人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:憲法千話・憲法施行に関する社説( 18 )


2015年 03月 19日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.7:昭和22年5月3日『日本経済新聞』社説「新しい憲法とともに」

2015年3月19日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.7:昭和22年5月3日付『日本経済新聞』社説「新しい憲法とともに」

c0295254_13302160.jpg


『日本経済新聞』の三節からなる社説も、一読に値する。したがって、以下に、全文の文字起こしを行った。

社説「新しい憲法とともに」

平和と希望のうちに成った新憲法は、五月三日を期して施行され、国を挙げての記念式典が行われる新しい日本の誕生であり、
建設である。もちろん敗戦後の我国経済はきわめて困難な状態にあり、いまだ国際社会の一員たることを許されていない。だがらといって国民の多数が日々の生活不安に悩まされ、国際的に独立し得ないような状態のもとで今更何の新憲法ぞと考えるならばそれは大きな誤りである。むしろそのような状態にありながら、民権の自由を保障し、平和と文化の国家たることを内外に宣明した新憲法が、平和のうちに生れたことの意義こそ、われわれは深く感激し、喜びとすべきであろう。敗戦後の現在にあって、われら国民が自信をもって内外に示し得るものが果していくつあるか。新憲法こそややもすれば目標を見失い勝ちな国民にはっきりと行先を教え、世界に偽りもひけめもなしに示し得る最大のものであろう。

新憲法によって国民は文民の自由を保障されることになった。いかなる機関にも勢力にも屈従させられないこの自由こそ、民主主義の基礎である。過去の国民は自由の尊厳と喜びを知ることが少かったが、今こそ自由であるとの喜びを体一杯に関ずることが出来るのである。そして連合軍総司令部当局の声明にあるように、国民は自由を享受すると同時に、その自由を守るのは自分の責任であるという自覚に徹しなければならない。国民はその自由を机の中にしまっておいたり、自分から捨てたりせず、進んで自由を行使すべきである。いかなる形のものであっても、全体主義、独裁主義は自由を妨げるものとして排撃しなければならない。自分の自由を守ろうとしないことは、他人の自由を侵す社会的無責任と同様に誤りである。主権在民ということも、単に主権が国民に在るというのではなく、国民が主権を行使すると考えなければ意味をなさない。新憲法を現在の国民生活からかけ離れた余りに美しいものと見るのは、国民の自由や権利を、ただ与えられたものと考え、新日本の建設に憲法的な意欲を持たないためである。

軍備と交戦権をみずから棄てたことは新憲法の最も大きな特色である。しからば軍備なき国家が今後どうして各国の間に独立を保って行くことが出来るか。今日ではそれはまだ宿題として残っている。しかしながらはっきり言えることは、軍備なき日本が独立を保つためには、世界から孤立せずして、世界の中に裸で飛び込んで行く以外に途がないということである。講話条約が締結された後は、平和的文化国家として各国に交りを求めることこそ新しい日本の生きて行くただ一つの途である。しかも我国は経済的にも外国貿易を考えずして自立し得ない。とかく対外関係を消極的、受動的に考え易いが、新憲法前文に「われらは平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う」と述べているのは、新しい日本の対外的進路を示したものである。われらは「国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成すること」を誓っている憲法前文の結びを忘れず、常に新憲法とともにあらねばならない。
c0295254_18583851.jpg

(以上は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料による)
今日のひと言:「いかなる形のものであっても、全体主義、独裁主義は自由を妨げるものとして排撃しなければならない。」

by kenpou-dayori | 2015-03-19 06:16 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 18日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.6:昭和22年5月3日『時事新報』社説「憲法を守護する者」

2015年3月18日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.6:昭和22年5月3日『時事新報』社説「憲法を守護する者」
『時事新報』は、当時、千代田区有楽町にあった時事新報社により発行されていた新聞である。
一面下に、大手保険会社の祝賀広告が掲載されているので、紹介する。広告は、その新聞社の力量と信頼を反映するからである。
c0295254_1034617.jpgc0295254_11243346.jpg

社説の部分を拡大したが、文字が薄く、読みづらいので、第一節を文字起こしする。
社説「憲法を守護する者」
(一)本日を以て新憲法はいよいよ実施せられる。之は世界の何処の国に比較しても、少しも劣らぬ進歩した民主主義の憲法であると誇ってよいものである。開闢いらいの君主政治を堅く維持しつつ、人民主権の新主義を行わんとする点に於て、又世界に率先して戦争を放棄し、軍備を撤廃することを宣言した点に於て、殊に優れた憲法であると自負しても、恐らく之を咎めるものはないであろう。更に人権を保障し、自由と平等の諸権利を、明文を以て確保した点に於ても、世界で最も完備した憲法の一である。米国連邦憲法は、曾て人間の創作した最も巧妙な共和主義の民主政治を規定したものと称せられるのであるが、我新憲法に至っては、曾て人間の創作した最も巧妙な君主主義の民主政治を、日本に実現せんことを期して、新しく制定されれたものである。之を旧帝国憲法に比較するときは、日本は一の世界から一躍、別の世界に飛び越えた観がある。否な日本国と日本国民は、今年今月今日から、心身ともに全然新しい時代に入るのである。新憲法は日本に革命をもとらしたものと云うことを、強いて掩わんとするものがあるけれど、それは自らを欺くものに過ぎない。
c0295254_11252630.jpg



(以上は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料による)

by kenpou-dayori | 2015-03-18 06:26 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 17日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.5:『東京新聞』社説「新しい憲法 明るい生活」

2015年3月17日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.5:『東京新聞』社説「新しい憲法 明るい生活」

東京新聞の五月三日付の「社説」は、憲法普及会が2千万全世帯に配布した『新しい憲法 明るい生活』を読むことを薦めている。日本国憲法に関する書物の具体的な書名を挙げて薦めている社説は、珍しい。
『新しい憲法 明るい生活』については、すでに『憲法便り』で紹介しているので、カテゴリ[設定]の「新しい憲法 明るい生活」を見てほしい。「憲法千話」のシリーズでも一項目を設けて再録する予定である。
c0295254_9595075.jpgc0295254_1041790.jpg

(以上は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料による)
今日の一言:「国民による、国民のための、国民の政治」(『新しい憲法 明るい生活』より)

by kenpou-dayori | 2015-03-17 06:55 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 16日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.4:昭和22年5月3日付『讀賣報知』

2015年3月16日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.4:昭和22年5月3日付『讀賣報知』 c0295254_208487.jpg

社説「新憲法の実施に際して」もさることながら、
「民主日本の輝く日」という大きな見出しが、目を引く。以下に、文字起こしをしておこう。

「民主日本の輝く日」
「世界にとっても日本にとってもきょう五月三日はなんという輝やかしき日であろうか。この日こそ人類最大の理想〝戦争の放棄”を国民主権の名において宣言し、あくなき〝人権の自由”を求めてやまぬ新しい「日本国憲法」が五十八年にわたる明治憲法の旧殻を脱ぎ捨て実施される日なのである。明治二十二年君主憲法にかわって、国民の一人一人が主権者として自らを解放し、永遠なる自由と平和に象徴される香わしき文化国家建設への大任を背負った史上未曾有の感激的な一瞬である。
世界注視の中にこの空前の憲法を立派にはぐくむべき使命をになったわれら八千万日本民族はこの日午前十時半から天皇、皇后両陛下の御出席を仰ぎ憲法普及会主催のもと宮城前広場に新国会議員、内閣、各官庁代表および思い新たなる民間代表多数を集め、民主日本の再出発を寿(ことほ)ぐとともにこれよりは自由と平和の選士たらんことを世界に誇示する多彩にして厳かな歴史的祝典をくりひろげるのである。
新憲法誕生はポツダム宣言の受諾に端を発したとはいうものの永い封建的没人格の中に苦しんだ日本民族なればこそなお熾烈な自由平和へのあこがれによって推進され、敗戦の苦しみをものともせず、さる第九十臨時議会、百余日の審議のるつぼの中から生れ来った理想の金字塔なのだ。風も光るこの日、いまぞ自由の鐘は鳴る。行け勇気とともに!」
c0295254_21285580.jpgc0295254_21273923.jpg

(以上は、国立国会図書館所蔵『讀賣報知縮刷版』より)
いま、日本の主権者である我々一人一人に、「造り出された危機的「現実」を前にして理想を捨てるのか、それとも理想を実現するために「現実」を変える努力を続けるのか?」が、鋭く問われている。
私は、現実を変える努力を続ける!

by kenpou-dayori | 2015-03-16 06:54 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 15日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.3:昭和22年5月3日『毎日新聞』東京版と大阪版の比較

2015年5月15日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.3:昭和22年5月3日『毎日新聞』東京版と大阪版の比較

『朝日新聞』に続き、今回は『毎日新聞』の東京版と大阪版を掲載し、比較していただく。

紙面の構成、見出しの違いは、一目瞭然。その中で、「社説」の見出しの違いもある。
東京版は、「民主憲法の実施に当りて」、大阪版は「民主憲法の実施」。c0295254_11234281.jpgc0295254_11204471.jpgc0295254_8191413.jpg

五月三日一面の一番下に、出版社による「祝民主憲法実施」の祝賀広告があるので参照して下さい。(東京版にも同じ位置に同じ祝賀広告あり)

「社説」は、より鮮明な大阪版の方を紹介するが、冒頭の一節を、文字起こしをして強調しておきたい。(旧字体の漢字を、新字体に改めた)

社説「民主憲法の実施」
「昭和二十二年五月三日、きょうこそ民主憲法下の日本として出発するわが国歴史の上に不滅の一ページを加える日が訪れた。かえりみれば、明治の欽定憲法が制定されてから、すでに半世紀余りになる。この間、年とともに誤びゅうと矛盾とが累積されて来た結果として、すでに国家の基本法である憲法そのものに、根本的なメスを加えねばならぬ時期が来ていたのである。それは決して敗戦の結果として甘受せねばならないものではなくして、もしもわれわれが真に歴史の流れにさおさし、人類不断の向上を求めてやまぬ真理と正義を愛するものである限り、自ら進んで根本的改正を行うべきものであった。ここに新憲法制定にも等しい憲法改正の必然性があったのである。またかかる認識があってこそ、新日本建設の礎石としての、民主憲法の発足に対する正しい理解と、これが運用の最善を期する決意と努力が生れるのである。」
c0295254_19445665.jpg

(以上、国立国会図書館所蔵マイクロ資料より)
「真理がわれらを自由にする」(これは、国立国会図書館本館二階のカウンター上に掲げられた名句である)

by kenpou-dayori | 2015-03-15 06:55 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 14日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.2:昭和22年5月3日朝日新聞東京版と大阪版の紙面比較

2015年3月14日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.2:昭和22年5月3日朝日新聞東京版と大阪版の紙面比較

昨日、「憲法千話・日本国憲法に際しての社説NO.1:『朝日新聞』(東京)昭和二十二年五月三日一面』を紹介したが、今回は、『朝日新聞』大阪版の紙面を紹介する。

同じ新聞でも、紙面の構成、見出しの付け方によって、かなり印象が異ってくる好例である。
これは、次回No.3で紹介する『毎日新聞』、さらにNo.4で紹介する『讀賣報知』との比較とは、一味違った趣きがある。

いま、盛んに戦後七十年が語られている。
このシリーズは、日本国憲法施行を日本国民がどのように迎え、どのように論じていたか、その全体像を示す試みである。

2015年 3月 14日来る五月三日までに、このテーマの資料をすべて紹介するために、文字起こし、解説には時間をかけず、まず、紙面を紹介する。
マイクロ資料の出来が悪いもの、また紙面そのものが不鮮明なものも多いが、社説と同時に紙面の見出し等も参考にしていただきたい。
並行して、昭和二十一年十一月三日の日本国憲法公布に際しての「社説」も併行して掲載する予定なので、そちらもご覧いただきたい。

このシリーズが、平和憲法を守る論議、そして活動に役立つことを願っている。

上が東京版、下が大阪版。あなたは、どちらが気に入りましたか?
c0295254_8322517.jpgc0295254_8362272.jpg

社説「新しい日本の出発」(大阪版より)
c0295254_8535360.jpg

(国立国会図書館所蔵マイクロ資料より)*国立国会図書館所蔵資料とホームページを利用しよう!)

by kenpou-dayori | 2015-03-14 09:06 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 13日

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.1:朝日新聞(東京)「新しい日本出発」

2015年3月13日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・日本国憲法に際しての社説NO.1:『朝日新聞』(東京)昭和二十二年五月三日一面

いま、盛んに戦後七十年が語られている。
このシリーズは、日本国憲法施行を日本国民がどのように迎え、どのように論じていたか、その全体像を示す試みである。

来る五月三日までに、このテーマの資料をすべて紹介するために、文字起こし、解説には時間をかけず、まず、紙面を紹介する。
マイクロ資料の出来が悪いもの、また紙面そのものが不鮮明なものも多いが、社説と同時に紙面の見出し等も参考にしていただきたい。
並行して、昭和二十一年十一月三日の日本国憲法公布に際しての「社説」も併行して掲載する予定なので、そちらもご覧いただきたい。

このシリーズが、平和憲法を守る論議、そして活動に役立つことを願っている。

社説「新しい日本の出発」
(朝日新聞には、大阪版もあり、その方が鮮明。次号No.2で拡大版を掲載するので、そちらを参照して下さい)
c0295254_12394421.jpg

(新宿区立中央図書館所蔵『朝日新聞縮刷版』より)

by kenpou-dayori | 2015-03-13 12:48 | 憲法千話・憲法施行に関する社説
2015年 03月 08日

憲法千話・概要と目次No.4:憲法施行に関する社説

2015年3月8日

昭和22年5月3日、日本国憲法が施行された。
全国各紙は、そのほとんどが、施行当日の5月3日に、新憲法施行に関する「社説」を掲げた。5月4日、まれに5月5日に掲載したところもある。
これらを、「憲法千話・概要と目次No.3:憲法公布に関する社説」で紹介した内容と比較すると、新憲法の施行に伴い、取り組むべき具体的な課題にふれていることが判る。
c0295254_9122170.jpg
c0295254_9133662.jpg
c0295254_913950.jpg
c0295254_914449.jpg



by kenpou-dayori | 2015-03-08 09:21 | 憲法千話・憲法施行に関する社説