人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 183 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 01日

憲法便り#1088:7月31日の『憲法便り』へのアクセス・ベストテン

2015年8月1日(土)(憲法千話)

憲法便り#1088: 7月31日の『憲法便り』へのアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1027憲法普及会編 『新しい憲法 明るい生活』(あの中学生教科書ではない)を、一挙掲載!

2.憲法便り#148 ポツダム宣言を68年前の新聞はどのように報じたか?

3.憲法便り#1086:7月30日の 『憲法便り』へのアクセス・ベストテン

4.憲法便り#1077「米軍基地の危険性」横田基地フィールドワークの感想➄(画像付き)

5.憲法便り#1081「アベ政治を 許さない!」:2015年7月に掲載して『憲法便り』一覧リスト

6.憲法便り#1078:憲法違反の「戦争法案」への反対は、対案以上の明確な意見表明である!対案は不要!

7.憲法便り#12 ご存知ですか?シリーズ(第1回) 「念仏者九条の会」

8.憲法便り#968:『日本共産党が日本国憲法草案の採決で反対した四つの理由』(第一回)

9.憲法便り#686「敗戦」でなく「終戦」なぜ?元日放送NHKスペシャル「戦後70年ニッポンの肖像」

10.憲法便り#108 吉田茂首相特集(第三回) 「戦争放棄に関する答弁」(その3)野坂参三議員へ

by kenpou-dayori | 2015-08-01 16:58 | 今日の話題
2015年 08月 01日

憲法便り#1087 憲法フォークジャンボリー in 東京 2015 Vol.9 で「講談」を、無事演じ終えました。

2015年8月1日(土)(憲法千話)

<b>憲法便り#1087 憲法フォークジャンボリー in 東京 2015 Vol.9 で「講談」を、無事演じ終えました。</b>

演題は、「日本国憲法誕生秘話」。

原因不明の喉からの出血が続いていたため、耳鼻科の先生に相談しながら準備を進めてきましたが、あまり喋らないこと、大声を出さないこと、という制約があり、7月31日の出演予定当日ぎりぎりまで悩みました。

イメージトレーニングは出来ても、声を出さないことには、講談の稽古にはなりません。

それに、稽古をしないことには、作品の完成も、直しようもありません。

そんな事情がありましたので、作品完成は、出演予定時刻午後7時45分の直前、午後6時です。

二回だけ、声を出して練習し、あとはぶっつけ本番。

声を出しづらかったのですが、それを感じさせないことが、セミプロの要件。

公演時間は、出入りを含めて十五分間ですから、失敗は許されません。

幸いなことに、直前の表現者(出演者)の方が早めに終わり、私が3分ほど余分に使えることになりましたので、余裕を持って演じることができました。

まったく存じ上げない方を含め、十人以上の方から、「勉強になりました」「素晴らしかったです」と声をかけていただき、ほっとしています。

来年もまた、司会者の方からも、「ぜひ来年も参加してください」と言われましたので、そのつもりをしています。

ここに掲載する写真は、妻が携帯電話で撮影したもので、客席が暗いのですが、一応雰囲気はお伝え出来るものと思います。

今日8月1日、そして明日8月2日も、仲間たちが上演中です。

c0295254_16253539.jpg
c0295254_1626614.jpg
c0295254_16271183.jpg
<br clear=all>

by kenpou-dayori | 2015-08-01 16:29 | 今日の話題
2015年 08月 01日

憲法便り#1087 戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月1日付『朝日新聞』の場合

2015年8月1日(d土)(憲法千話)

憲法便り#1087 戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月1日付『朝日新聞』の場合

想像してみて下さい。
「敵の空母は十数隻、7月30日に来襲した敵機は、二千機」
すでに、制空権を失った大日本帝国が、そして日本国民が置かれていた状況。

これは、戦争映画の一場面ではありません。
70年前の現実です。

無能で無責任な戦争指導者、
その指導者たちの言いなりになって、国民を戦争にあおり、戦争に加担した新聞社。

その愚を、二度と繰り返してはならない。
c0295254_11243754.jpg


c0295254_11255857.jpg


********************************************
以下は、再録です。

2013年 08月 01日
憲法便り#158 昭和20年8月1日スイス駐在加瀬公使ポツダム宣言受諾を進言

編集 | 削除
外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年8月1日(水)

[日本]
スイス駐在加瀬公使より、ポ宣言受諾を進言し来る。(注:進言の電文は憲法便り#159に全文掲載)

[外国]
英国ラスキー教授、銀行国有案を提唱。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載した。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2015-08-01 11:52 | 太平洋戦争日歴