岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

タグ:憲法千話 ( 1784 ) タグの人気記事


2018年 12月 02日

憲法便り#2785:昨夕、日本共産党・吉良よし子参院議員の激励会に参加してきました!

2018年12月2日(日)(憲法千話)

憲法便り#2785:昨夕、日本共産党・吉良よし子参院議員の激励会に参加してきました!

昨日、午後6時から、早稲田大学近くのレストランで、「政治革新めざすオール早稲田の会」が主催する「吉良よし子さんと統一地方選候補者を励ますつどい」が開催され、私も参加してきました。

健康維持のため、午後五時以降の会には参加しないことにしていますが、先日、高田馬場駅前で吉良さんの街頭演説を聴いた時に、初めて挨拶し、名刺交換をしておりましたので、参加した次第です。

懐かしい再会もありました。遠くは、水戸からの参加も。

会には、田村智子参院議員の参加もあり、最近の国会情勢について、話を伺いました。
地方議員の中には、神奈川県議会議員の大山奈々子さんも。

『しんぶん赤旗』で、すでに読んでいる話が多かったのですが、
沖縄県知事選の勝利の要因、市民と野党の共同の大きな前進と可能性、安倍政権、自民・公明の政治破壊、国会運営破壊を改めて、実感した時間でした。

私も、吉良さんが再選を果たせるように、力になれることがあればと思っています。

そして、一日も早い安倍内閣の終焉を実現したいと思います。
c0295254_20435753.jpg

c0295254_20432703.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2018-12-02 20:44 | 国会議員・政党関連
2018年 12月 01日

憲法便り#2784:【名著と講演の紹介】末浪靖司著『機密解禁文書にみる日米同盟ーアメリカ国立公文書館からの報告』

2018年12月1日(土)(憲法千話)

憲法便り#2784:【名著と講演の紹介】末浪靖司著『機密解禁文書にみる日米同盟ーアメリカ国立公文書館からの報告』!


昨日、代々木の「美和書店」でこの本を購入した。

月並みな表現ですが、「すごい本」です。最近の若者ことばで言えば「ハンパない」ということ。

著者の末浪さんは、1939年生まれ。2005年米議会図書館訪問を皮切りに、単身アメリカ国立公文書館に通い続け、解禁された機密文書の中から、日米安保・地位協定秘密交渉の「恐るべき」内幕を明らかにした本書をはじめ、一連の著作を世に出してきた。

学ぶことがとても多い。例えば、

「同盟は、英語で、ALLIANCE(アライアンス)です。防衛学会編『国防用語辞典』には、「同盟 alliance ある政治状況の下で、一定の軍事的行動をとることを明示した国家間協定関係」とあります。
 岩波小辞典「国際問題」には、同盟とは「狭義においては、二国または数国が、応援義務発生の場合、共同して戦争に従事する約束」と書かれています。」

最近、マスコミの報道で、日米同盟、日米同盟の強化、などど頻繁に報じられますが、これは正しくは、日米軍事同盟、日米軍事同盟の強化です。

この本の著者である末浪さんを講師に迎えて、下記の講演会行われます。

 「もうひとつの戦後」研究会
「対米密約と安保条約・地位協定」
~アメリカ国立公文書が語る日米高官の密約と詭弁~

日 時:12月8日(土)午後3時~午後6時
場 所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館405教室
参加費:500円(但し、高校生、青年、学生、院生、26歳未満は無料)
主催団体:「すべての大学に教養科目『戦後世界史と日本』を!市民ネットワーク』







[PR]

by kenpou-dayori | 2018-12-01 23:03 | 名著・名文・名言紹介
2018年 11月 30日

憲法便り#2783:入管法改正案の強行採決、委員長職権よる憲法審査会の一方的な開催は、国会審議の破壊であり、断固抗議する!

2018年11月30日(金)(憲法千話)

憲法便り#2783:入管法改正案の強行採決、委員長職権よる憲法審査会の一方的な開催は、国会審議の破壊であり、断固抗議する!

国会運営があまりにも乱暴である。

乱暴という言葉では足りない、国会の審議の権利を破壊する暴挙が続いている。

かつて、文部省は、中学生用の教科書『あたらしい憲法のはなし』で、国会について次のように説明している。

「民主主義は、國民が、みんなでみんなのために國を治めて行くことです。しかし、國民の数はたいへん多いのですから、だれかが、國民ぜんたいに代わって國の仕事をするよりほかありません。この國民に代わるものが「國会」です。まえにも申しましたように、國民は國を治めてゆく力、すなわち主権をもっているのです。この主権をもっている國民に代わるものが国会ですから、國会は國でいちばん高い位にあるもので、これを「最高機関」といいます。
(以下、略。このあとは、画像の文章を参考にして下さい)

来年の参院選で、野党共闘が大きな勝利をおさめ、国会の正常な審議を取り戻し、安倍政権の暴走に終止符を打ちたいと思います。
c0295254_21250340.jpg


c0295254_21244628.jpg





[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-30 21:30 | 名著・名文・名言紹介
2018年 11月 29日

憲法便り#2782:【憲法クイズの答】新聞名は『産経新聞』政党名は「公明党」です。

2018年11月29日(木)(憲法千話)

憲法便り#2782:【憲法クイズの答】新聞名は『産経新聞』政党名は「公明党」です。

憲法便り#2780』の問題は次の通り。
【憲法クイズ】敗戦後30年(1975年)の8月15日、○○新聞の朝刊に掲載された、○○党の意見広告を紹介します。この政党名と、新聞名は?

かつて、公明党は、こんな立派な意見広告をだしていました。
この文面の通りならば、1975年当時の公明党は、自民党、そして現在の公明党と闘うことになる。

沖縄県知事選で、創価学会の三色旗を掲げ、名前も顔も出して闘った方の気持ちがよく判ります。

『産経新聞』が、この意見広告を掲載していたことも、注目に価します。

以下は、1975年8月15日の公明党の意見広告です。8月15日という日に、大きな意味合いがあります。
*************************************************

公明党

憲法の三原理をまもり発展させよう

「歴史は繰り返す」(History repeats itself)と、いわれています。

八月十五日――。
 この日は、日本に一つのエポック(新時代)を画した日です。同時に、日本人にとって、繰り返してはならない教訓を心に刻んだ日でもありました。
 その後、日本に新しい憲法が生まれました。この憲法には敗戦記念日「八月十五日」に象徴される歴史の教訓が反映されました。なかでも、三つの大事な教訓を、根本的な原理、原則として、その土台にすえています。

 すなわち、――

戦争は、もう絶対にごめんだ!という反戦・恒久平和主義

いちばん大事なのは人間だ!という基本的人権の保障

国の進路をきめる主人公は国民だ!という主権在民主義

以上の三つの原理、原則です。

 私ども公明党は、この三つの原理(①国民主権主義②基本的人権の保障③恒久<絶対>平和主義)を、人類が戦争と平和、圧政と抵抗の長い歴史の教訓から生み出した英知であり、不変の原理ともいうべきものと、考えています。いわば、長い歴史の風雪の中で、ためされ、かつ確認されてきたもので、歴史や国境を超えた普遍的な原理といってもいいすぎではないと思います。
 これからの日本は、ますます「反戦・平和」と「友好」に徹して生きていかなくてはなりません。
 人間が人間らしく生きるための最低限の条件として、基本的人権の保障は、不可欠のものです。また国の針路を誤らせないためにも、再び「八月十五日」の悲劇を繰り返さないためにも、政治や経済を運営する主人公は国民だ、という「主権在民」をいっそう徹底しなければなりません。
 公明党は、この”三つの原理”を守り育てていくことを大前提にして、日本の将来を考えている政党です。
       ●
 公明党は、日本の庶民の中から生まれ、庶民にはぐくまれて育ってきた政党です。これからも、庶民と共に、日本の政治の革新をめざして、前進をつづけていきたい、と思います。
 その際、政権を担当する政党の交代が、この”三つの原理”破壊や変質につながることは、絶対に反対です。あくまでも、この”三つの原理”を基礎にして、日本の政治革新を展望すべきであると主張しています。
       ●
 公明党は皆さんの党です。国民の皆さんと共に、これからも○○党は、この憲法の精神を脅かす勢力とは強く対決し、政治や経済のいっそうの民主化をめざして戦ってまいります。
           意見広告

********************************************************************

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-29 06:24 | 今日の話題
2018年 11月 28日

憲法便り#2781:今日の昼、衆議院第二会館前での集会に参加してきました!

2018年11月28日(水)(憲法千話)(11月29日加筆版)

憲法便り#2781:今日の昼、衆議院第二会館前での集会に参加してきました!

今日は、天気も良く、体調も良かったので、国立国会図書館での調査に先だち、集会に参加してきました。

いつも、国会図書館で資料の調査を行い、夕方に帰宅する際、抗議行動をしている声がきこえてくるので、申し訳ないと思いながらも、体調維持のため、夕方や夜の集会、抗議行動に参加してきませんでした。

それだけに、今日は、私自身、胸のつかえがとれたよう感じがあります。

集会終了時に、集会の事務局の方にお願いして、行動分担表とシュプレヒコールが書いてある内部文書をいただきましたので、紹介します。

シュプレヒコールの言葉を見ると、改めて安倍政権の悪政の数々が浮き彫りになってきます。
本当にひどい政治で、心の底から怒りを覚えます。

決意表明の中で、全労連副議長の長尾ゆりさんが、全国各地での3000万署名の取り組みを紹介していました。すでに、『しんぶん赤旗』を読んで知っていることが多かったのですが、大阪での取り組みについては、大阪弁もまじえた話は現場の情景が思い浮かぶものでした。
通りかかった人が、署名活動をしている人に、
「まだやってるの!?」と問いかけたところ、
「安倍首相が辞めないので、かれを辞めさせるために、こちらも辞められへん」と答えたという。
ユーモアがあって、面白い。学ぶべき粘り強さ。

長尾ゆりさんが報告した、今日、臨時国会に提出した安倍改憲反対の3000万書名の数は、憲法共同センターに届いた468,967筆、市民アクションに届いた162,214筆、合計631,214筆になりました。

毎回、全国各地から、山のように届く署名が、衆議院でも、参議院でも、憲法審査会を開かせない力になっています。

長尾ゆりさんが報告なさった数字を正確に伝えたいと思い、お話を伺う前に名刺を差し出して、
「あやしい者ではありません」と、冗談をまじえて挨拶をしたところ、
にこやかに、「お名前は存じています」との返事。
このひとことに、励まされました。
c0295254_21511102.jpg
c0295254_21513493.jpg





[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-28 22:14 | 集会参加
2018年 11月 11日

憲法便り#2780:【憲法クイズ】敗戦後30年(1975年)の8月15日、○○新聞の朝刊に掲載された、○○党の意見広告を紹介します。この政党名と、新聞名は?

2018年11月11日(日)(憲法千話)

憲法便り#2780:【憲法クイズ】敗戦後30年(1975年)の8月15日、○○新聞の朝刊に掲載された、○○党の意見広告を紹介します。この政党名と、新聞名は?

○○党

憲法の三原理をまもり発展させよう

「歴史は繰り返す」(History repeats itself)と、いわれています。

八月十五日――。
 この日は、日本に一つのエポック(新時代)を画した日です。同時に、日本人にとって、繰り返してはならない教訓を心に刻んだ日でもありました。
 その後、日本に新しい憲法が生まれました。この憲法には敗戦記念日「八月十五日」に象徴される歴史の教訓が反映されました。なかでも、三つの大事な教訓を、根本的な原理、原則として、その土台にすえています。

 すなわち、――

戦争は、もう絶対にごめんだ!という反戦・恒久平和主義

いちばん大事なのは人間だ!という基本的人権の保障

国の進路をきめる主人公は国民だ!という主権在民主義

以上の三つの原理、原則です。

 私ども○○党は、この三つの原理(①国民主権主義②基本的人権の保障③恒久<絶対>平和主義)を、人類が戦争と平和、圧政と抵抗の長い歴史の教訓から生み出した英知であり、不変の原理ともいうべきものと、考えています。いわば、長い歴史の風雪の中で、ためされ、かつ確認されてきたもので、歴史や国境を超えた普遍的な原理といってもいいすぎではないと思います。
 これからの日本は、ますます「反戦・平和」と「友好」に徹して生きていかなくてはなりません。
 人間が人間らしく生きるための最低限の条件として、基本的人権の保障は、不可欠のものです。また国の針路を誤らせないためにも、再び「八月十五日」の悲劇を繰り返さないためにも、政治や経済を運営する主人公は国民だ、という「主権在民」をいっそう徹底しなければなりません。
 ○○党は、この”三つの原理”を守り育てていくことを大前提にして、日本の将来を考えている政党です。
       ●
 ○○党は、日本の庶民の中から生まれ、庶民にはぐくまれて育ってきた政党です。これからも、庶民と共に、日本の政治の革新をめざして、前進をつづけていきたい、と思います。
 その際、政権を担当する政党の交代が、この”三つの原理”破壊や変質につながることは、絶対に反対です。あくまでも、この”三つの原理”を基礎にして、日本の政治革新を展望すべきであると主張しています。
       ●
 ○○党は皆さんの党です。国民の皆さんと共に、これからも○○党は、この憲法の精神を脅かす勢力とは強く対決し、政治や経済のいっそうの民主化をめざして戦ってまいります。
           意見広告

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-11 09:40 | 憲法千話・憲法クイズ
2018年 11月 11日

憲法便り#2779:区民の皆さんの一票一票で、新宿区長選・区民と野党の共同候補・のざわ哲夫さんの勝利を!!!

2018年11月11日(日)

憲法便り#2779:区民の皆さんの一票一票で、新宿区長選・区民と野党の共同候補・のざわ哲夫さんの勝利を!!!

今日11月11日(日)は、新宿区長選の投票日です。

私は、仕事の都合で、期日前投票をすませています。

勿論、のざわ哲夫さんに投票してきました。

私と妻も、のざわ哲夫さんを応援しています!
下記の推薦者名簿のNo.90に私、No.91に妻の名前が掲載されています。

区民の方々や、知人に支援を呼びかける電話かけ、メールの発信、そして、雨降りの中でも、法定びらの配布を行ってきました。

のざわ哲夫区長候補・推薦団体(個人)リスト 2018年11月6日現在 みんなが輝くまち新宿をつくる会 1. 大峰 順二(劇作家・演出家/西落合) 2. 小黒 和子(イギリス文学研究者/中落合) 3. 渡辺 好庸(社会科学研究者/西落合3丁目) 4. 新宿社会保障推進協議会(代表:浅井武彦) 5. 浅井 武彦(浅井歯科医院院長/市谷甲良町) 6. 早稲田九条の会(代表:武藤徹) 7. 全日本年金者組合東京都本部新宿支部(代表:竹折進) 8. 電機・情報ユニオン(代表:米田徳治) 9. 千代田区労働組合協議会(代表:小林秀治) 10. 東京地方労働組合評議会(代表:荻原淳)
11. 世田谷区労働組合総連合(代表:上田定男)   12. 葛飾区労働組合総連合(代表:塚田共也) 13. 全労連・全国一般労働組合東京地方本部(代表:堀江英文) 14. 全労連・新宿一般労働組合(代表:伊藤之知) 15. 新宿区労働組合総連合(代表:矢ヶ部亮一) 16. 新宿平和委員会(近藤明) 17. 新宿女性九条の会(代表:林世志江) 18. 落合・中井九条の会(代表:木村隆) 19. 新日本婦人の会新宿支部(代表:布施尚子) 20. 新宿民主商工会(代表:武田 武)
21. 郵政産業労働者ユニオン東京地方本部(代表:田中孝史) 22. 大田区労働組合総連合(代表:金子菊代) 23. 江東区労働組合総連合(代表:佐伯克利) 24. 西多摩地区労働組合総連合(代表:式場徳昭) 25. 西東京地区労働組合協議会(代表:島崎慶一) 26 コミュニティユニオン東京(代表:小倉一男) 27. 江戸川区労働組合総連合(代表:宇田川耕史) 28. 行方久生(元,山形大学教授/西落合) 29. 東京私立学校教職員組合連合(代表:鴨志田勇) 30. 東京社会保障推進協議会(代表:須田昭夫)
31 須田 昭夫(須田クリニック院長/高田馬場2丁目) 32. 新宿生活と健康を守る会(代表:笠井艶子) 33. 東京革新懇(代表:今井文夫) 34. 東京商工団体連合会(代表:星 実) 35. 目黒区労働組合総連合(代表:片岡敏康) 36. 港区労働組合総連合(代表:清水弘之) 37. 板橋区労働組合連合会(代表:村木正弘) 38. 野口邦和(元日本大学准教授、元福島大学客員教授、非核の政府を求める会常任世話人) 39.練馬区労働組合総連合(代表:金田安夫)  40. みんなの新宿をつくる会(代表:高橋 博)
41. グリーンキヤブ労働組合(代表:高城政利) 42. 東京都教職員組合新宿支部(代表:武藤真純) 43. 東京都教職員組合(代表:木下雅英) 44. 東京自治体労働組合総連合(代表:荻原淳) 45. おおくぼ戸山診療所(代表:梅津 仁)46. あかしあ法律事務所(代表:平山知子) 47. 日本学生支援機構労働組合(代表:藤井和子) 48. 富士国際旅行社(代表:太田正一) 49. 新宿ピースウォーク実行委員会(代表:木村隆) 50. 荒川区労働組合総連合(代表:佐藤幸雄)
51. 東京都教職員組合台東支部(代表:齋木可奈子) 52. JMITU東京地方本部鈴木シャッター支部(代表:菊池勝彦) 53. 渋谷区労働組合総連合(代表:田辺勝彦) 54. 品川地区労働組合協議会(代表:木下伸子) 55. JMITU 東京地方本部(代表:川口英晴) 56. 全国自動車交通労働組合総連合東京地方連合(代表:高城政利) 57. 阿部百合子(俳優・俳優座/高田馬場3丁目) 58. 中川重徳(弁護士/諏訪の森法律事務所) 59. 中尾こずえ(許すな!憲法改悪・市民連絡会/戸山ハイツ) 60. 石黒之俐子(区立公園使わせて! アピールデモ実行委員会共同代表/北新宿)
61. 櫻井幸子(婦人民主クラブ会長) 62. 日野地域労組(代表:角胤生) 63. 小平地区労働組合協議会(代表:山上善也) 64. 日野労働組合総連合(代表:角胤生) 65. 年金者組合町田支部(代表:柏木理男) 66. 文京革新懇(代表:小竹紘子) 67. 全日本年金者組合練馬支部(代表:神谷國善) 68. 全日本年金者組合東京都本部こまえ年金者の会(代表:岡村誠) 69. 全日本年金者組合中央支部(代表:中釜達德) 70. 板橋年金者組合(代表:野呂和男)
71. 米澤瑛子(どの子も豊かに育ちあう会代表・元新宿区立保育園園長/下落合) 72. 日中友好協会新宿支部(代表:平山知子)73. 新宿原水爆禁止協議会(代表:伊藤富士子) 74. 金子 勝(立正大学名誉教授・憲法学者) 75. 佐藤幹夫(新宿区図書館をよくする会世話人/北新宿) 76. 東京都教職員組合足立支部(代表:河端徳昌) 77. 全日本年金者組合東村山支部(代表:川村良平) 78. 国立・立川・昭島地域労働組合総連合(代表:鈴木 孝) 79. 中島和子(ピアニスト・てのひら劇場代表/西早稲田) 80. 岸 松江(弁護士・東京法律事務所)
81. 小林譲二(弁護士・東京法律事務所)82. 柳沢尚武(弁護士・東京法律事務所) 83. 金井克仁(弁護士・東京法律事務所) 84. 笹山尚人(弁護士・東京法律事務所) 85. 菅 俊治(弁護士・東京法律事務所) 86. 大竹寿幸(弁護士・東京法律事務所) 87. 坂本雅弥(弁護士・東京法律事務所) 88. 江夏大樹(弁護士・東京法律事務所) 89. 岸 朋宏(弁護士・東京法律事務所)
90. 岩田行雄(憲法研究者/下落合)
91. 岩田登美子(東京総合教育センター相談員/下落合)
92. 岡村稔(国民のための奨学金制度の拡充をめざし無償教育をすすめる会/大久保2丁目) 93. 渡辺吉明(わたなべ歯科/早稲田鶴巻町) 94. 中垣克久(彫刻家) 95. 自治労連都庁職都税支部(代表:米山隆志) 96. 東京民労病体生理研究所支部(代表:中澤 進) 97. 杉並区労働組合総連合(代表:高田勝善) 98. 法会労東京法律分会(代表:北原 新) 99. 全日本年金者組合東京都本部(代表:杉山文一) 100. 年金者組合渋谷支部(代表:斉藤靖子)
101. 年金者組合調布支部(代表:大野哲夫) 102. 年金者組合世田谷支部(代表:森山真弓) 103. 杉並革新懇(代表:内藤利治) 104. 板橋革新懇(代表:浅沼秀行)
(下は、「法定ビラ1号」です。)
c0295254_22555042.jpg

c0295254_22552555.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-11 07:49 | 今日の話題
2018年 11月 10日

憲法便り#2778:信用できない! 防衛省によるイージス・アショア住民説明会!!

2018年11月10日(土)

憲法便り#2778:信用できない! 防衛省によるイージス・アショア住民説明会!!

11月5日(月)付の『平和新聞』(あきた市版)の第一面を紹介します。

レーダー基地は、有事の際第一攻撃目標となる!

イージス・アショアから発射される電磁波の影響を考えるNo.2。

いずれも深刻な問題です。

私がまだ2歳のとき、母かたの親戚を頼って、福島県の小名浜に疎開しました。

ところが、小名浜には通信塔があり、攻撃目標とされました。

艦砲射撃、戦闘機による爆撃。

私たち一家は、住まわせてもらっていた親戚の「離れ」が、焼夷弾の直撃をうけ、全焼!
親戚の母屋も、なすすべがなく、全焼しました。

幸いにして、死者も、けが人も出ませんでしたが、私たちは、わずかな食料と衣類など、持物すべてを失いました。

戦争とは、残酷なものです。

だから、幼稚で、愚かな安倍首相が、他国との緊張を高め、武器の性能を確かめようとして、
戦争を煽っている危険な状況は、国民の力で止めなければならないと、強く訴えます!
c0295254_22480903.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-11-10 23:05 | 秋田の闘い
2018年 11月 10日

憲法便り#2777:新宿区長選・区民と野党の共同候補・のざわ哲夫さんの勝利を目指しています!!

2018年11月10日(土)

憲法便り#2777:新宿区長選・区民と野党の共同候補・のざわ哲夫さんの勝利を目指しています!!

11月11日(日)は、新宿区長選の投票日です。

私と妻も、のざわ哲夫さんを応援しています!
下記の推薦者名簿のNo.90に私、No.91に妻の名前が掲載されています。

区民の方々や、知人に支援を呼びかける電話かけ、メールの発信、そして、雨降りの中でも、法定びらの配布を行っています。

のざわ哲夫区長候補・推薦団体(個人)リスト 2018年11月6日現在 みんなが輝くまち新宿をつくる会 1. 大峰 順二(劇作家・演出家/西落合) 2. 小黒 和子(イギリス文学研究者/中落合) 3. 渡辺 好庸(社会科学研究者/西落合3丁目) 4. 新宿社会保障推進協議会(代表:浅井武彦) 5. 浅井 武彦(浅井歯科医院院長/市谷甲良町) 6. 早稲田九条の会(代表:武藤徹) 7. 全日本年金者組合東京都本部新宿支部(代表:竹折進) 8. 電機・情報ユニオン(代表:米田徳治) 9. 千代田区労働組合協議会(代表:小林秀治) 10. 東京地方労働組合評議会(代表:荻原淳) 11. 世田谷区労働組合総連合(代表:上田定男)   12. 葛飾区労働組合総連合(代表:塚田共也) 13. 全労連・全国一般労働組合東京地方本部(代表:堀江英文) 14. 全労連・新宿一般労働組合(代表:伊藤之知) 15. 新宿区労働組合総連合(代表:矢ヶ部亮一) 16. 新宿平和委員会(近藤明) 17. 新宿女性九条の会(代表:林世志江) 18. 落合・中井九条の会(代表:木村隆)