人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 52 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 21日

憲法便り#1066 「押し付け憲法」論への反論を連載します。

2015年7月21日(火)(憲法千話)

憲法便り#1066 「押し付け憲法」論への反論を連載します。

先日、妻の知人が、「戦争法案」反対の署名を集めるために、家庭訪問をしていた時の話。

インターホン越しに、「平和憲法を守るために・・・」話を始めたところ、「うちのインターホンは20秒で切れる。それに、押し付けられた憲法じゃないか!」と言われて、話に詰まってしまい、悔しい思いをしたという。

その知人は、私の講演をお聞きになっているし、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』も購入して下さっている。

だが、そのような場面に出会うと、とっさには言葉が出ないと思う。

相手が、話を聞く態度であれば、順序だてて話をすればいいのだが、なかなかそうはいかない。

したがって、最低限、知っていて欲しいことを、何回かに分けて、掲載することとした。

ぜひ、利用していただきたい。

そして、拡散していただきたい。

by kenpou-dayori | 2015-07-21 20:11 | お知らせ
2015年 07月 20日

憲法便り#1065 安倍ジョーク:「安倍首相が、ジムでベンチ・プレスに励んでいます。なぜでしょう?」

2015年7月20日(月)(憲法千話)

憲法便り#1065 安倍ジョーク:「安倍首相が、ジムでベンチ・プレスに励んでいます。なぜでしょう?」

【答え】 急落した内閣支持率の曲線を、押し上げるため。

by kenpou-dayori | 2015-07-20 13:30 | 天才デコポンが追及する!
2015年 07月 20日

憲法便り#1064 安倍ジョーク:「東京は晴天なのに、安倍首相が傘をさしています。なぜでしょう?」

2015年7月20日(月)(憲法千話)

憲法便り#1064 安倍ジョーク:「東京は晴天なのに、安倍首相が傘をさしています。なぜでしょう?」

【答え】 それは、ワシントンが雨だから。

これは、下記の、「スターリン・ジョーク」のパロディです。

「チェコのノボトニー(大統領)が、天気が良いのに、
傘をさして、長靴を履いて歩いています。
なぜでしょう?

「それは、モスクワが雨だから!」

言論統制が厳しかったソ連時代、市民の間では「スターリン・ジョーク」が流行っていました。

by kenpou-dayori | 2015-07-20 13:18 | 天才デコポンが追及する!
2015年 07月 20日

憲法便り#1063 安倍ジョーク:「戦後70年談話の原案決定」(安倍首相の私的諮問機関・有機知者会議)

2015年7月20日(月)(憲法千話)

憲法便り#1063 安倍ジョーク:「戦後70年談話の原案決定」(安倍首相の私的諮問機関・有機知者会議)

「ニッポンノ国
 明カルイ タノシイ 春ガ 来マシタ。

 日本ハ、春 夏 秋 冬ノ ナガメノ 美シイ 国デス。

 山ヤ 川ヤ 海ノ キレイナ 国デス。

 コノ ヨイ 国ニ、私タチハ 生マレマシタ。

 オトウサンモ、オカアサンモ、
 コノ 国ニ オ生マレニナリマシタ。

 オジイサンモ、オバアサンモ、
 コノ 国ニ オ生マレニナリマシタ。

 日本ヨイ 国、キヨイ 国。

 世界ニ 一ツノ  神ノ 国。

 日本 ヨイ 国、 強イ 国。

 世界ニ カガヤク エライ 国。

(第五期国定修身教科書 ヨイコドモ(下)十九)

by kenpou-dayori | 2015-07-20 12:54 | 天才デコポンが追及する!
2015年 07月 19日

憲法便り#1062「ベトナム・ダイオキシンデー 第5回ニッポン2015」のお知らせ

2015年7月19日(日)(憲法千話)

憲法便り#1062「ベトナム・ダイオキシンデー 第5回ニッポン2015」のお知らせ

Eメールの連絡先になっている鈴木芳博君は、出版労連時代からの、30年来の親友で、
今や、この運動の中心的存在です。
c0295254_1731229.jpg
c0295254_17321661.jpg



by kenpou-dayori | 2015-07-19 17:33 | ベトナムダイオキシンデー
2015年 07月 19日

憲法便り#1061新宿区教育委員会への『育鵬社、自由社の教科書不採択の要請書』をまとめて、考えたこと

2015年7月19日(日)(憲法千話)

憲法便り#1061新宿区教育委員会への『育鵬社、自由社の教科書不採択の要請書』をまとめて、考えたこと。

正直なところ、私が出版労連の組合員であった頃は、教科書問題については、教科書会社の労働組合の業種別共闘組織が中心的に関わる問題として捉えており、『教科書レポート』にも、あまり興味は示さなかった。

私が出版労連に所属していたのは、1967年から1996年までの30年間。

その当時の認識としては、「家永訴訟」に見られるような、教科書の歴史的記述に対する、「教科書検定」と称する国家権力からの検閲強化との闘いであった。

10年ほど前に、「教科書ネット」の会員になったことはあったが、いくつも加入している研究会・学会の会費と比較して、難関会費が高いし、私の研究テーマと直静的に関係がないので、一年間だけで、やめてしまった。

だが、今回、教科書採択の問題に取り組んでみて感じたことは、
当時と状況が全く違って来ていることであった。

安倍政権に繋がる極右勢力が、国家戦略として教科書発行を始めたことである。

育鵬社、自由社の教科書がそれで、彼らは、教科書採択に向けて、働きかけを強めている。

この動きについては、知識としては知っていたが、実物を見ると、「ここまでやるか」と、危機感を覚える。


もう一つ気がついたことは、現場の校長の中に、育鵬社、自由社の教科書を採択するように仕向け、
それで手柄を立てて、権力者にアピールをして、さらなる出世を目論む人物が居ることである。

具体例は、7月17日に、新宿区教育委員会の審議を傍聴した際の、感想文の中で、示す予定である。

乞う、ご期待!

by kenpou-dayori | 2015-07-19 15:47 | 教科書検定・採択問題
2015年 07月 18日

憲法便り#1060「米軍住宅は、犯罪の温床」:横田基地フィールドワークの感想④(地図付き)

2015年7月19日(土)(憲法千話)

憲法便り#1060「米軍住宅は、犯罪の温床」:横田基地フィールドワークの感想④(地図付き)

『憲法便り#1047』の標題は、
「無理が通れば、道路が引っ込む!」:横田基地フィールドワークの感想①(地図付き)
『憲法便り#1048』の標題は、
「無理が通れば、線路も引っ込む!」:横田基地フィールドワークの感想②(地図付き)
『憲法便り#1049』の標題は、
「なぜ基地の中を八高線が通る?」:横田基地フィールドワークの感想③:(地図付き)

今回は、米軍住宅が、犯罪の温床になっている話です。

地図上部の、国道16号線の左側にはみ出した、米軍用の「西住宅地区」、
赤丸の中に白抜きで、
「W16」とあるのは、テラスハウス群、
「W17」は、高層住宅群。

地図下部の、大きくはみ出したような部分が「東住宅地区」、
赤丸の中に白抜きで、
「E4」とあるのは、テラスハウス群、
「E5」は、高層住宅群。

ここに住めるのは、米軍の軍人とその家族、および軍属とその家族。

ただし、子どもといえども、同居可能なのは、19歳まで。

ところが、ある米軍住宅では、25人もの登録がされていたことが、ある犯罪捜査で判明した。

登録されていた大部分は、友人・知人の名前。

彼らには、それぞれ米軍基地への立ち入りが自由に出来る「IDカード」が発行されていた。

彼らは、基地周辺で、さまざまな犯罪を犯すたびに、基地内に逃げ込んで、アメリカ本国へ逃げ帰ってしまう。

殺人のような重大事件は別として、それ以外は、日本の警察も熱心な捜査はしない。

「日米地位協定」による「壁」という。

この「壁」なるものは、日本の為政者たちや、警察の「事なかれ主義」によって、「補強」されてきた。

したがって、犯罪の被害者は、そのほとんどが「泣き寝入り」するしかないのが実情だ。

「思いやり予算」で作られた「米軍住宅」は、「抑止力」どころではなく、犯罪の温床なのだ。

この実態は、独立国というよりは、アメリカの「属国」としか言いようがない。

米軍基地は、不要である。

地図は、
横田基地撤去センター・基地研究会作成
東京平和委員会発行(2008年12月1日発行)原寸はA2サイズ、ほぼ新聞紙面と同じ)
c0295254_2017411.jpg
c0295254_20195227.jpgc0295254_20203697.jpg



by kenpou-dayori | 2015-07-18 10:00 | 平和運動
2015年 07月 17日

憲法便り#1059「戦争法案反対!7・26新宿区民大集会」、私も賛同者として名を連ねました。画像追加

2015年7月17日(金)(憲法千話)
2015年7月18日(土):画像追加

憲法便り#1059「戦争法案反対!07・26新宿区民大集会」、私も賛同者として名を連ねました。画像追加

7月16日、政府与党は多くの反対の声を無視して、 安保関連法案を衆議院で、強行採決を しました。

しかし私たちは諦めない!

新宿でも戦争法案反対!の声をあげよう!

7月26日(日)11時から柏木公園に集合。

新宿駅の周辺をパレードします。

戦争する国にしないために、民主主義が守られる社会にするために、ぜひご参加ください.

*「戦争法案反対!07・26新宿区民大集会」の文章を借用しました。

チラシが届きましたので、画像を追加しました。
c0295254_1527875.jpg


賛同者の右側の列の上から二番目に、私の名前も紹介されています。
当日、三分間ほどのスピーチを希望しておりますが、どうなるかは、判りません。
内容は、憲法違反の「戦争法案」を、「憲法第59条」の「60日条項」の規定による採決の不当性について。
c0295254_15281433.jpg



by kenpou-dayori | 2015-07-17 21:40 | 戦争法反対行動・声明
2015年 07月 16日

憲法便り#1058「戦争法案」の強行採決は、国政の私物化以外の何物でもない。安倍政権打倒を訴える!

2015年7月16日(木)(憲法千話)

憲法便り#1058「戦争法案」の強行採決は、国政の私物化以外の何物でもない。安倍政権打倒を訴える!

c0295254_21271296.jpg



民意を無視した、これほどの暴挙は、他に例を見ない。

私は、昨日、抗議の意思表示をするために、国会に駆けつけた。

多くの人たちで、「出版労連」のところには行き着けなかった。

視力障害者の方々も6人見かけた。

昨日は、娘も国会に駆けつけた。

憲法学者の意見、
歴代内閣法制局長官、
元最高裁判所判事、
日本の法律家の大半を占める日本弁護士連合会(日弁連)、
学者の会の声明、
地方議会からの意見書、
全国各地の反対行動、
各種世論調査、
このどれをとっても、「戦争法案」に対して、「違憲」「反対」の声が高い。

「論点は、出尽くした」と言うが、「論議は、尽くされていない」。

アメリカとの密約を優先させ、民意の全てを無視した今回の強行採決は、独立国の議決とは認めがたい。

まるで、植民地の政府のようだ。

「安倍晋三による、安倍晋三のための、安倍晋三の政治」は、我々には必要ない。

安倍政権の打倒を呼びかける!

c0295254_21271296.jpg

by kenpou-dayori | 2015-07-16 20:24 | 戦争法反対行動・声明
2015年 07月 15日

憲法便り#1057必見!「戦争法案」に関して、地方議会が衆議院に提出した意見書の題名と議会名リスト

2015年7月15日(水)(憲法千話)

憲法便り#1057必見!「戦争法案」に関して、地方議会が衆議院に提出した意見書の題名と議会名リスト

7月14日午後1時半に、衆議院事務局議事部請願課を訪ね、
同課が作成した「第189回国会 安全保障法制等に関する意見書」326件(平成27年7月10日現在)をいただいて来ましたので、掲載します。

この意見書リストは、衆議院のホームページには掲載されていません。

新聞報道でも、分量が多いため、全リストは見かけません。

一覧表を受け取る際に、いくつかの質問をしましたので、併せて紹介します。

説明をして下さったのは、請願課・課長補佐東山哲道さんです。

①請願課では、新聞が報じたような分類はしていません。

②記事は、新聞社による分析とのこと。

③リストの番号は、委員会に送付する際に整理するためのもので、他に意味はありません。

④議会名は、都道府県別にまとめられてはいません。

➄同じようなタイトルでも、議会の構成を反映していて、請願の文章には幅があります。

⑥内容は、タイトルで判断出来るものがかなりありますが、正確には、各議会のホームページ、地方紙などで確認して下さい。

以上の説明を受けて、これからも、民意の反映である意見書の内容を確認する作業を進めたいと思っています。

手書きの文字、赤ペンでの書き込み、黒丸は、私が書き込んだものです。

これだけ多くの意見が寄せられているにも拘わらず、採決を強行するは、断じて許せません。

c0295254_21241083.jpg
c0295254_21245714.jpg
c0295254_2125327.jpg
c0295254_21262237.jpg
c0295254_21273457.jpg
c0295254_2128103.jpg
c0295254_2129370.jpg
c0295254_21293240.jpg
c0295254_2130748.jpg
c0295254_21315571.jpg
c0295254_21323532.jpg
c0295254_2133966.jpg
c0295254_21334088.jpg



by kenpou-dayori | 2015-07-15 06:51 | 戦争法反対行動・声明