人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:名著・名文・名言紹介( 44 )


2018年 12月 01日

憲法便り#2784:【名著と講演の紹介】末浪靖司著『機密解禁文書にみる日米同盟ーアメリカ国立公文書館からの報告』

2018年12月1日(土)(憲法千話)

憲法便り#2784:【名著と講演の紹介】末浪靖司著『機密解禁文書にみる日米同盟ーアメリカ国立公文書館からの報告』!


昨日、代々木の「美和書店」でこの本を購入した。

月並みな表現ですが、「すごい本」です。最近の若者ことばで言えば「ハンパない」ということ。

著者の末浪さんは、1939年生まれ。2005年米議会図書館訪問を皮切りに、単身アメリカ国立公文書館に通い続け、解禁された機密文書の中から、日米安保・地位協定秘密交渉の「恐るべき」内幕を明らかにした本書をはじめ、一連の著作を世に出してきた。

学ぶことがとても多い。例えば、

「同盟は、英語で、ALLIANCE(アライアンス)です。防衛学会編『国防用語辞典』には、「同盟 alliance ある政治状況の下で、一定の軍事的行動をとることを明示した国家間協定関係」とあります。
 岩波小辞典「国際問題」には、同盟とは「狭義においては、二国または数国が、応援義務発生の場合、共同して戦争に従事する約束」と書かれています。」

最近、マスコミの報道で、日米同盟、日米同盟の強化、などど頻繁に報じられますが、これは正しくは、日米軍事同盟、日米軍事同盟の強化です。

この本の著者である末浪さんを講師に迎えて、下記の講演会行われます。

 「もうひとつの戦後」研究会
「対米密約と安保条約・地位協定」
~アメリカ国立公文書が語る日米高官の密約と詭弁~

日 時:12月8日(土)午後3時~午後6時
場 所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館405教室
参加費:500円(但し、高校生、青年、学生、院生、26歳未満は無料)
主催団体:「すべての大学に教養科目『戦後世界史と日本』を!市民ネットワーク』








by kenpou-dayori | 2018-12-01 23:03 | 名著・名文・名言紹介
2018年 11月 30日

憲法便り#2783:入管法改正案の強行採決、委員長職権よる憲法審査会の一方的な開催は、国会審議の破壊であり、断固抗議する!

2018年11月30日(金)(憲法千話)

憲法便り#2783:入管法改正案の強行採決、委員長職権よる憲法審査会の一方的な開催は、国会審議の破壊であり、断固抗議する!

国会運営があまりにも乱暴である。

乱暴という言葉では足りない、国会の審議の権利を破壊する暴挙が続いている。

かつて、文部省は、中学生用の教科書『あたらしい憲法のはなし』で、国会について次のように説明している。

「民主主義は、國民が、みんなでみんなのために國を治めて行くことです。しかし、國民の数はたいへん多いのですから、だれかが、國民ぜんたいに代わって國の仕事をするよりほかありません。この國民に代わるものが「國会」です。まえにも申しましたように、國民は國を治めてゆく力、すなわち主権をもっているのです。この主権をもっている國民に代わるものが国会ですから、國会は國でいちばん高い位にあるもので、これを「最高機関」といいます。
(以下、略。このあとは、画像の文章を参考にして下さい)

来年の参院選で、野党共闘が大きな勝利をおさめ、国会の正常な審議を取り戻し、安倍政権の暴走に終止符を打ちたいと思います。
c0295254_21250340.jpg


c0295254_21244628.jpg






by kenpou-dayori | 2018-11-30 21:30 | 名著・名文・名言紹介
2018年 10月 08日

憲法便り#2773:【必読の書紹介】秋山 久著『君は玉音放送を聞いたか ー ラジオと戦争』(旬報社、2018年8月)!

2018年10月8日(月)(憲法千話)

憲法便り#2773:【必読の書紹介】秋山 久著『君は玉音放送を聞いたか ー ラジオと戦争』(旬報社、2018年8月)!

最近、「読書の秋」という言葉を聞かなくなったような気がする。

だが、出版界を応援するため、今回も、本の話題を提供したい。

近所の図書館の「新着コーナー」で、この本の出合った。

ざっと目を通したが、なかなかの力作である!

じっくりと読むために、三日前に、拙著の販売でいつも大変お世話になっている「美和書店」に取り寄せをお願いした。

私は、『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を執筆するために、国立国会図書館に所蔵のない地方紙を調べるため、北は仙台から、南は鳥取、広島、高松、徳島まで全国各地に足を運んだ。

だが、その時から、ラジオはどのような報道をしていたのか、気になりながら、詳しく調べることまで手がけることが出来ないでいた。

勿論、新聞報道された吉田茂首相や、芦田均のラジオ放送の原稿などは、拙著のなかで紹介してきているが必要最小限に止まっている。

ここに紹介する『君は玉音放送を聞いたか』は、以下の構成である。

はじめに
第1章「終戦詔書」が放送されるまで
第2章 戦争の犠牲者310万人
第3章 政府の監視下で始まった放送
第4章 国策放送からGHQラジオコードへ
あとがき
番外
コラム

内容が密な272頁なので、かなり読み応えがある。

私は、1942年9月2日に、3歳になる直前、玉音放送が流れる場面にいた。
しかし、私は何も憶えていない。

四つ年上の姉は、その時のことをよく憶えている。
母が、子供たちをラジオの前に整列させて、自らも立ったまま、怒ったような顔をして聞いていたという。

私たちは、母方の親戚を頼って、最初は小高、その後、小名浜に引越し、農家である親戚の離れに住まわせてもらっていた。
その小名浜で、8月9日に、米軍機に爆撃され、焼夷弾の直撃を受けた、親戚の離れは全焼、さらに母屋も全焼した。

近々、伊東達也さんの『いわきの戦災』という文章を、このブログで紹介する予定である。

最後にひとこと。
このブログを読んで下さる方には、「玉音放送」を「たまおと放送」と読む方がいないことを願う。

c0295254_12365650.jpg




by kenpou-dayori | 2018-10-08 12:57 | 名著・名文・名言紹介
2018年 10月 03日

憲法便り#2668:【名著紹介】久保つぎこ著『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(2018年7月)

2018年10月3日(水)

憲法便り#2668:【名著紹介】久保つぎこ著『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(2018年7月)

初版は、『君たちは忘れない 疎開保育園物語』(草土文化、1982)であった。

今回は、映画化の話が進行し、映画と同名の『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)となった。

学童疎開については、いろいろと語られており、私も白河に講演に招かれた際に、同じ会場で展示されていた、学童疎開の記録を拝見する機会がありました。

しかしながら、疎開保育園は、他に著作や記録を知りません。

本書は、綿密な取材に基づいており、記録として重要であると思います。

著者の久保つぎこさんは、私の妻の大学時代からの親友であり、私もよく存じ上げているので、応援をするために紹介した次第です。
c0295254_21583988.jpg



by kenpou-dayori | 2018-10-03 22:02 | 名著・名文・名言紹介
2018年 05月 31日

憲法便り#2634:昨日の午後、新高円寺の勝文堂書店で、昭和24年4月刊の文部省教科書『民主主義』を入手しました!

2018年5月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#2634:昨日の午後、新高円寺の勝文堂書店で、昭和24年4月刊の文部省教科書『民主主義』を入手しました!

西神田にある「九条の会」事務局に3000万署名を届けたあと、新高円寺駅近くにある勝文堂書店に向かいました。
夕方4時ごろは、天気予報の通り、土砂降りの雨となりました。

資料集めは、書店に足を運んで、「現物を確かめる」、それが原則です。

国立国会図書館のデジタル資料で、すでに内容は判っているので、今回の興味は、「旧蔵者は誰だったのか」ということです。


c0295254_21100324.jpg



















この下に、「神奈川警察学校」とあります。

昭和二十年代は、「警察の民主化」が、大きな課題でした。


c0295254_21103721.jpg
















すでに、『憲法便り#2628』で、一度紹介した文章ですが、再録します。


二 下から上への権威

 民主主義の反対は独裁主義である。独裁主義は権威主義ともよばれる。なぜならば、独裁主義の下では、上に立っている者が権威を独占して、下にある人々を思うがままに動かすからである。国王や、独裁者や、支配者たちは、あるいは公然と、あるいは隠れて、事を決し、政策を定め、法律を作る。そうして、一般の人々は、ことのよしあしにかかわらずそれに従う。その場合に、権威を独占している人間は、下の人たちにじょうずにお世辞を言ったり、これをおだてたり、土岐にはほめたたえたりするであろう。ししその人たちはどこまでも臣民であり、臣下である。そうして臣下は、その主人の命令に、その気まぐれな意思にさえ、無条件に従わせられる。

 だから独裁主義は、専制主義とか、全体主義とか、ファシズムとか、ナチズムとか、そのほかいろいろな形をとって現れるが、その間には根本の共通点がある。それは、権威をもっている人間が、普通一般の人々を軽蔑し、見おろし、一般人の運命に対して少しも真剣な関心をいだかないという点である。




by kenpou-dayori | 2018-05-31 21:19 | 名著・名文・名言紹介
2018年 04月 20日

憲法便り#2569:【名著紹介】前田朗著『旅する平和学ー世界の戦地を歩き 傷跡から考える』(彩流社、2017年4月刊)を紹介します!

2018年4月19日(木)(憲法千話)

憲法便り#2569:【名著紹介】前田朗著『旅する平和学ー世界の戦地を歩き 傷跡から考える』(彩流社、2017年4月刊)を紹介します!

出版社のご了解を得て、表紙、目次、そして地図の部分をスキャンして紹介します。

『旅する平和学』という表題は、「旅をしながら平和を考える」というような感じです。
なにか、紀行文を集めたものかなという第一印象です。

ところが、この本の中味は、調査・研究、そして国際会議への参加のため、旅をしたこと、調査内容、会議の中味が、びっしりと書かれています。

抽象的、一般的な平和論ではなく、実証的、法論理的、行動的な平和論に基づく活動の記録です。

面白いので、4月13日(金)の夜から読み始め、4月14日(土)の国会前大行動をはさんで、4月15日の午前中に、205頁を一気に読み終えました。
そのおかげで、いままで、単語としては知っていても、実際の内容が知識として伴っていなかったことが、ほとんどつながって、理解できるようになりました。

著者の前田朗さんは、東京造形大学教授で、専攻は、刑事人権論、戦争犯罪論。

あとがきによると、普通の観光旅行はしたことがないそうです。

初めて訪問した外国は、朝鮮民主主義人民共和国、35歳の時。
それから27年を経て、訪問した国は50カ国を超えている。
1994年からは、ジュネーブの国連欧州本部で開催される国連人権委員会(現在の国連人権理事会)に通い続け、当地への旅も50回に達しています。

著者は、その旅の中で、さまざまな人権問題、平和問題に真正面から取り組んできています。

本書の目次は、つぎの通り。
第1章 21世紀の戦争と抵抗
第2章 植民地主義、差別、ジェノサイド
第3章 アイヌ先住民族の権利
第4章 植民地主義と戦争の傷跡
第5章 平和の島オーランド
第6章 ピース・ゾーンの作り方
第7章 軍隊のない国家を訪ねて
第8章 平和への権利を求めて
あとがき
地図 この本で旅する地域

とにかく、幅広いです。皆さんに、是非とも、お勧めします。
定価2,000円+税です。

c0295254_09584031.jpg



c0295254_10061281.jpg


c0295254_11355721.jpg


by kenpou-dayori | 2018-04-20 20:59 | 名著・名文・名言紹介
2018年 04月 07日

憲法便り#2545:【名著紹介】小渕優子さんが、ぜひ読んでほしい、前川喜平/寺脇研著『これからの日本、これからの教育』!

2018年4月7日(土)(憲法千話)

憲法便り#2545:【名著紹介】小渕優子さんが、ぜひ読んでほしい、前川喜平/寺脇研著『これからの日本、これからの教育』!

この本については、すでに、2018年3月26日(月)付『憲法便り#2524』で、簡単に紹介してある。(文末に、【再録】)

だが、今回は、一歩踏み込んで紹介したい。

『第2章 改革派の誕生』の最後の節の小見出しは、「●小渕総理と「ゆとり教育」」(80-84頁)。

この節は、改革派として、省内で闘い続けた寺脇研さんの、回想を中心としている。

この部分を読んでいて、私は、思わず涙を流した。

自民党の政治家、それも、総理大臣についての話を読んでいて涙を流したのは、勿論、これが初めて。

寺脇研さんは、最初、凡庸だとおもっていた小渕総理を、掛け値なしにほめている。それが意外であり、新鮮であった。

詳しく紹介すると、著作権にかかわって来る。

でも、どうしても、最後の3行だけは、伝えておきたい。

寺脇 そう、小渕さんがあのとき死ななかったら、日本は変わったと思う。
前川 本当に・・・・。いい人って、短命なんですかね。
寺脇 少なくとも新自由主義が今ほど席捲(せっけん)することはなかった。

小渕優子さん、せひ、この本を、私費で買って読んで下さい。

あなたの政治に対する見方が、変わるはずです。

国民から、どんなに辞めろと言われても、政権の座にしがみついている独裁者ではなく、
死んでからも、心から慕われる政治家を目指して欲しい。

******************************************

【再 録】
2018年3月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2524:昨日午後、前文部科学省事務次官・前川喜平さんの講演を聞き、著書を二点購入しました!ぜひとも皆さんにお勧めしたい本です!(加筆版)

昨3月25日(日)午後、アクロス荒川一階ホールで開催された講演会と交流会に参加してきました。

講演のテーマは、「夜間中学の教育を前進させるために必要なことー全国での増設のために何が必要か?」

1時間ほどの講演でしたが、とても具体的で、説得力がありました。
そして、誠実な人柄が伝わってきました。

ですから、敬意を表して、『夜間中学と日本の教育の未来』、および共著『これからの日本、これからの教育』を、各一冊購入しました。

『夜間中学と・・・』は、前川さんが、文科相事務次官在任中に、憲法・教育・夜間中学について語った講演録が一冊にまとめられたもの。
「第1章 夜間中学と日本の教育の未来」は、2016年10月29日に、かわぐち市民パートナーステーションで行われた講演の記録。
これは、埼玉に夜間中学を作る会・川口自主夜間中学三十一周年集会において話されたことですが、これをテキストにして、学習会ができるような、中味が濃いけれども、判り易い、素晴らしい内容です。考え方が非常に柔軟で、このような人物が文部事務次官だったのかと、驚きです。

ところで、この講演のはじめの部分で、重要な発言をしていますので、ここで紹介しておきます。
「私は文部科学省の前身であります文部省に入ってもう三十八年になりますが、どちらかというと文部省の中では異端というか少数派で、あまり組織全体の体制の考え方にはなじめない、居心地の悪さをずっと感じながら仕事をしてきました。しかし、居心地が悪いながらもとりあえず真面目に仕事はしてきましたので、階段は登ってきたわけです。それでこれ以上段がないところまできてしまいましたが、来年はおそらく辞めていると思います。ですから、次は事務次官として来ることはできませんので、今年が最後かなと思います。」

これは、まだ「文科省の天下り問題」が、報道される前のことです。
その後の、「前川攻撃」のありようとの関連を、検証する必要があると思っています。

『これからの日本、これからの教育』は、退任後の前川さんと、文科相の先輩である寺脇研さんとの対談が収められたものです。この本の、「逆風の中のヨットのようにーー「はじめに」代えて」、および巻末に付録として収録された「前川喜平氏が文科相退官時に全職員へ送ったメール(抄録)」は、感動的です。
中味にはふれません。

ぜひ、書店か図書館で、この本を手にとって読んでいただきたいと思います。
c0295254_13070803.jpg



by kenpou-dayori | 2018-04-07 09:32 | 名著・名文・名言紹介
2018年 03月 26日

憲法便り#2524:昨日午後、前文部科学省事務次官・前川喜平さんの講演を聞き、著書を二点購入しました!ぜひとも皆さんにお勧めしたい本です!(加筆版)

2018年3月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2524:昨日午後、前文部科学省事務次官・前川喜平さんの講演を聞き、著書を二点購入しました!ぜひとも皆さんにお勧めしたい本です!(加筆版)

昨3月25日(日)午後、アクロス荒川一階ホールで開催された講演会と交流会に参加してきました。

講演のテーマは、「夜間中学の教育を前進させるために必要なことー全国での増設のために何が必要か?」

1時間ほどの講演でしたが、とても具体的で、説得力がありました。
そして、誠実な人柄が伝わってきました。

ですから、敬意を表して、『夜間中学と日本の教育の未来』、および共著『これからの日本、これからの教育』を、各一冊購入しました。

『夜間中学と・・・』は、前川さんが、文科相事務次官在任中に、憲法・教育・夜間中学について語った講演録が一冊にまとめられたもの。
「第1章 夜間中学と日本の教育の未来」は、2016年10月29日に、かわぐち市民パートナーステーションで行われた講演の記録。
これは、埼玉に夜間中学を作る会・川口自主夜間中学三十一周年集会において話されたことですが、これをテキストにして、学習会ができるような、中味が濃いけれども、判り易い、素晴らしい内容です。考え方が非常に柔軟で、このような人物が文部事務次官だったのかと、驚きです。

ところで、この講演のはじめの部分で、重要な発言をしていますので、ここで紹介しておきます。
「私は文部科学省の前身であります文部省に入ってもう三十八年になりますが、どちらかというと文部省の中では異端というか少数派で、あまり組織全体の体制の考え方にはなじめない、居心地の悪さをずっと感じながら仕事をしてきました。しかし、居心地が悪いながらもとりあえず真面目に仕事はしてきましたので、階段は登ってきたわけです。それでこれ以上段がないところまできてしまいましたが、来年はおそらく辞めていると思います。ですから、次は事務次官として来ることはできませんので、今年が最後かなと思います。」

これは、まだ「文科省の天下り問題」が、報道される前のことです。
その後の、「前川攻撃」のありようとの関連を、検証する必要があると思っています。

『これからの日本、これからの教育』は、退任後の前川さんと、文科相の先輩である寺脇研さんとの対談が収められたものです。この本の、「逆風の中のヨットのようにーー「はじめに」代えて」、および巻末に付録として収録された「前川喜平氏が文科相退官時に全職員へ送ったメール(抄録)」は、感動的です。
中味にはふれません。

ぜひ、書店か図書館で、この本を手にとって読んでいただきたいと思います。
c0295254_13070803.jpg




by kenpou-dayori | 2018-03-26 13:07 | 名著・名文・名言紹介
2018年 03月 25日

憲法便り#2523:鈴木安蔵著『憲法学三十年』(評論社、1967年刊)を入手しました!

2018年3月25日(日)(憲法千話)

憲法便り#2523:鈴木安蔵著『憲法学三十年』(評論社、1967年刊)を入手しました!

日本国憲法成立史研究に不可欠の『憲法学三十年』を、下北沢の古書店「ほん吉」から入手しました。
私の研究生活にとって、国立国会図書館、国立公文書館、外務省外交史料館と並んで、全国の古書店が重要な存在です。

同書は、すでにコピーで所蔵していましたが、現物を探していました。

憲法研究会の活動について詳しく述べられているので、いろいろと引用しています。

特に、「憲法研究会」の活動開始から終了までが、詳しく書かれています。

左は、表紙。 右は函の表側です。
c0295254_21220540.jpg








by kenpou-dayori | 2018-03-25 21:28 | 名著・名文・名言紹介
2018年 02月 25日

憲法たより#2460:「日常生活のなかに 憲法感覚を!」に始まる、畑田重夫先生の「人生訓」(七ヶ条)を紹介します!

2018年2月25日(日)(憲法千話)

憲法たより#2460:「日常生活のなかに 憲法感覚を!」に始まる、畑田重夫先生の「人生訓」(七ヶ条)を紹介します!

『会報ハタゼミ』第23号発行(2017年10月)より。
同書に掲載された、畑田重夫先生の「ミニ講演」、『わが憲法人生の終盤にさいして 二つの言いたいこと、伝えたいこと』が好評でした。
続けて畑田重夫先生の「人生訓」を謹んで紹介いたします。

c0295254_20055408.jpg


c0295254_20061327.jpg

c0295254_20062553.jpg




c0295254_20064156.jpg



c0295254_20070104.jpg





c0295254_20072522.jpg






c0295254_20074485.jpg


by kenpou-dayori | 2018-02-25 20:17 | 名著・名文・名言紹介