人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

タグ:原発 ( 69 ) タグの人気記事


2019年 01月 06日

憲法便り#2798:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換(加筆版)!

2019年1月6日(日)(憲法千話)

憲法便り#2798:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換(加筆版)!

2019年1月5日付『東京新聞』一面が報じるところによれば、談話は次の通り。(中沢幸彦氏執筆)

経団連の中西宏明(日立製作所会長)は、年初に際しての報道各社とのインタビューで、
今後の原発政策について「東日本大震災から八年がたとうとしているが、東日本の原発は再稼働していない。

国民が反対するものはつくれない。

全員が反対するものを、エネルギー業者や日立といったベンダー(設備納入業者)が、
「無理につくることは、民主国家ではない」と指摘。

「真剣に一般公開の討論をするべきだと思う」として、
国民の意見をふまえたエネルギー政策を再構築すべきだとの見方を示した。

原発再稼働を進める安倍政権に対して、
従来、経団連は「原子力は最も有用な基幹エネルギー」(榊原定征前会長)として同調していた。

しかし、政府と民間が進めてきた原発の輸出戦略は、
コルト高や安全不安で、相次いで頓挫。

中西氏が会長を努める日立製作所が英国での原発建設計画も、
コストの上昇から採算が合わなくなり、暗礁に乗り上げている。

原発の経済合理性が失われる中、原発を推進するには、
国民の同意が必要だとの主張を示したものだ。

一方で、再生可能エネルギーについても、
「日本には適地が少なく、極めて不安定。太陽光も風力も季節性がある。
次世代通信網も新しい投資が行われていない」として、課題が多いとの見方を示した。

なお、同紙の第七面に、
「原発政策の矛盾鮮明」
と題して、関連する会見の一問一答が掲載されている。

経団連会長の、この談話で、
安倍政権の終焉が、はっきりと見えてきた。

大いに歓迎すべき談話だが、今日の『日本経済新聞』土曜版には、この記事が見当たらなかった。
**************************************

すでに、この談話の予告的な関連記事があった!

2018年12月17日(月)付『東京新聞』朝刊一面記事
英原発計画 日立凍結へ
政府輸出戦力 全て暗礁


by kenpou-dayori | 2019-01-06 09:30 | 核廃絶・脱原発
2019年 01月 05日

憲法便り#2796:1月1日~1月5日の記事一覧リスト!

2019年1月5日(土)(憲法千話)

憲法便り#2796:1月1日~1月5日の記事一覧リスト!

久々に、12月31日から6日間連続で、発信することが出来ました。

2019年 01月 ( 7 ) > この月の画像一覧



by kenpou-dayori | 2019-01-05 21:12 | 憲法便り掲載記事一覧
2019年 01月 05日

憲法便り#2796:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換!

2019年1月5日(土)(憲法千話)

憲法便り#2796:「原発 国民反対なら無理」 経団連会長 政権と同調姿勢転換!

2019年1月5日付『東京新聞』一面が報じるところによれば、談話は次の通り。(中沢幸彦氏執筆)

経団連の中西宏明(日立製作所会長)は、年初に際しての報道各社とのインタビューで、
今後の原発政策について「東日本大震災から八年がたとうとしているが、東日本の原発は再稼働していない。

国民が反対するものはつくれない。

全員が反対するものを、エネルギー業者や日立といったベンダー(設備納入業者)が、
「無理につくることは、民主国家ではない」と指摘。

「真剣に一般公開の討論をするべきだと思う」として、
国民の意見をふまえたエネルギー政策を再構築すべきだとの見方を示した。

原発再稼働を進める安倍政権に対して、
従来、経団連は「原子力は最も有用な基幹エネルギー」(榊原定征前会長)として同調していた。

しかし、政府と民間が進めてきた原発の輸出戦略は、
コルト高や安全不安で、相次いで頓挫。

中西氏が会長を努める日立製作所が英国での原発建設計画も、
コストの上昇から採算が合わなくなり、暗礁に乗り上げている。

原発の経済合理性が失われる中、原発を推進するには、
国民の同意が必要だとの主張を示したものだ。

一方で、再生可能エネルギーについても、
「日本には適地が少なく、極めて不安定。太陽光も風力も季節性がある。
次世代通信網も新しい投資が行われていない」として、課題が多いとの見方を示した。

なお、同紙の第七面に、
「原発政策の矛盾鮮明」
と題して、関連する会見の一問一答が掲載されている。

経団連会長の、この談話で、
安倍政権の終焉が、はっきりと見えてきた。

大いに歓迎すべき談話だが、今日の『日本経済新聞』土曜版には、この記事が見当たらなかった。


by kenpou-dayori | 2019-01-05 20:46 | 核廃絶・脱原発
2018年 03月 15日

憲法便り#2498:大飯原発3号機の再稼働に抗議する!

2018年3月15日(木)(憲法千話)

憲法便り#2498:大飯原発3号機の再稼働に抗議する!

3月14日に、3号機が再稼働されたことが報じられた。

原発に頼らなくても、電気は足りているにもかかわらずだ!

住民の不安がぬぐいきれない中での再稼働は、誰のためなのだ。

事故の際の避難計画も充分ではないという。

地震学者の警告も無視している。

関西電力、西川知事、原子力規制委員会は、あまりにも無責任だ。

福島の原発事故は、まだ解決のめどが立っていないのだ!

どれだけ多くの人々が苦しんでいるか分かっていないのか。

原発事故を甘く見てはいけない!






by kenpou-dayori | 2018-03-15 21:08 | 核廃絶・脱原発
2018年 02月 22日

憲法便り#2449:「ダキシメルオモイ展」と、講演会「震災・原発避難者はいま part 3」のお知らせ!

2018年2月22日(木)(憲法千話)

憲法便り#2449:「ダキシメルオモイ展」と、講演会「震災・原発避難者はいま part 3」のお知らせ!

2011年3月11日の
東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から
7年になろうとしています。

この4月には、
多くの避難者が住宅支援を打ち切られ、せっかく根づこうとしていた生活を
台無しにされました。

あまりにも、非情、
あまりにも、理不尽
この世には、神も仏もないのか

いま、私自身に問いかける
原発避難者のいま
c0295254_20263497.jpg




by kenpou-dayori | 2018-02-22 21:31 | 核廃絶・脱原発
2018年 02月 22日

憲法便り#2448:第7回江古田映画祭 2018 「3・11福島をわすれない」のお知らせ!

2018年2月22日(木)(憲法千話)

憲法便り#2448:第7回江古田映画祭 2018 「3・11福島をわすれない」のお知らせ!

c0295254_20255470.jpg

c0295254_20261454.jpg




by kenpou-dayori | 2018-02-22 21:18 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画
2018年 01月 27日

憲法便り#2383:昨日、原発をインドにもどこにも売るな 原発輸出に反対する院内集会がありました!

2018年1月27日(土)(憲法千話)

憲法便り#2383:昨日、原発をインドにもどこにも売るな 原発輸出に反対する院内集会がありました!

昨日、森友・加計問題 緊急院内集会に参加してきましたが、その際にもらったチラシの中に、下記の院内集会のお知らせがありました。

予定があったため、帰宅してから読んだところ、参加しておけば良かったという内容でした。
もう終わってしまいましたが、今後のためにお知らせしておきます。

c0295254_20421779.jpg
c0295254_20424218.jpg



by kenpou-dayori | 2018-01-27 20:55 | 核廃絶・脱原発
2018年 01月 25日

憲法便り#2373:【名著紹介】柳田邦男著『終わらない原発事故と「日本病」』(新潮社、2013年)を読んでいます!

2018年1月25日(木)(憲法千話)

憲法便り#2373:【名著紹介】柳田邦男著『終わらない原発事故と「日本病」』(新潮社、2013年)を読んでいます!

妻が、新宿区立中央図書館から借りて読んでいたものを、私も読んで見ました。

事実の追求、事件の真相の追及、知識の幅広さ、そして、読み取り方の深さ、どの点からも、感服という言葉が当てはまる名著です。

新潮社編集部に問い合わせたところ、紙の本は売り切れ、電子書籍が入手可能とのこと。

古書で、入手する努力をしています。

同編集部のご了解を得て、表紙と目次の画像を掲載します。
c0295254_19333034.jpg

c0295254_19335571.jpg
c0295254_19344493.jpg







by kenpou-dayori | 2018-01-25 19:36 | 名著・名文・名言紹介
2018年 01月 11日

憲法便り#2309:【原発No!⑤】原発全廃を目指す新たな運動を歓迎する!

2018年1月11日(木)(憲法千話)

憲法便り#2309:【原発No!⑤】原発全廃を目指す新たな運動を歓迎する!

報じられるところによれば、昨1月10日、国会内で、「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」が記者会見を行い、小泉純一郎元首相も発言している。
小泉元首相と細川元首相が並ぶと、どうしても、反原発・脱原発の世論を二分してしまった都知事選挙のことを思いだしてしまうので、正直なところ複雑な思いがよみがえる。

だが、原発再稼働の動きが加速している記念名状況を打破するため、忘れたふりをするのではなく、「大異をすてて、大同に付かなければならない」と思う。
今なら、まだ間に合うからだ!

以下は、今日2018年1月11日付『東京新聞』一面、および二面の記事を引用した。
c0295254_10133863.jpg

c0295254_10125215.jpg


by kenpou-dayori | 2018-01-11 10:48 | 核廃絶・脱原発
2018年 01月 03日

憲法便り#2284:【原発No!③】元作業員男性、勇気ある証言!「除染作業の手抜き 飯館以外でも行われていた」

2018年1月3日(憲法千話)

憲法便り#2284:【原発No!③】元作業員男性、勇気ある証言!「除染作業の手抜き 飯館以外でも行われていた」

元請けである大成建設をはじめとする共同事業体(JV)、および、これまで気付かなかった環境事務所の責任は重大である。

一部では、汚染された雨水が流れ出ているというではないか!

これでは、住民の帰還はますます遅れてしまうではないか!

早急に点検をし、対処すべきである。

安倍首相は、「アンダー・コントロール」と世界に向かってアピールしたが、コントロールはされていない。

以下は、2018年1月3日付『東京新聞』朝刊24面を引用。
c0295254_22203680.jpg


by kenpou-dayori | 2018-01-03 22:40 | 核廃絶・脱原発