岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:安倍首相への抗議・反論・批判( 94 )


2018年 02月 05日

憲法便り#2420:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月31日)編】1月31日(水)、またまた、読売新聞社幹部と会食!

2018年2月5日(水)(憲法千話)

憲法便り#2420:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月31日)編】1月31日(水)、またまた、読売新聞社幹部と会食!

【最新情報】
1月31日(水)またまた、読売新聞社幹部と会食!
6時15分、東京・永田町の赤坂エクセルホテル東急。レストラン「赤坂ジパング」で読売新聞東京本社の田中隆之論説委員長、前木理一郎政治部長と会食。10時16分、東京・富ケ谷の私邸。

1月26日(金)麻生副総理兼財務相と、ナチスの手口の相談会?
7時18分、東京・松濤のフランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」。麻生副総理兼財務相と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

1月25日(木)
【午後】6時32分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。岸田文雄自民党政調会長と会食。8時53分、東京・富ケ谷の私邸。
下記は、「い津み」のホームページを引用。
平均予算
  • 30,000円(通常平均)
  • 25,000円(宴会平均)
その他料金
  • サービス料:15%
【時事川柳】「何食わぬ ウソ答弁後 ふぐを食い」(岩田才之助・作)

1月24日(水)

【午後】6時40分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。8時22分、河井克行自民党総裁外交特別補佐。43分、東京・富ケ谷の私邸。

これは、本当に懇談?
密談?
圧力?
冗談じゃない!
いずれにしても、マスコミの自殺行為だ!

1月23日(火)
【午後】6時36分、公邸。衆院予算委員会の河村建夫委員長、菅原一秀理事らと会食。菅義偉、西村康稔正副官房長官同席。8時13分、全員出る。宿泊。

1月22日(月)
【午後】6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)
【午後】0時、総理大臣主催の女性駐日大使を招いての昼食会。
(以下は、外務省のホームページから)

1 本9日午後0時から約80分間,安倍晋三内閣総理大臣は,各国の女性駐日大使及び次期駐日大使16名を招き,総理公邸において昼食会を主催しました。 

2 今回の昼食会は,各国を代表する女性駐日大使と,「女性が輝く社会」の実現に向けた意見交換を行うために開催したものです。

3 安倍総理大臣は,昨年11月に開催された国際女性会議WAW!(WAW! 2017)を紹介しつつ,女性活躍推進に向けて継続的に取組を進めていきたく,各国の政策も参考にしたい旨述べました。

4 出席した各国女性駐日大使からは,女性大使としての経験やそれぞれの国における女性参画の取組が紹介されました。また出席者の間で活発な意見交換が行われ,昼食会は和やかな雰囲気の中,終了しました。

(参考1)参加した女性駐日大使及び次期駐日大使(信任状捧呈順)
リベリア,エルサルバドル,トンガ,ナミビア,ルクセンブルク,アイルランド,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国,コスタリカ,カンボジア,ルワンダ,グアテマラ,バングラデシュ,ブルネイ,ネパール,ラトヴィア,イスラエル(次期駐日大使)

【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-05 19:39 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 28日

憲法便り#2393:【再録】憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!

2018年1月28日(日)(憲法千話)

憲法便り#2393:【再録】憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!

何としてでも、安倍9条改憲を阻止したい。
そのため、ここに、「安倍暴走の起点)を再録します。
************************************

2017年5月9日(憲法千話)

憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!


安倍首相の暴走は、とどまるところを知らない。

国会での発言は、言を左右にする言い逃れの連続で、真面目さがなく、一国の首相としての品格がない。

この暴走の起点となった、2013年年2月12日の予算委員会で代表質問に立った日本維新の会石原慎太郎議員が、前置きのあと改憲について最初に質問し、安倍晋三首相が答えた場面である。

この場面を報じたマスコミ各社の記事を、国立国会図書館新聞資料室で調べたが、その危険性の気づいているものはなく、「石原節(ぶし)復活!」と、冷やかしているような、面白がっているような書き方をしていた。

私は、この危険性を知らせるために、同年3月31日付けで自費出版した『心躍る平和憲法誕生の時代ー戦後の新聞61紙に見る「憲法民主化の過程』の冒頭に、この実録を取り上げた。

この実録は、同書の改題・補訂第二版である『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!ー押し付け憲法論への、戦後の61紙に基づく実証的反論』の冒頭に、そのまま収録した。

しかしながら、わずか2,000部の自費出版では、多くの人々に伝わらないもどかしさを感じ、出版直後から、インターネットを活用して、『憲法便り・日刊憲法新聞』の発行を考え始めた。

以下は、その『憲法便り』の第1号である。

*********************************************
【再録】
2013年5月4日

憲法便り#1:安倍政権暴走の起点「安倍首相が歴史を捏造した予算委員会の答弁について」

今日は、『心踊る平和憲法誕生の時代』の「はじめに」(刊行の言葉)の冒頭を紹介します。

 はじめに
 私は第九条を変え、戦争を出来る国にする憲法改悪には、絶対に反対である。その明確な意思表示として、ここに、本書を緊急自費出版する。
 まず、嘘も含めた派手な言動と演出で、国民に真実を考える暇を与えない安倍首相の手法について述べる。

【第一…「押し付け憲法」論のでたらめ】
 二〇一三年二月十二日の予算委員会で代表質問に立った日本維新の会石原慎太郎議員が、前置きのあと改憲について最初に質問し、安倍晋三首相が答えた場面。

石原慎太郎議員「さてね、総理が、その、総選挙に、総裁選に出られる前にですね、ある人の仲立ちで一晩、会食致しましたが、その時、私いろんなことあなたにお聞きして確かめました。非常にその、心強いですね、期待しておりました。で、まずですね、この国のですね、今日の混乱、或いは退廃にですね、導いたひとつ大きな大きな原因である、現行の憲法についてですね、お聞きしたいと思いますけれども、人間の社会に存在するですね、色々な規範というものは結局は、まぁ人工的なものもあるでしょうけれども、或いはですね、人間の歴史というものの原理っていうものはこれを規制して、これに則ってると思いますね。で、この、戦争の勝利者が敗戦国を統治するために強引に作った即製の、えー、基本法というものが、えー、国破れ統治されてた国が独立した後ですね、数十年に亘って存続しているという事例を私は歴史の中で見たことがない。で、もしですね、因みに、日本という独立国のね、主権者である、つまり最高指導者、総理大臣が、この歴史の原理に則って、かつて勝者が作って押し付けた憲法というのもを、「認めない」と、「これを廃棄する」ということをですね、宣言した時にこれを拒む法律的見解は果してあるんでしょうかね? そういうものを含めてね、あなたが今、日本の憲法について、いかにお考えかお聞きしたい」
安倍首相「確かに今、石原先生がおっしゃったように、現行憲法は、えー、昭和、あー、二十一年に、ま、日本がまだ占領時代にある中に於いて作られ、そして『マッカーサー試案』が、えー、毎日新聞によってこれがスクープをされる訳でありますが、スクープを見た、えー、マッカーサーが怒り狂い、えー、これはもう日本に、えー、任せておく訳にはいかないということで、えー、ホイットニーに命じて、そしてホイットニーが二月の四日に、えー、民政局の次長でありますケーディスに命じて、二月の四日だったんですが、えー、二月の十二日までに作れと言って、ほぼ八日間、一週間ちょっとで、えー、作り上げた、あー、それが原案、ま、現憲法の原案で、えー、あった訳でございますが、それが、あー、現在の現行憲法の、えー、もとであると、このように認識をしております」
石原議員「ですからね、その憲法をね、もし、今の日本の最高指導者であるあなたがね、これを廃棄すると、仮に言われた時にですね、これをですね、法的に阻害するその根拠ってのは、実際は無いんですよ、どこにもね」

 自信のない答弁だから「えー」「あー」「ま」が多い。
不勉強な官僚が作った答弁書に基き、さらに不勉強な安倍首相が行った答弁は、歴史の捏造と言うべきものである。彼が言う「マッカーサー試案」は存在しないし、マッカーサーが怒り狂った事実もない。
『毎日新聞』が報じたのは、憲法問題調査委員会(通称松本委員会)の試案とされるものである。このスクープ報道は、実は誤報であったが、その真相については本書第二部で詳述する。
 国立国会図書館で翌十三日の四十五紙を調査したが、答弁の誤りを指摘した新聞は、記事を誤用された『毎日新聞』を含めて一紙もない。私は新聞報道のこの現実に危機感を覚える。したがって、インターネット審議中継の録画から音声を文字におこして、ここに収録した。

 それにしても、石原議員の発言は単なる「暴走」ではなく、クーデターをそそのかす憲法違反の暴言である。
 日本国憲法は、第十章「最高法規」で次のように定めている。「第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し、擁護する義務を負ふ。」
 憲法改正の経緯については本論で詳しく述べるが、ここで表にして要点を示しておく。占領下にあったことは紛れもない事実であるが、石原議員の主張と安倍首相の答弁は、前段の経緯をすべて無視し、*印を付けた三つの時点を、でたらめに強調しているに過ぎない。

断言するが、二月十三日にGHQが提示した草案は、高野岩三郎、鈴木安蔵らの「憲法研究会」案を基礎に作成された、当時の日本国民の世論を反映したものである。

一九四五年(昭和二十年)
 八月一四日 ポツダム宣言受諾(憲法改正の必然性)。
 八月一七日 東久邇宮内閣発足。 
 九月二一日 『朝日新聞』で「国家基本法」(注・憲法)の再検討が論じられる。
 十月二日 『北日本新聞』がいち早く「憲法改正と国民の自覚」と題する論説を掲げる
 十月四日 マッカーサー・近衛会談/マッカーサーが近衛国務相に、民主主義的要素を十分に盛り込んだ改憲の必要性を言明。
 十月五日 東久邇宮内閣総辞職。
 十月七日 『福井新聞』、『静岡新聞』が憲法改正について論じたのを皮切りに、年末までに全国各紙で憲法改正の世論形成が進む。
 十月九日 幣原内閣発足
 十月十一日 マッカーサー・幣原会談/マッカーサーが幣原首相に、憲法の自由主義化を示唆
 十月二五日 憲法問題調査委員会(通称松本委員会)が設置される。幣原首相は松本国務相に丸投げし、松本は単に時間稼ぎをする。
 十二月六日 GHQ民政局法務班長ラウエルが『日本の憲法についての準備的な研究と勧告の報告書』(明治憲法の緻密な研究)を提出。
 十二月二六日 憲法研究会が『憲法草案要綱』を発表
 十二月二八~三〇日 全国二十二紙が同案を報道。
 十二月二九日『讀賣報知』が一面で、「憲法改革を人民の手に」の社説を掲げる。年末までに「憲法民主化」の世論が形成されていた。
 十二月三一日 連合国翻訳・通訳部が憲法研究会案の翻訳を発表。
一九四六年(昭和二十一年)
 一月二日 米国務長官宛の政治顧問書簡第一五三号に憲法研究会案の別個の翻訳が添付される。
 一月十一日 二つの翻訳を参考に、ラウエルが報告書『民間研究団体による憲法改正案に関する註解』を作成。憲法研究会案を高く評価し、同案が後に、GHQ草案の原型となる。
*二月一日  毎日新聞の「スクープ」報道。(実は誤報)
*二月四日  GHQ民政局が草案作りを始める。
*二月十三日 外務大臣官邸で行われた「オフレコ」の会談で、GHQ草案を日本側に手渡す。

      (注:本書で「官邸」を、入力ミスにより「公邸」としたところは、「官邸」と訂正します)
c0295254_0254926.jpg

〔まとめのひと言〕歴史の捏造と、不正確な歴史認識に基くキャンペーンによる憲法改悪を、絶対に許してはならないと思います。

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-28 21:34 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 28日

憲法便り#2393:【再録】憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!

2018年1月28日(日)(憲法千話)

憲法便り#2393:【再録】憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!

何としてでも、安倍9条改憲を阻止したい。
そのため、ここに、「安倍暴走の起点)を再録します。
************************************

2017年5月9日(憲法千話)

憲法便り#2001: 憲法第九十九条違反の「改憲発言」を続ける 安倍首相暴走の起点は、石原慎太郎議員との共同謀議、密談であった!


安倍首相の暴走は、とどまるところを知らない。

国会での発言は、言を左右にする言い逃れの連続で、真面目さがなく、一国の首相としての品格がない。

この暴走の起点となった、2013年年2月12日の予算委員会で代表質問に立った日本維新の会石原慎太郎議員が、前置きのあと改憲について最初に質問し、安倍晋三首相が答えた場面である。

この場面を報じたマスコミ各社の記事を、国立国会図書館新聞資料室で調べたが、その危険性の気づいているものはなく、「石原節(ぶし)復活!」と、冷やかしているような、面白がっているような書き方をしていた。

私は、この危険性を知らせるために、同年3月31日付けで自費出版した『心躍る平和憲法誕生の時代ー戦後の新聞61紙に見る「憲法民主化の過程』の冒頭に、この実録を取り上げた。

この実録は、同書の改題・補訂第二版である『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!ー押し付け憲法論への、戦後の61紙に基づく実証的反論』の冒頭に、そのまま収録した。

しかしながら、わずか2,000部の自費出版では、多くの人々に伝わらないもどかしさを感じ、出版直後から、インターネットを活用して、『憲法便り・日刊憲法新聞』の発行を考え始めた。

以下は、その『憲法便り』の第1号である。

*********************************************
【再録】
2013年5月4日

憲法便り#1:安倍政権暴走の起点「安倍首相が歴史を捏造した予算委員会の答弁について」

今日は、『心踊る平和憲法誕生の時代』の「はじめに」(刊行の言葉)の冒頭を紹介します。

 はじめに
 私は第九条を変え、戦争を出来る国にする憲法改悪には、絶対に反対である。その明確な意思表示として、ここに、本書を緊急自費出版する。
 まず、嘘も含めた派手な言動と演出で、国民に真実を考える暇を与えない安倍首相の手法について述べる。

【第一…「押し付け憲法」論のでたらめ】
 二〇一三年二月十二日の予算委員会で代表質問に立った日本維新の会石原慎太郎議員が、前置きのあと改憲について最初に質問し、安倍晋三首相が答えた場面。

石原慎太郎議員「さてね、総理が、その、総選挙に、総裁選に出られる前にですね、ある人の仲立ちで一晩、会食致しましたが、その時、私いろんなことあなたにお聞きして確かめました。非常にその、心強いですね、期待しておりました。で、まずですね、この国のですね、今日の混乱、或いは退廃にですね、導いたひとつ大きな大きな原因である、現行の憲法についてですね、お聞きしたいと思いますけれども、人間の社会に存在するですね、色々な規範というものは結局は、まぁ人工的なものもあるでしょうけれども、或いはですね、人間の歴史というものの原理っていうものはこれを規制して、これに則ってると思いますね。で、この、戦争の勝利者が敗戦国を統治するために強引に作った即製の、えー、基本法というものが、えー、国破れ統治されてた国が独立した後ですね、数十年に亘って存続しているという事例を私は歴史の中で見たことがない。で、もしですね、因みに、日本という独立国のね、主権者である、つまり最高指導者、総理大臣が、この歴史の原理に則って、かつて勝者が作って押し付けた憲法というのもを、「認めない」と、「これを廃棄する」ということをですね、宣言した時にこれを拒む法律的見解は果してあるんでしょうかね? そういうものを含めてね、あなたが今、日本の憲法について、いかにお考えかお聞きしたい」
安倍首相「確かに今、石原先生がおっしゃったように、現行憲法は、えー、昭和、あー、二十一年に、ま、日本がまだ占領時代にある中に於いて作られ、そして『マッカーサー試案』が、えー、毎日新聞によってこれがスクープをされる訳でありますが、スクープを見た、えー、マッカーサーが怒り狂い、えー、これはもう日本に、えー、任せておく訳にはいかないということで、えー、ホイットニーに命じて、そしてホイットニーが二月の四日に、えー、民政局の次長でありますケーディスに命じて、二月の四日だったんですが、えー、二月の十二日までに作れと言って、ほぼ八日間、一週間ちょっとで、えー、作り上げた、あー、それが原案、ま、現憲法の原案で、えー、あった訳でございますが、それが、あー、現在の現行憲法の、えー、もとであると、このように認識をしております」
石原議員「ですからね、その憲法をね、もし、今の日本の最高指導者であるあなたがね、これを廃棄すると、仮に言われた時にですね、これをですね、法的に阻害するその根拠ってのは、実際は無いんですよ、どこにもね」

 自信のない答弁だから「えー」「あー」「ま」が多い。
不勉強な官僚が作った答弁書に基き、さらに不勉強な安倍首相が行った答弁は、歴史の捏造と言うべきものである。彼が言う「マッカーサー試案」は存在しないし、マッカーサーが怒り狂った事実もない。
『毎日新聞』が報じたのは、憲法問題調査委員会(通称松本委員会)の試案とされるものである。このスクープ報道は、実は誤報であったが、その真相については本書第二部で詳述する。
 国立国会図書館で翌十三日の四十五紙を調査したが、答弁の誤りを指摘した新聞は、記事を誤用された『毎日新聞』を含めて一紙もない。私は新聞報道のこの現実に危機感を覚える。したがって、インターネット審議中継の録画から音声を文字におこして、ここに収録した。

 それにしても、石原議員の発言は単なる「暴走」ではなく、クーデターをそそのかす憲法違反の暴言である。
 日本国憲法は、第十章「最高法規」で次のように定めている。「第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し、擁護する義務を負ふ。」
 憲法改正の経緯については本論で詳しく述べるが、ここで表にして要点を示しておく。占領下にあったことは紛れもない事実であるが、石原議員の主張と安倍首相の答弁は、前段の経緯をすべて無視し、*印を付けた三つの時点を、でたらめに強調しているに過ぎない。

断言するが、二月十三日にGHQが提示した草案は、高野岩三郎、鈴木安蔵らの「憲法研究会」案を基礎に作成された、当時の日本国民の世論を反映したものである。

一九四五年(昭和二十年)
 八月一四日 ポツダム宣言受諾(憲法改正の必然性)。
 八月一七日 東久邇宮内閣発足。 
 九月二一日 『朝日新聞』で「国家基本法」(注・憲法)の再検討が論じられる。
 十月二日 『北日本新聞』がいち早く「憲法改正と国民の自覚」と題する論説を掲げる
 十月四日 マッカーサー・近衛会談/マッカーサーが近衛国務相に、民主主義的要素を十分に盛り込んだ改憲の必要性を言明。
 十月五日 東久邇宮内閣総辞職。
 十月七日 『福井新聞』、『静岡新聞』が憲法改正について論じたのを皮切りに、年末までに全国各紙で憲法改正の世論形成が進む。
 十月九日 幣原内閣発足
 十月十一日 マッカーサー・幣原会談/マッカーサーが幣原首相に、憲法の自由主義化を示唆
 十月二五日 憲法問題調査委員会(通称松本委員会)が設置される。幣原首相は松本国務相に丸投げし、松本は単に時間稼ぎをする。
 十二月六日 GHQ民政局法務班長ラウエルが『日本の憲法についての準備的な研究と勧告の報告書』(明治憲法の緻密な研究)を提出。
 十二月二六日 憲法研究会が『憲法草案要綱』を発表
 十二月二八~三〇日 全国二十二紙が同案を報道。
 十二月二九日『讀賣報知』が一面で、「憲法改革を人民の手に」の社説を掲げる。年末までに「憲法民主化」の世論が形成されていた。
 十二月三一日 連合国翻訳・通訳部が憲法研究会案の翻訳を発表。
一九四六年(昭和二十一年)
 一月二日 米国務長官宛の政治顧問書簡第一五三号に憲法研究会案の別個の翻訳が添付される。
 一月十一日 二つの翻訳を参考に、ラウエルが報告書『民間研究団体による憲法改正案に関する註解』を作成。憲法研究会案を高く評価し、同案が後に、GHQ草案の原型となる。
*二月一日  毎日新聞の「スクープ」報道。(実は誤報)
*二月四日  GHQ民政局が草案作りを始める。
*二月十三日 外務大臣官邸で行われた「オフレコ」の会談で、GHQ草案を日本側に手渡す。

      (注:本書で「官邸」を、入力ミスにより「公邸」としたところは、「官邸」と訂正します)
c0295254_0254926.jpg

〔まとめのひと言〕歴史の捏造と、不正確な歴史認識に基くキャンペーンによる憲法改悪を、絶対に許してはならないと思います。

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-28 21:34 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 28日

憲法便り#2390:野蛮で、非文明的な、松本文明議員は、議員を辞職して、政界を去れ!

2018年1月28日(日)

憲法便り#2390:野蛮で、非文明的な、松本文明議員は、議員を辞職して、政界を去れ!副大臣に任命した安倍首相は責任をとれ!

日本共産党の志位委員長が、相次ぐ米軍機の事故、そして不時着問題の責任を追及している最中、「それで何人死んだんだ」という野次は、許しがたいものである。

沖縄県民を、何だと思っているのか!

こういうことをいう人間を、日本では、昔から「人でなし」という。

この許し難い野次を行った、松本文明議員の、副大臣辞任は当然のことだが、直ちに議員辞職をすべきである。
そして、政界から去るべきである。

こういう人物は、反省しないので、永久追放すべきである。

この責任は、すべて安倍首相にある。

それは、これまで、様々な暴言をはいた人物を、野放しにしてきたからである。

松本文明議員は、議員を辞職せよ!

安倍首相は、明確な責任をとって、辞任、辞職せよ!



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-28 19:35 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 27日

憲法便り#2382:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月26日)編】1月26日(金)麻生副総理兼財務相と、ナチスの手口の相談会?

2018年1月27日(土)(憲法千話)

憲法便り#2382:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月26日)編】1月26日(金)麻生副総理兼財務相と、ナチスの手口の相談会?

【最新情報】

1月26日(金)
7時18分、東京・松濤のフランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」。麻生副総理兼財務相と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

1月25日(木)
【午後】6時32分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。岸田文雄自民党政調会長と会食。8時53分、東京・富ケ谷の私邸。
下記は、「い津み」のホームページを引用。
平均予算
  • 30,000円(通常平均)
  • 25,000円(宴会平均)
その他料金
  • サービス料:15%
【時事川柳】「何食わぬ ウソ答弁後 ふぐを食い」(岩田才之助・作)

1月24日(水)

【午後】6時40分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。8時22分、河井克行自民党総裁外交特別補佐。43分、東京・富ケ谷の私邸。

これは、本当に懇談?
密談?
圧力?
冗談じゃない!
いずれにしても、マスコミの自殺行為だ!

1月23日(火)
【午後】6時36分、公邸。衆院予算委員会の河村建夫委員長、菅原一秀理事らと会食。菅義偉、西村康稔正副官房長官同席。8時13分、全員出る。宿泊。

1月22日(月)
【午後】6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)
【午後】0時、総理大臣主催の女性駐日大使を招いての昼食会。
(以下は、外務省のホームページから)

1 本9日午後0時から約80分間,安倍晋三内閣総理大臣は,各国の女性駐日大使及び次期駐日大使16名を招き,総理公邸において昼食会を主催しました。 

2 今回の昼食会は,各国を代表する女性駐日大使と,「女性が輝く社会」の実現に向けた意見交換を行うために開催したものです。

3 安倍総理大臣は,昨年11月に開催された国際女性会議WAW!(WAW! 2017)を紹介しつつ,女性活躍推進に向けて継続的に取組を進めていきたく,各国の政策も参考にしたい旨述べました。

4 出席した各国女性駐日大使からは,女性大使としての経験やそれぞれの国における女性参画の取組が紹介されました。また出席者の間で活発な意見交換が行われ,昼食会は和やかな雰囲気の中,終了しました。

(参考1)参加した女性駐日大使及び次期駐日大使(信任状捧呈順)
リベリア,エルサルバドル,トンガ,ナミビア,ルクセンブルク,アイルランド,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国,コスタリカ,カンボジア,ルワンダ,グアテマラ,バングラデシュ,ブルネイ,ネパール,ラトヴィア,イスラエル(次期駐日大使)

【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-27 09:58 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 26日

憲法便り#2376:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月25日)編】午前、参院本会議、午後、衆院本会議、そして夜、赤坂のふぐ料理店!(時事川柳 加筆版)!!

2018年1月25日(木)(憲法千話)1月27日(土)【時事川柳】加筆!

憲法便り#2376:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月25日)編】午前、参院本会議、午後、衆院本会議、そして夜、赤坂のふぐ料理店!(時事川柳 加筆版)!!

【時事川柳】「何食わぬ ウソ答弁後 ふぐを食い」(岩田才之助・作)

【最新情報】
1月25日(木)
【午後】6時32分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。岸田文雄自民党政調会長と会食。8時53分、東京・富ケ谷の私邸。
下記は、「い津み」のホームページを引用。
平均予算
  • 30,000円(通常平均)
  • 25,000円(宴会平均)
その他料金
  • サービス料:15%


1月24日(水)

【午後】6時40分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。8時22分、河井克行自民党総裁外交特別補佐。43分、東京・富ケ谷の私邸。

これは、本当に懇談?
密談?
圧力?
冗談じゃない!
いずれにしても、マスコミの自殺行為だ!

1月23日(火)
【午後】6時36分、公邸。衆院予算委員会の河村建夫委員長、菅原一秀理事らと会食。菅義偉、西村康稔正副官房長官同席。8時13分、全員出る。宿泊。

1月22日(月)
【午後】6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)
【午後】0時、総理大臣主催の女性駐日大使を招いての昼食会。
(以下は、外務省のホームページから)

1 本9日午後0時から約80分間,安倍晋三内閣総理大臣は,各国の女性駐日大使及び次期駐日大使16名を招き,総理公邸において昼食会を主催しました。 

2 今回の昼食会は,各国を代表する女性駐日大使と,「女性が輝く社会」の実現に向けた意見交換を行うために開催したものです。

3 安倍総理大臣は,昨年11月に開催された国際女性会議WAW!(WAW! 2017)を紹介しつつ,女性活躍推進に向けて継続的に取組を進めていきたく,各国の政策も参考にしたい旨述べました。

4 出席した各国女性駐日大使からは,女性大使としての経験やそれぞれの国における女性参画の取組が紹介されました。また出席者の間で活発な意見交換が行われ,昼食会は和やかな雰囲気の中,終了しました。

(参考1)参加した女性駐日大使及び次期駐日大使(信任状捧呈順)
リベリア,エルサルバドル,トンガ,ナミビア,ルクセンブルク,アイルランド,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国,コスタリカ,カンボジア,ルワンダ,グアテマラ,バングラデシュ,ブルネイ,ネパール,ラトヴィア,イスラエル(次期駐日大使)

【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-26 10:37 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 25日

憲法便り#2372:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月24日)編】国会会期中にも拘わらず、赤坂の中国料理店「赤坂飯店」で、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談!

2018年1月24日(水)(憲法千話)

憲法便り#2372:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月24日)編】国会会期中にも拘わらず、赤坂の中国料理店「赤坂飯店」で、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談!

これは、本当に懇談?
密談?
圧力?
いずれにしても、マスコミの自殺行為だ!

【最新情報】

1月24日(水)

【午後】6時40分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。8時22分、河井克行自民党総裁外交特別補佐。43分、東京・富ケ谷の私邸。


1月23日(火)
【午後】6時36分、公邸。衆院予算委員会の河村建夫委員長、菅原一秀理事らと会食。菅義偉、西村康稔正副官房長官同席。8時13分、全員出る。宿泊。

1月22日(月)
【午後】6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)
【午後】0時、総理大臣主催の女性駐日大使を招いての昼食会。
(以下は、外務省のホームページから)

1 本9日午後0時から約80分間,安倍晋三内閣総理大臣は,各国の女性駐日大使及び次期駐日大使16名を招き,総理公邸において昼食会を主催しました。 

2 今回の昼食会は,各国を代表する女性駐日大使と,「女性が輝く社会」の実現に向けた意見交換を行うために開催したものです。

3 安倍総理大臣は,昨年11月に開催された国際女性会議WAW!(WAW! 2017)を紹介しつつ,女性活躍推進に向けて継続的に取組を進めていきたく,各国の政策も参考にしたい旨述べました。

4 出席した各国女性駐日大使からは,女性大使としての経験やそれぞれの国における女性参画の取組が紹介されました。また出席者の間で活発な意見交換が行われ,昼食会は和やかな雰囲気の中,終了しました。

(参考1)参加した女性駐日大使及び次期駐日大使(信任状捧呈順)
リベリア,エルサルバドル,トンガ,ナミビア,ルクセンブルク,アイルランド,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国,コスタリカ,カンボジア,ルワンダ,グアテマラ,バングラデシュ,ブルネイ,ネパール,ラトヴィア,イスラエル(次期駐日大使)

【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-25 19:08 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 25日

憲法便り#2368:平成30年(2018年)1月4日、安倍内閣総理大臣年頭記者会見より(冒頭発言と改憲について)!

2018年1月25日(木)(憲法千話)

憲法便り#2368:平成30年(2018年)1月4日、安倍内閣総理大臣年頭記者会見より(冒頭発言と改憲について)!

時代錯誤と、自己陶酔の年頭会見。
官僚による原稿がないと、この程度の話しか出来ないのだろう。

この程度の話しか出来ない人物が、長期にわたって首相の座にいることの不幸。
一日も早く、総理の座から退くべきである。

自ら退かないなら、国民が、声をより大きくして、退陣に追い込むしかない。

下記の文章を読むと「犬」の能力を高く評価して、次のように話しています。

 犬の嗅覚は人間の1億倍とも言われています。どんなに遠い道のりでも、その鼻で自らの進むべき道をしっかりと見つけ出すことができます。聴覚も優れており、その耳で人間には聞こえないような音も聞き取ることができるそうであります。

そして、それに続けて、「私も声なき声にしっかりと耳を傾けていく。」と言っている。

近くは、毎週、首相官邸前で、抗議行動を続けるひとびとの声を一切聞かず、いや、聞こえないフリをし、
世論調査の結果に耳をかたむけず、
「もりかけ」問題で政府の責任が明らかになっているのに、逃げ回り、
遠くは、沖縄県民の怒りの声に耳をかさず、
「私も声なき声にしっかりと耳を傾けていく。」とは、何事か!

この文章を読んだ「犬」が、笑ってしまうだろう。

いっそのこと、「お犬様」に政権を任せたらどうか!

以下は、
『首相官邸ホームページ』からの引用です。(赤字、文字の拡大に拠る強調は、岩田が行いました)

【安倍総理冒頭発言】

 皆様、明けましておめでとうございます。
 平成30年の始まりに当たって、先ほど
伊勢神宮を参拝いたしました。第2次安倍内閣発足以来、6度目の新年を迎え、まず冒頭、これまでの国民の皆様の御理解と御支援に心からの御礼を申し上げます。
 家族が集う年末年始も、遠く離れた海の大動脈、アデン湾で海賊から世界の船を守る諸君がいます。海上保安庁の諸君は、そして自衛隊、24時間態勢で我が国の領土、領海、領空を守るため、今、この瞬間も全力で任務に当たっています。そして日本海に展開するイージス艦の上で、また、それぞれの基地で北の空をにらみながら、北朝鮮の脅威に備える自衛隊の諸君。その強い使命感に、そして責任感に対して、改めて敬意を表したいと思います。
 昨年、北朝鮮は、核・ミサイルによる挑発行動を一方的にエスカレートさせました。我が国を取り巻く安全保障環境は、戦後最も厳しいと言っても過言ではありません。いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮らしは守り抜く。従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力の強化に取り組んでまいります。同時に、北朝鮮の政策を変更させるため、これからも国際社会と連携して、力強い外交を展開する。昨年の総選挙での国民の皆様からの信任を大きな力に、本年も毅然とした外交を進めてまいります。
 本年は、明治維新から150年の節目に当たります。幕末、植民地支配の波はアジアにも押し寄せました。その大きな危機感が日本人を奮い立たせ、私のふるさと長州では、松下村塾に、身分にかかわりなく、多くの若者たちが集いました。武士、農民、町民、それまでの地位や立場に関係なく、志を持った人々が全国各地で立ち上がり、明治国家建設の大きな原動力となった。初代内閣総理大臣の伊藤博文は、もともとは農家の出身であります。
 草莽崛起(そうもうくっき)、あらゆる日本人の持てる力を結集し、近代化を一気に推し進めることで先人たちは独立を守り抜き、国難とも呼ぶべき危機を克服しました。
 今また我が国は、少子高齢化という国難とも呼ぶべき危機に直面しています。しかし、必ずや克服できる。高齢者の皆さんも、出産や育児を機に仕事を辞めた女性の皆さんも、かつて何らかの事情で高校に進学できなかった方々も、障害や難病のある皆さんも、全ての日本人にチャンスあふれる一億総活躍社会をつくり上げることができれば、我が国の輝かしい未来を切り開くことができる。私はそう確信しています。
 人口が減少する日本はもう成長できない。6年前は、日本には悲観論ばかりがあふれていました。しかし、5年間のアベノミクスによって、生産年齢人口が390万人減少した中でも、雇用は逆に185万人増やすことができました。有効求人倍率は、北海道から沖縄まで、47全ての都道府県で1倍を超えています。これは高度成長期にも実現できなかったことです。
 名目GDPは50兆円以上増加し、過去最高となりました。内需主導の成長により、日本経済は今、20年近く苦しんできたデフレから、脱却への道のりを確実に前進しています。未来は変えることができる。全ては私たちの意思と行動に懸かっています。
 本年、働き方改革に挑戦いたします。正規、非正規、雇用形態にかかわらず、昇給や研修、福利厚生など、不合理な待遇差を是正することで、多様な働き方を自由に選択できるようにします。長時間労働の上限規制を導入し、長時間労働の慣行を断ち切ります。ワーク・ライフ・バランスを確保し、誰もが働きやすい環境を整えてまいります。70年に及ぶ労働基準法の歴史において、正に歴史的な大改革に挑戦する。今月召集する通常国会は、働き方改革国会であります。子育て、介護など、それぞれの事情に応じた多様な働き方を可能とすることで、一億総活躍の社会を実現してまいります。
 1年前、酉(とり)年の年頭に当たって、私はこの場所で、酉年は、しばしば政治の大きな転換点となってきた、そして、変化の1年となるが、大切なことはぶれないことだと申し上げました。少子高齢化を克服するため、そして、一億総活躍の社会を実現するために、我が国の社会保障制度を全世代型へと大きく転換していかなければならない。その揺るぎない決意の下に、昨年は解散総選挙を断行しました。そのときにお約束したとおり、消費税の使い道を見直し、2兆円規模の財源により、子供たちの未来に大胆に投資します。人生100年時代にあって、いくつになっても、誰にでも学び直しとチャレンジの機会を確保いたします。
 2020年、さらにその先の未来を見据えた日本の新しい国づくりに向けて、私たちは今、大きな一歩を踏み出しました。本年は戌(いぬ)年です。60年前の戌年は、高度成長時代の幕開けを告げる東京タワーが完成した年です。48年前の大阪万博では、動く歩道、携帯電話、コンピューター制御の自動車、リニアモーターカー、科学技術がもたらす未来社会の姿に多くの日本人が心を躍らせました。
 相場の格言に「申(さる)酉騒ぐ、戌笑う」という言葉がありますが、騒がしい酉年の次にやってくる戌年は、これまでも人々が笑顔に包まれる年、次なる新しい時代への希望が生まれる年となってきました。来年に向かって私たちがどのような国づくりを進めていくのか。この国の形、理想の姿を示すものは憲法であります。戌年の今年こそ、新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく。自由民主党総裁として、私はそのような1年にしたいと考えております。
 犬の嗅覚は人間の1億倍とも言われています。どんなに遠い道のりでも、その鼻で自らの進むべき道をしっかりと見つけ出すことができます。聴覚も優れており、その耳で人間には聞こえないような音も聞き取ることができるそうであります。私も声なき声にしっかりと耳を傾けていく。これまで以上に感覚を研ぎ澄ませて、我が国の進むべき道をしっかりと見定めながら、国民の皆様と共に新しい国づくりを力強く前に進めていく決意であります。
 最後となりましたが、本年が国民の皆様にとりましてすばらしい1年となりますことを心から祈念いたしまして、私の年頭における所感とさせていただきます。
 私からは以上です。

【質疑応答】

(内閣広報官)
 それでは、皆様からの御質問を頂きます。
 御質問をされる方は、所属とお名前を明らかにした上でお願いしたいと思います。
 初めは、内閣記者会の代表の方からお願いいたします。

(記者)
 フジテレビの山田と申します。どうぞよろしくお願いします。
 今年の通常国会では、自民党が
憲法改正の発議を目指し、与野党の議論を加速させていく方針だと伺っています。自民党内には今年中の国会発議を求める声がありますが、総理は憲法改正に向けて国会でどのような議論、そして、成果を期待されますでしょうか。また、秋には自民党の総裁選挙も控えていますが、総理の出馬への意欲をお聞かせください。

(安倍総理)
 憲法は、国の未来、理想の姿を語るものであります。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の基本理念は今後も変わることはありません。その上で、時代の変化に応じ、国の形、在り方を考える、議論するのは当然のことだろうと思います。大いに議論すべきだと考えています。
 そこで私は、昨年の5月、それまで停滞していた議論の活性化を図るために一石を投じました。事実、その後、党内での議論は活発になったと思います。具体的な検討は党に全てお任せしたいと考えています。
 もとより
憲法改正は、国会が発議し、そして、最終的には国民投票によって、国民の皆さんの意思によって決まるものであります。それが通常の、他の法案とは大きく違う点であります。各党における、今後ですね、憲法調査会において活発な、建設的な議論が行われ、そして、具体的な案を持ち寄りながら議論が進んでいく。その中で国民的な理解も深まっていく。スケジュールありきではありません。与党、野党にかかわらず、広い合意が形づくられることが期待されています。
 総裁選についての御質問がございましたが、総選挙において生産性革命、人づくり革命を行っていく、こうお約束をして、国民の信任を得ました。それを実行していくことが私の最大の責任であります。
 通常国会においては、集中して、通常国会においてもこうして結果を出していくことに集中していきたいと考えています。その先のことは、またその上で考えたいと思っております。

(以下、省略)



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-25 15:50 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 24日

憲法便り#2365:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月23日)編】昨夜もまた、公邸でご会食!

2018年1月24日(水)(憲法千話)

憲法便り#2365:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月23日)編】昨夜もまた、公邸でご会食!

【最新情報】
1月23日(火)
【午後】6時36分、公邸。衆院予算委員会の河村建夫委員長、菅原一秀理事らと会食。菅義偉、西村康稔正副官房長官同席。8時13分、全員出る。宿泊。

1月22日(月)
【午後】6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)
【午後】0時、総理大臣主催の女性駐日大使を招いての昼食会。
(以下は、外務省のホームページから)

1 本9日午後0時から約80分間,安倍晋三内閣総理大臣は,各国の女性駐日大使及び次期駐日大使16名を招き,総理公邸において昼食会を主催しました。 

2 今回の昼食会は,各国を代表する女性駐日大使と,「女性が輝く社会」の実現に向けた意見交換を行うために開催したものです。

3 安倍総理大臣は,昨年11月に開催された国際女性会議WAW!(WAW! 2017)を紹介しつつ,女性活躍推進に向けて継続的に取組を進めていきたく,各国の政策も参考にしたい旨述べました。

4 出席した各国女性駐日大使からは,女性大使としての経験やそれぞれの国における女性参画の取組が紹介されました。また出席者の間で活発な意見交換が行われ,昼食会は和やかな雰囲気の中,終了しました。

(参考1)参加した女性駐日大使及び次期駐日大使(信任状捧呈順)
リベリア,エルサルバドル,トンガ,ナミビア,ルクセンブルク,アイルランド,マケドニア旧ユーゴスラビア共和国,コスタリカ,カンボジア,ルワンダ,グアテマラ,バングラデシュ,ブルネイ,ネパール,ラトヴィア,イスラエル(次期駐日大使)

【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-24 13:47 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 01月 23日

憲法便り#2358:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月22日)編】国会開会式当日は、公邸でご会食!

2018年1月23日(火)(憲法千話)

憲法便り#2358:【安倍首相のご夕食、そして、ご昼食(12月22日ー1月22日)編】国会開会式当日は、公邸でご会食!

【最新情報】
1月22日(月)
6時53分、公邸。自民党の森山裕国対委員長、松本純国対委員長代理、大口善徳公明党国対委員長らと会食。菅、西村正副官房長官同席。8時12分、全員出る。宿泊。

1月21日(日)
終日、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

1月20日(土)

【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

【午後】3時13分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」。散髪。5時13分、東京・銀座の歌舞伎座。松本白鸚さん、幸四郎さん、市川染五郎さんと面会。「勧進帳」を鑑賞。7時59分、報道各社のインタビュー。8時18分、私邸。

*******************************************

題名に書いた「ご夕食」「ご昼食」は、敬語でも、丁寧語でもない。「お勉強」と同じく、いささか皮肉を込めた表現である。

誰が何を食べようが勝手だが、安倍首相と能天気な首相夫人の食事の場面の追跡は、つまらないことのようだが、彼らが如何に庶民とかけ離れた生活をしているか、そして人脈のひとつの検証になる。また、マスコミとの癒着も明らかになる。

若干12月にさかのぼって、首相の動向欄を追っていくことにする。(『東京新聞』Webを参照)

【2017年12月】

22日(金)【午後】6時7分、東京・平河町のホテル「ルポール麹町」。宴会場「ルビー」で政治解説者の篠原文也氏の懇親会に出席し、あいさつ。27分、東京・赤坂のふぐ料理店「い津み」。自民党の吉田博美参院幹事長、関口昌一参院国対委員長、野上浩太郎官房副長官と会食。9時3分、東京・富ケ谷の私邸。

23日(土)【午後】0時40分、皇居。昭恵夫人と共に天皇誕生日祝賀の儀、宴会の儀に出席。2時11分、私邸。26分、高島宗一郎福岡市長ら。6時8分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。南館内のエグゼクティブラウンジで増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、昭恵夫人らと食事。10時42分、私邸。

24日(日)公表された記録なし。

25日(月)【午後】6時、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話会談。39分、東京・銀座のすし店「鮨 石橋正和」。昭恵夫人と共に公明党の富田茂之衆院議員夫妻、若松謙維参院議員夫妻、上田勇元衆院議員夫妻と会食。9時45分、東京・富ケ谷の私邸。

26日(火)【午後】7時3分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。9時55分、東京・富ケ谷の私邸。

27日(水)【午後】6時30分、公邸。茂木友三郎キッコーマン名誉会長、中原伸之元日銀審議委員ら財界人と会食。8時53分、全員出る。宿泊。

28日(木)【午後】5時49分、内閣記者会との懇談会。6時16分、官邸職員との懇談会。38分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。中国料理店「花梨」で全日本アーチェリー連盟の会合に出席。
7時12分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で橋下徹前大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と会食。菅義偉官房長官同席。10時29分、東京・富ケ谷の私邸。

<メモ> 首相が日本維新の会前代表の橋下徹氏、現在の代表の松井一郎氏と年末に会談するのは三年連続です。この日の会談では改憲論議の在り方を巡っても意見交換。首相は引き続き維新の協力を求めたとみられます。

29日(金)【午後】4時51分、東京・富ケ谷の私邸。5時55分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時24分、同ホテル内の中国料理店「CHINAROOM」で友人と食事。同ホテルに宿泊。

30日(土)【午後】2時55分、横浜市栄区の日本料理店「九つ井本店」。昭恵夫人、古森同社会長夫妻と食事。5時37分、グランドハイアット東京。7時6分、同ホテル内のすし店「六緑」で友人と食事。昭恵夫人同席。同ホテルに宿泊。

31日(日)【午後】0時56分、同ホテル内のレストラン「フィオレンティーナ」で昭恵夫人と昼食。2時56分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観賞。5時33分、報道各社のインタビュー。38分、グランドハイアット東京。6時2分、同ホテル内のステーキハウス「オークドア」で昭恵夫人、洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時18分、全員出る。宿泊。

2018年1月

1月1日(月)【午後】5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、同ホテル内のフランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月2日(火)【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、同ホテル内のすし店「六緑」で昭恵夫人ら親族と食事。同ホテルに宿泊。

1月3日(水)【午後】0時39分、同ホテル内の日本料理店「旬房」で昭恵夫人と食事。1時10分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。通行人と写真撮影。34分、グランドハイアット東京。3時22分、東京・富ケ谷の私邸

1月4日(木)【午後】6時33分、のぞみ34号でJR東京駅。50分、東京・赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」。秘書官ら官邸職員と食事。9時53分、東京・富ケ谷の私邸。(この日は、伊勢神宮に参拝している。

1月5日(金)【午後】6時35分、東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦さん、六平直政さん、米倉涼子さんらと会食。10時17分、東京・富ケ谷の私邸。

この日、ほぼ同時刻に、今年最初の、
【0105(1月5日)再稼働反対!首相官邸前抗議】18:30~20時が開催された。
主催者発表で700人が参加。日本共産党の藤野保史衆院議員、立憲民主党の菅直人衆院議員も国会正門前エリアでスピーチを行った。寒い中、参加者の皆さん御苦労様でした!

1月6日(土)【午後】1時28分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。2時51分、羽田空港。4時53分、昭恵夫人、母親の洋子さんと共に全日空697便で山口宇部空港。6時1分、山口県下関市の自宅。18分、同市内の町民館。地元支援者の会合に出席。30分、自宅。後援会関係者と懇談。8時4分、同市の日本料理店「木乃家」。地元支援者らと会食。9時3分、自宅。

1月7日(日)【午前】10時6分、山口県下関市の自宅から同市豊北町の元後援会幹部宅。懇談。38分、同市のホテル西長門リゾート。宴会場で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

 【午後】1時6分、後援会スタッフらと記念撮影。13分、日本料理店「生簀篭」で昭恵夫人と共に村岡嗣政山口県知事らと会食。2時12分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。18分、報道各社のインタビュー。40分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。5時13分、地元支援者らと記念撮影。21分、山口大学の谷沢幸生医学部長。(岩田注:この時期に、わざわざ医学部長に会うとは!)6時21分、下関市の居酒屋「小料理さく」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者の会合に出席。7時30分、自宅。59分、同市の焼き肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。昭恵夫人と共に後援会若手関係者らと会食。10時13分、自宅。

<メモ> 地元・山口入りしている首相は自身の後援会の会合で、同郷の思想家、吉田松陰が残した「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉に触れました。栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならないとの意味です。「初心」とは、やはり改憲なのでしょうか。

1月9日(火)【午後】6時31分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。日本料理店「千羽鶴」で経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事ら財界人と会食。8時35分、東京・富ケ谷の私邸。

10日(水)【午後】6時36分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。客室で、堺屋太一内閣官房参与、池森賢二ファンケル会長、鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長らと会食。菅義偉官房長官同席。8時46分、東京・富ケ谷の私邸。

1月11日【午後】4時8分、公邸。自民党の月刊女性誌「りぶる」掲載用の女優米倉涼子さんとの対談。5時6分、官邸。8分、外務省の杉山晋輔事務次官、秋葉外務審議官。6時35分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」。世耕弘成経済産業相、西村康稔官房副長官、荒井広幸内閣官房参与、秋山光人日経映像社長らと会食。9時9分、東京・富ケ谷の私邸。20分、麻生太郎副総理兼財務相。10時49分、麻生氏出る。

(12日)=現地時間

【午後】エストニアで同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。タリンのマーリャマエ城でラタス首相主催の夕食会。宿泊先のスイスホテル・タリン。

(13日)=現地時間

【午前】タリン空港。政府専用機でラトビアのリガ国際空港。首相府でクチンスキス首相と会談。共同記者発表。

【午後】「自由の記念碑」で献花。「ブラックヘッドの会館」でクチンスキス氏主催の昼食会。リガ国際空港。政府専用機でリトアニアのビリニュス国際空港。大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬。

 (13日)=現地時間

 【午後】リトアニア・ビリニュスの首相府でスクバルネリス首相と会談。同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。リトアニア大公宮殿でスクバルネリス氏主催の夕食会。宿泊先のケンピンスキー・ホテル・カテドラル・スクエア。

(14日)=現地時間

【午前】アンタカルニス墓地で献花。カウナスの杉原記念館視察。報道各社のインタビュー。

【午後】ビリニュス国際空港。政府専用機でブルガリアのソフィア空港。首相府でボリソフ首相と会談。

(14日)=現地時間

 【午後】同行企業関係者を交えた拡大首脳会合。共同記者発表。ブルガリア・ソフィアのレストラン「ボデニツァタ」でボリソフ首相主催の夕食会。宿泊先のソフィア・ホテル・バルカン。

(15日)=現地時間

【午前】大統領府でラデフ大統領表敬。ソフィア・ホテル・バルカンで同行記者団と懇談。

 【午後】ソフィア空港。政府専用機でセルビアのベオグラード空港。セルビア宮殿で歓迎行事。ブチッチ大統領と首脳会談。

(15日)=現地時間

【午後】セルビア・ベオグラードのセルビア宮殿でブチッチ大統領と署名式・共同記者発表。迎賓館でブチッチ氏主催の夕食会。宿泊先のハイアット・リージェンシー・ベオグラード。

(16日)=現地時間

【午前】ベオグラード空港。

【午後】政府専用機でルーマニアのブカレスト空港。日本庭園、農村博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領と首脳会談。共同記者発表。

(16日)=現地時間

【午後】ルーマニア・ブカレストの国立歴史博物館を視察。大統領府でヨハニス大統領主催の夕食会。政府専用機でブカレスト空港を出発。

(17日)=日本時間

【午後】4時9分、欧州6カ国訪問を終え、昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港。43分、皇居。帰国の記帳。5時2分、東京・二番町の表千家東京稽古場。母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員らと共に初釜式に出席。会食。7時13分、東京・富ケ谷の私邸。

1月18日(木)

【午前】9時55分、東京・市谷本村町の防衛省。10時22分、オーストラリアのターンブル首相と共に陸上自衛隊ヘリコプターで千葉県船橋市の陸自習志野演習場。25分、陸自特殊部隊「特殊作戦群」の訓練視察。41分、小林茂中央即応集団司令官による習志野駐屯地所属部隊の概要説明。54分、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など装備品視察。11時8分、記念撮影。ターンブル首相見送り。14分、特殊作戦群の訓練視察。57分、陸自ヘリで官邸屋上ヘリポート。

 【午後】0時55分、警察庁の栗生俊一、坂口正芳新旧長官、三浦正充次長。1時57分、岸田文雄自民党政調会長。2時22分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。30分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、杉山治樹最高検検事、浦田啓一公安調査庁次長。41分、北村内閣情報官。3時28分、公邸。オーストラリアの新聞社のインタビュー。4時7分、官邸。59分、ターンブル首相を出迎え。記念撮影。5時、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。15分、ターンブル首相と首脳会談少人数会合。6時1分、国家安全保障会議特別会合。ターンブル首相同席。55分、ターンブル首相と首脳会談全体会合。7時33分、共同記者発表。48分、公邸。安倍晋三首相主催の夕食会。9時17分、ターンブル首相見送り。宿泊

1月19日(金)

【午後】6時24分、東京・内幸町の飯野ビルディング。女性リーダーのための経営戦略講座レセプションに出席し、あいさつ。58分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」。日本料理店「芝桜」で山口泰明自民党組織運動本部長、岡本毅東京ガス会長、本荘武宏大阪ガス社長らと会食。9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

*この同時刻、1月19日(金)午後6時半から、国会議員会館前で、今年初の「19日行動」!
主催者発表で、2000人が参加しました。
皆さん、寒い中、ご苦労さまでした!

*(ご夕食、ご昼食の参考資料(ブログ:「細かい資料」さんのツイートを借用)
 加計学園疑惑で追及された、2015年のクリスマスパーティ(?)の写真。

「男たちの悪巧み」

安倍晋三首相

加計学園理事長・加計孝太郎氏

三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏

鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏




[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-23 12:26 | 安倍首相への抗議・反論・批判