第五条第三項

第四十一条第一項

第四十一条第一項及び駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法(平成十九年法律第六十七号。以下「駐留軍再編特別措置法」と いう。)第十八条

 

同項各号の業務

同項各号の業務及び駐留軍再編促進金融業務(駐留軍再編特別措置法第十六条第一項に規定する駐留軍再編促進金融業務をいう。以下同 じ。)

第十四条第二項第一号

、この法律に基づく

若しくは駐留軍再編特別措置法、これらの法律に基づく

第二十七条第二項

外務省令・財務省令

外務省令・財務省令(駐留軍再編促進金融業務に係るものについては、財務省令・防衛省令)

第三十条第六項、第三十四条第四項、第三十八条第三項、第三十九条第三項、第四十条第五項及び第四十三条第六項

外務大臣

外務大臣及び防衛大臣

第四十五条第一項

国際協力銀行債券

その業務(駐留軍再編促進金融業務を除く。)を行うために必要な資金の財源に充てるため、国際協力銀行債券

第四十五条第二項

第四十一条第一項

第四十一条第一項及び駐留軍再編特別措置法第十八条

 

同項各号の業務

同項各号の業務及び駐留軍再編促進金融業務

第四十八条

海外経済協力業務

海外経済協力業務及び駐留軍再編促進金融業務

第五十一条

これに

駐留軍再編特別措置法並びにこれらに

第五十二条及び第五十三条第一項

この法律

この法律又は駐留軍再編特別措置法

第五十八条

第五十三条第一項

第五十三条第一項(駐留軍再編特別措置法第二十二条第一項の規定により読み替えて適用する場合を含む。以下この条において同 じ。)

 

同項

第五十三条第一項

第五十九条第四号

第二十三条

第二十三条及び駐留軍再編特別措置法第十六条第一項

第五十九条第七号

第五十二条第二項

第五十二条第二項(駐留軍再編特別措置法第二十二条第一項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)

2 駐留軍再編促進金融業務及び駐留軍再 編促進金融勘定に関する事項については、国際協力銀行法第十条第五項並びに第五十三条の二第一項及び第二項並びに前項の規定により読み替えて適用する同法第十四条第二項第 一号、第五十二条、第五十三条第一項及び第五十九条第七号に規定する主務大臣は、財務大臣及び防衛大臣とする。

 (駐留軍再編促進金融勘定の廃 止)

第二十三条 国際協力銀行は、駐留軍再編 促進金融業務を終えたときは、駐留軍再編促進金融勘定を廃止するものとする。

2 国際協力銀行は、駐留軍再編促進金融 勘定の廃止の際、駐留軍再編促進金融勘定に残余財産があるときは、当該残余財産の額を国庫に納付しなければならない。

3 国際協力銀行は、第一項の規定により 駐留軍再編促進金融勘定を廃止したときは、その廃止の時における駐留軍再編促進金融勘定に係る資本金の額により資本金を減少するものとする。

 (罰則)

第二十四条 次の各号のいずれかに該当す る場合には、その違反行為をした国際協力銀行の役員又は職員は、二十万円以下の過料に処する。

 一 第十七条第一項の規定に違反して資 金の貸付けをし、又は同条第二項の規定に違反して出資をしたとき。

 二 第二十条第一項の規定に違反して資 金の借入れをし、又は同条第二項の規定に違反して資金の貸付け、貸付債権の譲受け、債券の取得、資金に係る債務の保証、債券に係る債務の保証若しくは出資をしたと き。

   第五章 駐留軍等労働者に係る措 置

第二十五条 国は、駐留軍等の再編に当た っては、駐留軍等労働者(独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構法(平成十一年法律第二百十七号)第三条に規定する駐留軍等労働者をいう。)について、その雇用の継続に 資するよう、独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構を通じた技能教育訓練その他の適切な措置を講ずるものとする。

   第六章 雑則

 (省令への委任)

第二十六条 この法律に定めるもののほ か、この法律の施行に関し必要な事項は、防衛省令で定める。

   附 則

 (施行期日)

第一条 この法律は、公布の日から起算し て三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

 (この法律の失効)

第二条 この法律は、平成二十九年三月三 十一日限り、その効力を失う。

2 前項の規定にかかわらず、再編関連特 定防衛施設に係る駐留軍等の再編の実施の年度の開始の日(以下この項において「再編実施基準日」という。)から前項に規定する日までの期間が五年に満たない場合又は再編実 施基準日が同項に規定する日後となる場合における当該再編関連特定防衛施設に係る再編交付金の交付については、第六条の規定は、再編実施基準日から起算して五年を経過する 日又は平成三十四年三月三十一日のいずれか早い日(次項において「交付終了日」という。)までの間、なおその効力を有する。

3 前二項の規定にかかわらず、再編交付 金に基づく事業で、第一項に規定する日(前項に規定する場合にあっては、交付終了日。以下この項において同じ。)後に繰り越される再編交付金に係るものについては、第六条 の規定は、第一項に規定する日後も、なおその効力を有する。

4 第一項の規定にかかわらず、再編関連 振興特別地域整備計画に基づく事業で、同項に規定する日後に繰り越される国の負担金、補助金又は交付金に係るものについては、第十一条の規定は、同項に規定する日後も、な おその効力を有する。

5 第一項の規定にかかわらず、第四章の 規定は、同項に規定する日後も、当分の間、なおその効力を有する。

 (簡素で効率的な政府を実現するための 行政改革の推進に関する法律との関係)

第三条 駐留軍再編促進金融業務は、簡素 で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律(平成十八年法律第四十七号。以下この条において「行革推進法」という。)第十二条第二項の規定の適用について は、国際協力銀行法第二十三条第一項に規定する国際金融等業務とみなして行革推進法第四条に規定する新政策金融機関に承継させるものとし、当該駐留軍再編促進金融業務につ いては、同条の規定は、適用しない。

 (防衛省設置法の一部改正)

第四条 防衛省設置法(昭和二十九年法律 第百六十四号)の一部を次のように改正する。

  附則第二項の表に次のように加え る。

平成二十九年三月三十一日までの間

一 駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法(平成十九年法律第六十七号)第四条第一項の規定による再編関連特定防衛施設の 指定及び同法第五条第一項の規定による再編関連特定周辺市町村の指定に関すること。

 

二 再編関連振興特別地域(駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法第七条第一項に規定するものをいう。以下同じ。)の指定 に関すること。

 

三 再編関連振興特別地域整備計画(駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法第八条に規定するものをいう。)の作成に関する こと。

 

四 再編関連振興特別地域の整備に関する重要事項に係る関係行政機関の事務の連絡調整に関すること。

駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法第六条の規定が効力を有する間

同条の規定による再編交付金の交付に関すること。

駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法第四章の規定が効力を有する間

同法第十六条第一項の規定による駐留軍再編促進金融業務に係る資金の貸付け及び出資並びに同法第二十二条第一項の規定により読み替 えて適用する国際協力銀行法(平成十一年法律第三十五号)第四十八条の規定による交付金の交付(当該駐留軍再編促進金融業務に要する費用に係るものに限る。)に関するこ と。

  附則第五項を次のように改め る。

  (特別の機関の設置の特例)

 5 平成二十九年三月三十一日までの 間、駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法の定めるところにより、防衛省本省に、駐留軍等再編関連振興会議を置く。

  附則第六項から第十七項までを削 る。

  附則第十八項中「ものの外」を「もの のほか」に改め、同項を附則第六項とする。

別表(第十一条関係)

事業の区分

国の負担又は補助の割合

土地改良

土地改良法(昭和二十四年法律第百九十五号)第二条第二項に規定する土地改良事業

十分の五・五

漁港

漁港漁場整備法(昭和二十五年法律第百三十七号)第三条第一号に掲げる基本施設又は同条第二号に掲げる機能施設のうち輸送施設若し くは漁港施設用地(公共施設用地に限る。)の修築

十分の五・五

港湾

港湾法(昭和二十五年法律第二百十八号)第二条第二項に規定する重要港湾における同条第五項に規定する港湾施設のうち水域施設、外 郭施設、係留施設又は臨港交通施設(以下「水域施設等」という。)の建設及び改良

十分の五・五(港湾法第四十二条第一項に規定する国土交通省令で定める小規模な水域施設、外郭施設又は係留施設の建設及び改良にあ っては、十分の四・五)

  

港湾法第二条第二項に規定する地方港湾における水域施設等の建設及び改良

十分の四・五

道路

道路法(昭和二十七年法律第百八十号)第二条第一項に規定する道路の新設及び改築

十分の五・五

水道

水道法(昭和三十二年法律第百七十七号)第三条第二項に規定する水道事業又は同条第四項に規定する水道用水供給事業の用に供する同 条第八項に規定する水道施設の新設及び増設

十分の三

下水道

下水道法(昭和三十三年法律第七十九号)第二条第三号に掲げる公共下水道又は同条第四号に掲げる流域下水道の設置及び改 築

十分の五・五

義務教育施設

義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律(昭和三十三年法律第八十一号)第二条第一項に規定する義務教育諸学校のうち公 立の小学校、中学校又は中等教育学校の前期課程の同条第二項に規定する建物の新築、増築及び改築並びに学校給食法(昭和二十九年法律第百六十号)第三条第二項に規定する義 務教育諸学校のうち公立の小学校、中学校又は中等教育学校の前期課程の同条第一項に規定する学校給食の開設に必要な施設の整備

十分の五・五

(総務・外務臨時代理・財務・文部科学・厚生労働・農林水産臨時代理・国土交 通・防衛・内閣総理大臣署名)



























[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-07 12:40 | 沖縄