岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 26日

憲法便り#2462:ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」完成試写会の簡単な感想!

2018年2月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2462:ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」完成試写会の簡単な感想!

この試写会に参加した直後から、風邪の症状が長引き、感想を書くまでに至りませんでした。

以下には、2018年1月21日付『しんぶん赤旗』日刊紙5面を引用しています。

去る2月4日(日)、アップリング渋谷で開催されました。
上映は二回で、第一回:午後6時から、第二回午後8時15分~(『しんぶん赤旗』の記事の時間は誤り)

前売り1500円、当日1800円ですが、第一回午後6時からのチケットは完売。
主催者が会場を借りて実現した試写会なので、アップリング渋谷では、チケットの販売はしていませんでした。

主催者は、岩手県北上市にある、有限会社ロングラン 映像メディア事業部。
電話番号 0197(67)0714まで。

1965は、沖縄がまだ米軍の軍事占領下に置かれていた1965年の意味。
米軍トラックに、小さな女の子が轢かれた年。
たまたま、祖国復帰行進で、たまたまその現場を通りかかった時、
嬉野京子さんが、命がけで撮った一枚の写真(記事の上から3番目)が、この映画の原点です。

監督都鳥(とどり)信也さん、撮影・編集都鳥拓也さん、二人は岩手県北上市出身の双子の兄弟。

日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、2010年から、自殺防止の取り組みや、東日本大震災下の保健士などを追ったドキュメンタリー映画を作って来ました。

沖縄については、ほとんど予備知識を持たないところから、この映画を制作しているということです。

是非、見たいと思い、予約申し込みの電話をまししたが、狭い会場のため、昼の部は売り切れだったので、仕方なく、夜の部を予約。
午後8時15分に、監督、製作者、出演者のプレトークで始まり、上映は、8時35分スタート。上映終了は10時20分頃だったので、帰宅は午後11頃。かなり疲れました。

プレトークで、最も印象に残ったのは、元アメリカ海兵隊員アレン・ネルソンさんの声の朗読をした悠雲さんの話。
今年の正月のこと。家族が集まったところで、普段は口数の少ない、85歳になる父親が、「皆に話しておきたいことがある。戦争は絶対にいけない。戦争はむごいものだ。」父親は、平和の大切さを、涙を浮かべながら話したという。

父親は、いままで、このような話をしたことがなかった。
しかし、日本の政治の現状を見ていて、これだけは話しておかなけれならないと思ったのだろうという。

いま、戦争政策を進める安倍政権の危うさを見ていると、黙っていてはいけないと思う戦争体験世代が、使命感で語りつごうと重い口を開いている、印象的な話だった。
c0295254_18334679.jpg
c0295254_18341289.jpg



c0295254_19301169.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-26 20:25 | 沖縄
2018年 02月 26日

憲法便り#2464:ねつ造データに基づく「働き方改革」法案は、労働者のためではなく、明治維新150年に「偉業」を成し遂げたいという、安倍首相の欲望以外の何物でもない!

2018年2月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2464:ねつ造データに基づく「働き方改革」法案は、労働者のためではなく、明治維新150年に「偉業」を成し遂げたいという、安倍首相の欲望以外の何物でもない!

「無理が通れば 道理が引っ込む」という諺がある。
ねつ造したデータをもとに、「裁量労働制」を拡大する、「働き方改革」法案は、その最たるものである。

過労死ラインに達する労働者が急増する危険がある。

どんなに説明しても、出発点が間違っているのだから、どこまで行っても、つじつまは合う訳がない。

でも、労働者がどうなろうと、そんなことは、一向にかまわないのだ。

何故このようなことが生じるのか?

それは、一にも、二にも、安倍首相の幼稚性に起因する。

彼は、とにかく、明治維新150年の今年、この法案を通し、偉大な総理大臣になりたいのだ。

とにかく、自分のためなのだ!

これを、たしなめることが出来す、安倍首相の言いなりになっている自民党は、極度に劣化している。

自分の頭で考えていない。

ただ、数の論理が頼みなのだ。

「安倍による、安倍のための、安倍の政治」

そんなことは許してはならない!

安倍内閣は、法案提出を断念せよ!



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-26 13:13 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 02月 26日

憲法便り#2463:『憲法便り』への、最近の記事ランキング「ベストテン」!

2018年2月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2463:『憲法便り』への、最近の記事ランキング「ベストテン」!
記事ランキング[設定]×

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-26 09:26 | アクセス・ベストテン
2018年 02月 26日

憲法便り#2462:『憲法便り』2月20日から、25日までの掲載記事一覧!

2018年2月26日(月)(憲法千話)

憲法便り#2462:『憲法便り』2月20日から、25日までの掲載記事一覧!


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-26 08:14 | 憲法便り掲載記事一覧
2018年 02月 25日

憲法便り#2461:名著『アメリカ人民の歴史』誕生秘話、「そこをどけ、われわれは人民の代表だぞ!」「てめえたちこそどけ、おれたちが人民だぞ!」

2018年2月25日(日)(憲法千話)

憲法便り#2461:名著『アメリカ人民の歴史』誕生秘話、「そこをどけ、われわれは人民の代表だぞ!」「てめえたちこそどけ、おれたちが人民だぞ!」

これは、拙著『検証・憲法第九条の誕生』初版へのあとがきに書いた、

レオ・ヒューバーマン著『アメリカ人民の歴史』の誕生にまつわエピソードです。

初版刊行は、2004年6月30日ですが、「あとがき」を読むと、

今の状況が重なってくるので、掲載することにしました。


「初版へのあとがき」


憲法第九条と憲法前文は深く関わりがあるので、前文に関する論議も収録することを考えたが、大部になることを避けるため、第九条に限定した。

速記録を読んでいると、「野次」や「拍手」、議長の「静粛に願います」と議場を制する声なども記録されていて、私がまるでその場に身を置いているような臨場感がある。GHQの占領下にはあったが、当時の国会運営からは、日本の民主主義の黎明期とも言える新鮮さ、平和を願う真剣さが伝わってくる。

私は中学生までの時代を東京・葛飾で過ごしたが、近くに平和公園、平和橋、平和通りがあった。子供の頃は分からなかったが、いま改めて思い起してみると、人々の平和への願いが町の中にあふれていた。

私が本書を執筆することになるきっかけは、昨年十二月の初めに、『全国お郷(くに)ことば・憲法9条』という出版物の企画を進めている合同出版の社長からロシア語訳の依頼を受けたことであった。その時は、十九世紀前半のロシアにおいて、法整備の中心的役割を果たした人物についての論文を執筆中だったこともあり、第九条だけの試訳ということなので気軽に引き受けた。

参考に送られてきた英訳を見ると、条文の後半は受動態で書かれていた。しかし、日本語の条文は能動態で書かれており、何故かという疑問が生じた。取りあえず露訳をするために複数の和露辞典を調べたが、「国権」は「国家の主権」とするものと、「国家権力」とするものがある。「交戦権」に関しても訳語に違いがあり、知り合いのロシア人研究者に尋ねてみると、ロシア語では「戦端を開く」という意味の定式化された表現を使うという。過去に国会答弁で示された政府見解では、自衛隊派兵も「交戦権」の概念に含まれるので、表現は定式化されたものを使う訳にはいかない。

第九条は短い条文だが、重要な条文である。したがって、私としては納得がいかないままでロシア語訳を提出することは出来ないので、これらの疑問を解くため新憲法成立の過程を詳細に調べることにした。調べ始めてみると面白くなって、国立国会図書館の憲政資料室と議会官庁資料室に一ヶ月間も通うことになり、憲法との密な関係が始まった。そして、第九条誕生までの資料と衆議院議事速記録に目を通して、様々なことを知ることができた。憲法学者ならば当たり前のことも、素人の私には「発見」の連続であった。本書は、この調べ物の「副産物」で、私の納得のプロセスであり、いわゆる研究書ではない。

ここで、ロシア語訳にあたっての勉強の「成果」をひとつだけ紹介しておこう。日本国憲法前文の「日本国民は」の部分は、英文草案ではアメリカ合衆国憲法の冒頭We, the people に倣って、We, the Japanese peopleの書き出しで始まっていた。ところが、確定した第九条の書き出しは、単に「日本国民は」となっており、公式英訳でもthe Japanese peopleと三人称形になっている。だが、私はロシア語訳をする際に、前文と同様にWe, the Japanese peopleと解釈し、主権在民の基本的理念を反映するため「我々」という言葉を補い、一人称複数形にした。

英文の憲法草案の書き出しWe, the Japanese people という言葉を見て、私は早稲田大学の学生時代に曽根史郎先生の「米国史」を受講した時のことを思い出した。学年末試験が迫ったが、一年間の出席回数が二回だけと極めて少なかった私は、レオ・ヒューバーマン著(小林良正・雪山慶正訳)「アメリカ人民の歴史(上・下二巻)」(岩波新書)を読んで試験に臨んだ。同書は、初めは少年少女たちのために書かれたもので、一九三二年に初版が出版されているが、その後大人向きに書き足された。原題は《We, the people》である。一九五三年に書かれた日本語版への序文によれば、著者のレオ・ヒューバーマンは、一九三二年当時はまだ二九歳で、小学校の先生をしており、生徒たちに教える全教科のなかでも特に歴史に興味を持っていた。彼は歴史の主題は、ありきたりのアメリカの歴史、つまり日付や戦争や英雄のことを教えるのではなく、見通しを与え、現在の問題を理解する際に役立つ分析の道具を与えるようなものでなくてはならないと考えていた。したがって、彼の歴史の授業では、何が起こったかということについてはほとんど時間をかけず、なぜそれが起ったかという問題に大部分の時間を費やしたと述べている。これは、イラク戦争についても当てはまる。

この序文の中で、いまから一五〇年ほど前の、強烈な印象を与える逸話が紹介されている。「ある西部の満員の集会で数人の役人が、人ごみを押し分けて演壇に近づこうとしていた。彼らは「そこをどけ、われわれは人民の代表だぞ!」と怒鳴った。ところが、間髪をいれず群集の中から答があった。いわく、「てめえたちこそどけ、おれたちが人民だぞ!」

We, the people》を書いたのは、この話の中で語られている精神が、彼の心を躍らせたからだと言う。

平気な顔で嘘をつき続ける小泉首相、人を小ばかにした福田前官房長官の物言い、閣僚の不見識な発言、自民党、公明幹部の不遜な態度を見ていると、彼らに向かって「嘘を言うな!」「憲法違反の自衛隊派兵をやめろ!」「国民をなめるな!」と大声で怒鳴りたくなる衝動にかられる。

こうして書いているうちにも、自民・公明両党が日本共産党、社民党、無所属議員の審議権を奪い、議会制民主主義を踏みにじり、年金法を強行採決し、さらに有事関連七法案の採決も強行した。憲法改悪の策動もますます強まっている。(以下、略)

下は、私の手元にある、1947年改訂版(ペーパーバック)の表紙です。
c0295254_20235680.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-25 21:27 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2018年 02月 25日

憲法たより#2460:「日常生活のなかに 憲法感覚を!」に始まる、畑田重夫先生の「人生訓」(七ヶ条)を紹介します!

2018年2月25日(日)(憲法千話)

憲法たより#2460:「日常生活のなかに 憲法感覚を!」に始まる、畑田重夫先生の「人生訓」(七ヶ条)を紹介します!

『会報ハタゼミ』第23号発行(2017年10月)より。
同書に掲載された、畑田重夫先生の「ミニ講演」、『わが憲法人生の終盤にさいして 二つの言いたいこと、伝えたいこと』が好評でした。
続けて畑田重夫先生の「人生訓」を謹んで紹介いたします。

c0295254_20055408.jpg


c0295254_20061327.jpg

c0295254_20062553.jpg




c0295254_20064156.jpg



c0295254_20070104.jpg





c0295254_20072522.jpg






c0295254_20074485.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-25 20:17 | 名著・名文・名言紹介
2018年 02月 25日

憲法便り#2459:特定機能病院の、医師の長時間労働について考える!(特定機能病院一覧表その他、加筆版)

2018年2月25日(日)(憲法千話)

憲法便り#2459:特定機能病院の、医師の長時間労働について考える!(特定機能病院一覧表その他、加筆版)

安倍内閣は、データねつ造で、根拠が崩れた「働き方改革」法案の国会提出を断し、
以下に示す、国民の命にかかわる特定機能病院の医師たちの長時間労働問題を早急に解決すべきである。

2018年2月24日付『東京新聞』朝刊は、一面トップで、共同通信が入手・配信した関係資料をもとに、
「医師の長時間労働」「特定機能病院7割に勧告」「13~17年 違法残業で労基署」と報じた。
インターネット上では、ロイター通信、沖縄タイムスも、すでにこの問題を取り上げている。

日本全国の医療の中枢をになっている大学病院等の現状がこれでは、由々しき事態である。
東京新聞の記事では、関東の21特定機能病院の名前が公表されている。
すべて、その名を知っている有名病院ばかりだ。

そこで私は、まず、厚労省のホームページで、「特定機能病院」について、どのように定義されているのかを調べてみた。
特定機能病院制度の概要に、趣旨、役割、承認要件が簡潔にまとめられているので、下記をクリックして見ていただきたい。
(厚労省のホームページの説明は、こちらへ

そして、次に、全国にある、特定機能病院のリストを調べてみた。そして、東京新聞の報道を参照して、リストに書き込みを行った。
書き込みをしたリストは、この記事の末尾に掲載するが、厚労省のホームページにリンクするようにもしてある。
(特定機能病院の一覧表は、こちらへ

報道によっては、現在の特定機能病院は、82となっているが、
2017年4月1日現在では、85だった。

東京女子医大は、この指定から外されているが、他の病院については、分からない。

今年の4月1日時点で、新たなリストが公表されると考えている。

医師が長時間労働で、研究の時間も取れないようでは、
特定機能病院としての水銃は、維持できないと思う。

医師を人として扱わない病院が、患者をどのように扱うのかを考えてみただけでも、
ぞっとするような話だ。

早急な改善を要望したい。

【厚労省作製の特定機能病院一覧】

『東京新聞』の記事をもとに、リストに次の加筆をした。

●印は、是正勧告を受けた関東の、21特定機能病院
●④は、勧告が4回繰り返された、5特定機能病院。

勧告後の具体的な改善について、一部報じられていることもあるが、
全体については、まだ情報を把握していない。
c0295254_19445966.jpg


c0295254_19451893.jpg


c0295254_19453501.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-25 19:54 | 生活の安全・安心
2018年 02月 25日

憲法便り#2458:【子どもの情景②】走ると転ぶよ!

2018年2月25日(日)(憲法千話)

憲法便り#2458:【子どもの情景②】走ると転ぶよ!

昨年まで、近くのマンションに住んでいる、2歳の女の子Aちゃんが、お母さんに連れられて、私たち夫婦に会いに来た。

Aちゃんは、元気な子で、走り回るのが好きなのだが、まだ、足元がおぼつかないので、お母さんが「走ると転ぶよ」と口ぐせのように言うのだそうだ。

ある日のこと、道路でランニングをしている人を見かけたAちゃんは、「走ると転ぶよ!」と声をかけたと言って、お母さんは笑った。

子どもは、親の鏡なのだ。

そんな話を聞いている最中に、Aちゃんが、目の前で転んだ。

今日は、「東京マラソン」とのこと。

Aちゃんが「東京マラソン」のランナーたちを見かけたらば、どんな反応をするだろう、と想像して、妻と笑っている。



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-25 10:00 | 子どもの情景
2018年 02月 24日

憲法便り#2457:特定機能病院について考える!(加筆版)を準備中です!

2018年2月24日(土)(憲法千話)

憲法便り#2457:特定機能病院の、医師の長時間労働について考える!(加筆版)を準備中です!

2018年2月24日付『東京新聞』朝刊は、一面トップで、
「医師の長時間労働」「特定機能病院7割に勧告」「13~17年 違法残業で労基署」と報じた。
インターネット上では、ロイター通信も、すでにこの問題を取り上げている。

日本全国の医療の中枢をになっている大学病院等の現状がこれでは、由々しき事態である。
東京新聞の記事では、関東の21特定機能病院の名前が公表されている。
すべて、その名を知っている有名病院ばかりだ。

そそで私は、まず、厚労省のホームページで、「特定機能病院」について、どのように定義されているのかを調べてみた。
(厚労省のホームページの説明は、こちらへ

そして、次に、全国にある、特定機能病院のリストを調べてみた。
(特定機能病院の一覧表は、こちらへ

報道によっては、現在の特定機能病院は、82となっているが、
2017年4月1日現在では、85だった。

東京女子医大は、この指定から外されているが、他の病院については、分からない。

今年の4月1日時点で、新たなリストが公表されると考えている。

医師が長時間労働で、研究の時間も取れないようでは、
特定機能病院としての水銃は、維持できないと思う。

医師を人として扱わない病院が、患者をどのように扱うのかを考えてみただけでも、
ぞっとするような話だ。

早急な改善を要望したい。



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-24 21:33 | 生活の安全・安心
2018年 02月 24日

憲法便り#2456:ご存知ですか? 抗がん剤副作用 対処法が進歩!

2018年2月24日(土)(憲法千話)

憲法便り#2456:ご存知ですか? 抗がん剤副作用 対処法が進歩!

2018年2月25日付『しんぶん赤旗』日曜版33面に、耳よりのニュースが載っていた。

私の周囲でも、近親者を含めて、ガンと闘っている人が多い。

そして、抗がん剤の副作用に苦しんでいる人が多い。

ここに紹介する記事には、「”我慢”しない方法 知れば安心」とある。

この記事で、どれほど多くの人たちが救われることか。

ご興味のある方は、是非、ご参考にしていただきたい。

私自身、この記事を保存版としておきたいと思っています。

この画面では、読みづらい場合、是非、近くの共産党の事務所に連絡を取って、
同日付の『しんぶん赤旗」日曜版を入手なさることをお勧めしたい。
c0295254_20473486.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-24 21:14 | 生活の安全・安心